ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

紅葉真っ盛りの清里キープ協会から、興味深いイベントの
お知らせを頂きました!
神職の方と森や神社を歩きながら、いつもとは少し違う目線から
「いきもの」や「もののけ」の気配を感じてみませんか。

自然と神さまについてのお話や、ご来迎ウォークなど、
なかなかない機会ですね。ぜひ、ご参加ください!
(11/4までに申し込むと早割になります。)


■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■
      第70回清里エコロジーキャンプ

     「いきもの・もののけ・ものがたり」
    〜神社で感じる自然のウラ側・ムコウ側〜

  ゲスト:古屋真弘さん(甲斐國一宮浅間神社 禰宜)

  2010年12月4日(土)〜5日(日)<1泊2日>
 http://www.keep.or.jp/ja/foresters_school/
■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■

子どもの頃、神社はちょっと怖い場所でした。
鬼ごっこに缶ケリ、
神社はいつもの遊び場でしたが、
杉木立の薄暗い雰囲気は、
「なにかがそこにある」という
薄気味悪さを感じたものです。

でも、
「なにかがそこにある」
「薄暗い森はちょっと怖い」という気持ち、
これはつまり、
「自然は畏れ(おそれ)多いもの」という気持ちに
通じるものなのかなと思うのです。


自然の中に身を置いて、
「なんだかわからないが感じる」
それはレイチェル・カーソンが、
著書『センス・オブ・ワンダー』の中で言っている、

「人間を超えた存在を認識し、おそれ、驚嘆する感性」

つまり“センス・オブ・ワンダー”と同じことなのかな?
と一人合点していたところ、

山梨県にある一宮浅間神社の神職、
古屋真弘さんとお会いしました。

神事の中で、自然と人との関わりを説いてくれる
神職の方と森や神社を歩いたら、
自分が持っている自然の感じ方のルーツを、
紐解くことができるかもしれない。
それが今回の企画のきっかけです。

また日本は古来、
「八百万(やおよろづ)の神々」
という言葉に代表されるように、
山や川、木や草、ありとあらゆるものに
神さまが宿ると考えられてきました。
「神さま」という言葉こそ借りてはいますが、
それは自然への感謝と畏敬の気持ちが、
ひとつの言葉として象徴されているように思います。

命ある「いきもの」を通して、
そのウラ側にある「もののけ」を感じる。
そして神職の古屋さんから語られる、
自然と神さまの「ものがたり」。

八ヶ岳が雪化粧する12月。
冬の凜とした空気の中、
古(いにしえ)から日本で培われてきた
自然の感じ方を振り返りながら、
自然への感謝と畏怖の気持ちを確かめる、
そんな2日間にしたいと思っています。(関根健吾)

■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■
●スケジュール(予定)
 <1日目>
  ・ゲストと森歩き、ゲストトーク、など
 <2日目>
  ・ご来迎ウォーク、鎮守の森探訪(北杜市内の神社)、など
■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■

≪ゲストプロフィール≫
 古屋真弘さん(甲斐國一宮浅間神社 禰宜・ねぎ)
  昭和32年(1957年)山梨県一宮町の代々の社家(神主の家)74代目
  として生まれる。國學院大學神道学科卒。東郷神社奉職後、
  浅間神社に席をおきながら、山梨県立県民文化ホールで企画事業の
  担当を10年。この頃、八ヶ岳カンティフェアにスタッフとして参加。
  その後、県内神社界の取りまとめ機関である山梨県神社庁主事。
  現在、甲斐國一宮浅間神社禰宜、山梨県神社庁理事、同教化委員長。
  対外活動として、パラリンピックアスリートを支援する、
  NPO法人ハッピージャパンプロジェクト副理事長。
  甲斐國一宮浅間神社http://asamajinja.jp/index.html
■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■

≪開催概要≫
主 催:財団法人キープ協会 キープ・フォレスターズ・スクール
日 程:2010年12月4日(土)〜5日(日) <1泊2日>
場 所:山梨県清里高原 財団法人キープ協会
宿 泊:清泉寮(財団法人キープ協会)
     ・男女別相部屋となります
     ・シングル希望の場合、2,000円増となります
対 象:16歳以上一般(興味のある方ならどなたでも)
定 員:20名(先着順)
料 金:24,000円(税込/1泊3食付)
割 引:【早割】11/4までにお申し込みの方:2,000円引
    【リピーター割】過去に主催プログラムに参加された方:2,000円引
    【家族割】ご家族で参加の場合:1名につき1,000円引
■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■
≪お申し込み方法≫
 ハガキ、FAX、E-mailのいずれかで
 以下の項目をご記入の後、お申し込みください。
 1.「第70回エコロジーキャンプ参加希望」
 2.お名前(ふりがな) 3.郵便番号・住所 4.電話番号(携帯)
 5.所属 6.年齢 7.性別 8.参加の動機
 9.何を通じてこのプログラムを知ったのか 10.E-mailアドレス
■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■
≪お申し込み・お問合せ先≫
財団法人キープ協会 キープ・フォレスターズ・スクール
〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
TEL:0551-48-3795 FAX:0551-48-3228 E-mail:forester@keep.or.jp
URL:http://www.keep.or.jp/ja/foresters_school/
担当:関根(せきね)
■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■


Cyberforest for Environmental Education (CF4EE)
信州大学志賀自然教育園ライブ音 #otanomo
University of Tokyo Cyberforest CC-BY-SA 4.0