ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

今回は、鳥取県で活動をしている「智頭町森のようちえん まるたんぼう」をご紹介します。2010年1月の「伝えたい、森の今」でご紹介した西村 早栄子さんがやっている森のようちえんです。


〜活動概要〜
まるたんぼうは、毎日森に通う ‘ヨーロッパ型’ の森のようちえんです。園には ‘園舎’ ‘日課’ ‘玩具’ がなく、こどもたちは暑い夏も寒い冬も豊かな森の中で感性を働かせながら遊びを作り出し、こどもの世界を心ゆくまでゆっくりとくりひろげています。

大人はそんなこどもたちを温かく見守る ‘観察者’。余計な手出しをなるだけせずに、どんな時もこどもたちに考えさせる事で、自分で考え判断できるこどもに育てています。
山村ならではの生きる知恵や、森と深い関わりのある町ならではのヒト・モノ・チエといった資源を存分に保育に取り入れながら、智頭町ならではの森のようちえんを展開しています。

親子で森を歩く「森のおさんぽ会(月1回)」や、体験入園などもあるので、
興味のある方はぜひご参加ください!


▼詳しくはコチラ▼
私の森ネットワーク > 智頭町森のようちえん まるたんぼう


▼こちらもどうぞ▼
あの人の森は? > 伝えたい、森の今:第六回インタビュー:西村 早栄子さん
3~5歳児が1,000m登山?!子どもと地域を育む「森のようちえん」


まるたんぼうのブログも、ほぼ毎日更新されていて、
自然の中での思いっきり遊んだり、料理や焚き火をしたり、
伝統文化に触れる日があったり、本当に楽しそうな様子が伝わってきます。
ぜひご覧下さい。(記事の一番下のリンクからどうぞ。)

こんな森のようちえんが、各地にもっと広まるといいですね。


Cyberforest for Environmental Education (CF4EE)
信州大学志賀自然教育園ライブ音 #otanomo
University of Tokyo Cyberforest CC-BY-SA 4.0