ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

地球・人間環境フォーラムより、環境省委託事業「CSR担当者のための海外森林保全研修ツアー」実施のご案内が届きました。マレーシアにて、マングローブ植林活動や苗畑作業体験、小規模漁業や魚市場の見学などが行われるとのこと。また、現地政府とCSRに関する意見交換会もあり、充実したツアー内容となっています。


●CRS担当者のための海外森林保全研修ツアー」参加者募集中
(2014年12月5~10日、マレーシア)
http://www.gef.or.jp/activity/forest/world/2014tour.html>http://www.gef.or.jp/activity/forest/world/2014tour.html

国内では企業のCSR活動の一環として植林活動が広く実施されている一方、日系企業が多く進出している東南アジアでは、森林減少が深刻な問題となっています。

環境省では、我が国企業のCSR(企業の社会的責任)による海外での森林保全活動を促進することで、生物多様性保全と持続可能な森林経営の取組に貢献することを目指してきました。今年度は企業のCSR担当者を対象に、森林保全活動の現場を体験する研修ツアーを行います。

経済成長が続くマレーシアでは、開発により沿岸部のマングローブ林が減少しています。マレー半島北部で伝統的な漁業を行うマレー系漁民のコミュニティでは、漁場の回復のためマングローブの植林に取り組んできました。

研修ツアーでは、マングローブ植林活動や苗畑作業を体験し、漁船に乗って小規模漁業や魚市場の見学も行います。現地政府とCSRに関する意見交換会も予定しています。日系企業も多いマレーシアで、進出先でのCSR活動のヒントを得られる企画です。ぜひご参加ください。

詳細、応募方法等は地球・人間環境フォーラムのWebサイトをご覧ください。
http://www.gef.or.jp/activity/forest/world/2014tour.html>http://www.gef.or.jp/activity/forest/world/2014tour.html

*「CSR担当者のための海外森林保全研修ツアー」概要
【研修地】マレーシア(ペナン州、ペラック州、クアラルンプール)
【研修日程】2014年12月5日(金)~12月10日(水)早朝成田着
【参加条件】全日程に参加可能で、かつ2015年1月中旬に都内で開催予定の報告会に参加可能であること
【募集人数】10名(1社1名まで)
【費用】
環境省負担:現地移動費、宿泊費、その他現地でプログラム実施にかかる費用
自己負担:往復航空運賃及び現地飲食費、海外旅行保険(必須)、その他個人的費
用(おおよそ10~15万円)。
【応募】申込書類(申込書、経歴書、応募調査票、パスポートのコピー)に必
要事項を記入して申込先(地球・人間環境フォーラム)までメール添付にてお
送りください。
※個人情報は本事業以外には使用しません。
【応募締切】2014 年11 月4日(火)
【お問合せ・申込先】
地球・人間環境フォーラム
担当:飯沼
TEL:03-5825-9735 e-mail:gef@gef.or.jp


Cyberforest for Environmental Education (CF4EE)
信州大学志賀自然教育園ライブ音 #otanomo
University of Tokyo Cyberforest CC-BY-SA 4.0