ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

長野県軽井沢にある脇田美術館の方より、作品公募の
お知らせを頂きました。「木のデザイン」プロジェクトとして、
信州産落葉松(カラマツ)を素材にした作品を募集しています。

昨年秋には、プレビュー展として「招待作家展」が開催され、
この1月には東京巡回展が開かれました。
今回、選出される大賞候補作品は、実物大で制作し、
10〜11月に脇田美術館にて展示されます。

信州の地域の方々の後援・協力も多く、
落葉松の歴史・特性等に関しては、長野県林務部へ、
木材販売・加工技術等については、長野県木材青壮年団体連合会へ、
ご相談くださいとのこと。
ご興味のある方はぜひサイトをご覧の上、ご応募ください!

---------------------------------------------------------------------------

環境と資源と人を芸術が結ぶデザインプロジェクト。

「木のデザイン」プロジェクトは、森林を、環境と資源として意識した
デザインを広く募り、公募展を通じて、森林の更新循環、木の文化とそ
のライフスタイルを提案・発信します。信州落葉松(カラマツ)を素材
とする創意あふれる作品を求めます。

●応募資格
個人、グループ、及び、企業・法人、プロフェッショナル、アマチュアを
問いません。 その他、国籍、年齢、性別等、一切の制限を定めません。

●公募作品
・落葉松(からまつ)を用いたデザインで、人の生活に寄与するもの。
 インテリア:家具、調度品、ステーショナリー、玩具、小物やオブジェ等
 エクステリア:屋外で利用される、公共性のあるオブジェクト等
・素材は落葉松を使用しますが、共に使用する素材は自由とします。
(例:石、紙、鉄、その他)
・複数生産することが可能であることを考慮してください。
※公募カテゴリーは2種類に分かれます。


●審査員
審査員 大野美代子(環境デザイナー)
喜多俊之(プロダクトデザイナー 日本インテリアデザイナー協会・理事長)
黒川哲郎(建築家 東京藝術大学教授)
松本 哲夫(剣持デザイン研究所所長)
丸谷芳正(家具デザイナー 富山大学芸術文化学部教授)
三井 緑(プロダクトデザイナー)
脇田 智(脇田美術館館長)  ※五十音順・敬称略


◎大 賞  : 長野県知事賞(1作品) 副賞 300,000円
◎特別賞  : 軽井沢町長賞(1作品) 副賞 100,000円
◎特別賞  : 木青連会長賞(1作品) 副賞 30,000円
◎特別賞  : 審査員賞(若干名)   副賞 30,000円
◎入選作品 : 展覧会にて展示、及び、展覧会カタログに掲載されます。


●エントリー締め切り 2011年 3月5日(土)
●第1次審査書類提出締め切り 2011年 3月10日(木)

●参加費、エントリー方法、エントリーから展覧会までの流れ、
 「木のデザイン」招待作家展の資料パンフレット入手方法など、
 詳しくは、脇田美術館のサイトでご確認ください。


事務局/問い合わせ先
「木のデザイン」プロジェクト事務局(脇田美術館東京事務所 内)
住所 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-5-6-203
TEL 03-5785-4138  FAX 03-5785-4139
e-mail wdex@wakita-museum.com
URL  http://www.wakita-museum.com


▼詳しくはこちら▼
[木のデザイン] 公募展2011 作品募集
http://www.wakita-museum.com/event/wood_design/entry.html

招待作家展・東京展
http://www.wakita-museum.com/event/wood_design/index.html
招待作家展に関する記事(写真付き)が、こちらのページ下部よりご覧頂けます。「季刊 住む。」「NIKKEI DESIGN」「ソトコト」


Cyberforest for Environmental Education (CF4EE)
信州大学志賀自然教育園ライブ音 #otanomo
University of Tokyo Cyberforest CC-BY-SA 4.0