ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

私の森ネットワーク「森に関わる人たち・団体」に新しい仲間が加わりました。

今回は長野県で活動する「市民の森ながの」をご紹介します。
この団体は、1998年の長野オリンピック ボブスレー・リュージュ競技の
行われたスパイラルで、メンバーそれぞれの理想とする里山作りを行っています。


▼詳しくはコチラ▼
市民の森ながの(長野県)
http://watashinomori.jp/networks/ntw_index?rm=detail&id=19
~活動概要~

「四方を山に囲まれた長野市には、手入れされた里山がありそこには多様な動植物
が暮らす豊かな森がある。人々はこの里山を利用し、楽しみ、未来につなげる
自然の大切さについて学ぶことができる」を理想の里山のあり方とし、
現在は長野市ボブスレー・リュージュパーク(通称スパイラル)で森林整備をしています。

私たちは、スパイラルでの森林整備活動を、極端な自然保護活動や林業的視点
からだけの人工林整備ではない、里山のあり方としてバランスの取れた森林整備
を行い、また広い視野で里山の事を捉えられる人づくりを目指そうと考えています。
現在会員登録されているメンバーは約40名ですが、森林インストラクターやインター
プリターなど自然観察の指導資格を持つメンバー、また林業士や森林整備技術者
など林業の知識を持つメンバーなど、さまざまな立場から里山再生に参加し、
それぞれが得意の分野で活躍しています。


Cyberforest for Environmental Education (CF4EE)
信州大学志賀自然教育園ライブ音 #otanomo
University of Tokyo Cyberforest CC-BY-SA 4.0