ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

エダヒロがFMラジオ『FMヨコハマ』(84.7)の番組、「E-ne! ~good for you~」に生出演し、森とのかかわり、「私の森.jp」についてお話しました。

~以下、番組よりトーク内容を再現しました~

M:番組パーソナリティーのMITSUMIさん
E:エダヒロ

M: 「私の森.jp」のサイトを拝見し、「森に関するさまざまなつながり方」を発信しているのがいいなと思いました。そもそもサイトを作ろうと思ったきっかけは?

E: 環境ジャーナリストとして日本のあちこちの森に行く、見学する機会があります。その時、森が荒れていることに気づき、このままだとまずいな、何が原因だろうとずっと考えていたんです。
その時、やはり私たち、町に住む人の暮らしや心が、森から離れてしまったことが大きな原因ではないかと思うようになりました。
私たちが毎日森に行くことは難しいですが、ウェブを通じて時々森のことに思いをはせる、そんな時間やきっかけを提供したいと思ってつくったサイトです。

M: なるほど~。 「森へ行こう」というトピックスもあれば、「おもしろ森学(もりがく)」という座学もあり、非常に幅広いテーマが設定されていますね。

E: そうですね。入り口は色々あったほうがいいと思っています。
「写真」が好きな方は、「私の森.jpの写真部」から入ってもらってもいいし、「おもしろそうだから行ってみよう」と思ってくださった方はフットワーク軽く森へ行ってくださる方もいます。「時間がないけれど森について知りたい」という方は、座学で楽しんでくださる方もいます。できるだけいろいろな人に行っていただきたい、森につながってもらいたいなと思っています。

M: これまでの枝廣さんと森のつながりはどんな感じでしたか?

E: 小さい時はよく遊んでいましたが、大人になり仕事をしてからは忙しくて森のことを思い出すこともないような感じでした。でも、環境の問題に触れ、現場に行くようになって、こんなになっていたんだと思うようになりました。それから「意識」するようになると、時間があるときは「山に入ってみよう」、取材のついでに「あの森に行ってみよう」と、つながりができてきた気がします。

M: 日本は森林大国。枝廣さんが思う森の魅力とは?

E: やはり行くとほっとしますよね。自分を取り戻せるというのかな。普段の生活は慌ただしく、ペースが速いし、それに合わせていかなければなりませんよね。時々自分を取り戻したり、自然のリズムに戻ることは、私たちの精神衛生上もすごく大事。森はそういう場を提供してくれます。森があるからこそ、おいしい空気や水が飲める。私たちにとって大事な存在だなと思います。

M: そういった思いをもつ枝廣さんが携わっているサイトだからこそ、今の森が抱えている課題や現状を訴えつつもそれだけでは終わらせない。とてもポジティブになれるサイトなんですね。

E: いろいろな課題はありますが、「向こう側の課題」「誰かの問題」だと思っていると解決にはならないので、「やはり森っていいよね」「行ってみたいよね」と思ってもらったり、何か課題があるとしたら「自分ももう少し知ってみよう」とか「解決しよう」と思っていただけたらいいですよね。森に行って「思いがつながること」が大きな解決につながるので、そんなメッセージが伝わっているといいなと思います。

M: 自分がどんなふうに森とつながれるんだろうという、その入り口を「私の森.jp」で見つけてほしいですね。

E: そうですね。例えば、森に行くことができなくても、身のまわりにある木を探してみる。お箸やまな板もそうですよね。「この木ってどこから来たんだろう」とちょっと思いをはせる。それだけでも心の中で森とつながると思うんです。

M: 「こころの中でのつながり」ってすてきですね!

E: そうですね。それは森にとってもうれしいことだと思いますし、私たちにとっても元気をくれる、うれしいつながりだと思います。

(わかりやすく一部言葉を補ったり省略したりしています。ご了承ください)

ーーーー
■番組
放送日時:2011年1月28日(金)13時30分~13時45分頃
放送局 : Fm yokohama 84.7 (FMヨコハマ)
番組名 : 「E-ne! ~good for you~」 (毎週月~金曜日 13:00~17:00 生放送)

毎日、ココロやカラダ、地球にイーネ!なキーワードをテーマに、
自然や環境、エコロジーに関するトピックスや情報を紹介するコーナー「エシコン」に出演し、国連が定める国際森林年に向けて、
エダヒロと森とのかかわり、「私の森.jp」などについてお話ししました。


Cyberforest for Environmental Education (CF4EE)
信州大学志賀自然教育園ライブ音 #otanomo
University of Tokyo Cyberforest CC-BY-SA 4.0