ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

生物多様性条約市民ネットワークの方から、
COP10・100日前イベントのお知らせを頂きました。

(全国各地でも開催しています。一番下のリンクよりチェックしてみて下さい。)

- - - - -

10月の生物多様性条約締約国会議COP10が近づいてきました。
CBD市民ネットワーク・生命流域部会は、
100日前イベントとして表記のシンポジウムを企画しました。
河村たかし名古屋市長の登壇も決まりました。
また、環境省中部地方環境事務所が主催者に入りました。

* * * * * * *
シンポジウムの開催趣旨を箇条書きにすると以下の通りです。

(1)生物多様性条約の根底には、南北問題が最大の課題として存在する。
(2)南北問題を国内に置き換えれば、最大の問題は上下流問題である。
(3)クリチバで開催されたCOP8で、生物多様性保全、および生態系サービスの持続可能な利用についての都市の責任が宣言に盛り込まれた。
(4)COP10開催都市となった名古屋都市圏は、まずもって木曽川上流域に対する責任、すなわち、なんらかの上流域支援の仕組みを構築するべきである。
(5)最も具体的であり、すでに他都市で実践事例もある水源基金こそ、最も、実現性の高いかつ効果が具体的に見えやすい仕組みではないか。
(6)幸いにも、近くに先進事例として豊田市の水源基金があり、日進市などで構成する中部水道企業団も水源基金を開始している。これら先進事例にならい1トン1円を集めれば、名古屋市の水道消費水量からすると、年間3〜4億円規模になる。水道料金に10%なら、1トン10円であり、30〜40億円/年になる。
(7)木曽上流域で最も困窮し、合併話からも見放された王滝村、そこに名古屋市民休暇村があり、その敷地20万坪は名古屋市が買っている。しかし、行政評価委員会でDランクとなり、廃止が勧告されている。だからこそ、その王滝村でシンポをやろう。

王滝村の事例を学び、考えつつ、下流名古屋都市圏から木曽川上流域支援の方策を提言しよう。

参加費は、1万円です。(学割7000円)
1泊4食付きで、往復のバス代も含まれます。
御岳山のおいしい空気を吸って、シンポジウムにも参加できる。
めったにない「おいしい企画」です。奮ってご参加ください。

生命流域シンポジウムin王滝村
■ 開催日:2010年7月17日(土)〜18日(日)
■ 開催場所:長野県木曽郡王滝村(名古屋市民御岳休暇村)
■ 会場アクセス:
  名古屋から貸し切りバス(金山駅ダイエー前道路8時30分集合)
 (および、JR中央線木曽福島駅から休暇村の送迎バス)
■ 予定参加者数:150名
■ 参加費:1万円(学生7,000円)・・1泊4食+交通費込み

プログラム

--17日--
8:30 金山駅ダイエー前 集合
9:00 名古屋発
12:00 王滝村到着
12:00〜16:00 王滝村エクスカーション
牧尾ダム、御岳スキー場、王滝森林鉄道跡地、王滝村役場、営林署国有林現場
(昼食は王滝村地元食材の弁当)
16:00 名古屋市市民休暇村着
16:00〜18:30(休暇村見学、散歩や休憩、夕食)
18:30 基調報告: 生命流域再生をめざして(大沼淳一)・・・山から海までの総論として
19:15 記念講演:河村たかし名古屋市長(柳川喜郎さんとの対談形式で) 
20:00 音楽:流域で活動するシンガーソングライター(宮本ファミリー合唱団)
21:00〜交流会

--18日--
9:00〜10:00 基調講演:前御嵩町長・柳川喜郎さん
10:00〜12:00 パネルディスカッション「上流域再生プラン」・・王滝村を例として
■ 王滝村の歴史と現状( 王滝村長・瀬戸普さん)
■ 市民の飲み水の安全と上流域問題(名古屋水道労組委員長渡辺泰さん)
■ 豊田市水源基金の成立過程(豊田市森林課長・原田裕保さん)
■ 中山間地域農業再生のために何が必要か(宮沢杉郎さん)
■ 環境省中部地方環境事務所・田村さんより講話
■ 基調講演者(柳川さん)

12:00〜13:00(昼食)
13:00〜15:00 分科会
■林業再生
(cd. 安藤直彦さん・・・加子母村の林家・伊藤さん、木曽森林管理署・今村正之さん、Iターン伐採夫・喜多岳志さん)
■水源基金
(cd. 蔵治光一郎さん・・豊田市森林課長・原田裕保さん、水資源機構・水野雅也さん)
■水利権と下流域の利水の矛盾
(cd. 東浦町議・神谷さん・・岐阜大学教授・富樫幸一さん、名古屋水道労組・渡辺泰さん)
■上下流交流
(cd. ヴォランタリーネーバーズ・大西光夫さん・・田中勝已さん(木曽広域連合長・木曽町町長)、羽根田英樹さん(名古屋都市センター主管)、仲井弘志さん(名古屋市民御岳休暇村総務課長)、脇坂智恵子さん(王滝村 ぷち工房CHIEKO主宰))
■木曽川上流域の文化(未定・・王滝村の村自慢ほか)

15:00〜16:00 全体会
16:00 終了(王滝村出発 → バスにて帰名)
19:00 名古屋到着

★参加申し込み方法
1)往復はがき:
  〒460-0003 名古屋市中区錦2-4-3 錦パークビル 4F
  中部EPO気付 CBD市民ネット事務局宛
2)Eメール:BioregionSympo@gmail.com
3)FAX:052-218-8606

(記載事項:お名前、性別、年齢、住所、電話番号、FAX番号・・・旅行保険と部屋割のため)
いずれかの方法でお申込みいただければ、折り返し、受付確認と参加費払い込み口座番号をご連絡します。


*チラシ(ポスター)と開催趣旨や申込書は、下記のブログから見ていただけますし、ダウンロード(画像のコピー)もできます。
http://bunamoutainski.asablo.jp/blog/

- - - - -

CBD市民ネットさんは、7月を「COP10/MOP5カウントダウン100プロジェクト」月間と位置づけて、各地でも関連イベントを行っています。これら全てのイベントは、国際生物多様性年「地球生きもの委員会」公式プロジェクトとして承認されているものです。
イベント情報
http://www.cbdnet.jp/event/

ぜひチェックしてみてください。


Cyberforest for Environmental Education (CF4EE)
信州大学志賀自然教育園ライブ音 #otanomo
University of Tokyo Cyberforest CC-BY-SA 4.0