ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

私の森.jp編集部のスタッフもお手伝いしてきた陸前高田の宿泊施設「箱根山テラス」で、森好き仲間で「木質バイオマス」について語り合おうというイベントが予定されています。主催者と場所が本当に気持ちよくて最高!なので、私の森.jpのユーザーさんにもぜひご紹介させてください。
行きたいなぁ。仕事の都合つくかなぁ(編集長のひとりごと)

wm20150727_1.png

wm20150727_2.jpg

木と人をいかす宿泊・滞在施設「箱根山テラス」はこんなところ


<箱根山テラスのホームページより転載>

震災後、地元の仲間と語り合う中で辿り着いたのが〝森林とエネルギー〟でした。私たちは、「新しい暮らしのエネルギーに、身近な森林資 源を活用すれば、山と里の経済循環が生まれ、環境保全にも繋がるのでは?」という仮説を立て、木質バイオマスの地産地消に挑戦しています。

私たちがここで実現する「木質バイオマスの地産地消」はどんな形になるのだろうか。勉強を重ねていゆく中で、箱根山テラス代表・長谷川順一(上写真)は、各地のキーパーソンたちと出会い、エネルギーシステムは、現場や地域の特性に合わせてさじ加減をきかせて計画するほど良いものになること。そしてそのちょうどいい形は、メーカーやコンサルタントに委ねるより、現場同士のつながりの中で模索してゆく方が効果的だし、楽しいよね!?という想 いを持つようになりました。

近くの山林を活かした「木質バイオマス」のかたちは、地域の森の状態や、林業・農業のあり方、圏内にどんな熱利用施設があり、生活文化があり、どんなキー パーソンがいるかといった組み合わせから見えてくるもので、きっとその地域ごとに答えがあるのだと思います。

WoodLuck」は「木質バイオマスと、おいしいご飯のつどい」。

箱根山テラス・代表の長谷川順一と西粟倉村の井筒耕平(あわくら元湯、村落エナジー代表)が2015年初頭に出会い、「ちょうどいい木質バイオマスのかたち は、現場や地域の者同士で集まって、美味しいご飯でも食べながら知恵を出し合う方がいいんじゃないか!」と意気投合して生まれた「WoodLuck」 の第1回を、ご一緒しませんか?

2015年10月23〜25日の「WoodLuck #1」でテーブルを囲む、10名の参加メンバーを募集します。すでに木質バイオマスに取り組んでいる人も、これからの人も。個人でも団体の人でも。玄人でも素人でもOKです(先着順)

※ イベント参加費は無料です
※ 現地集合&現地解散になります
※ 移動経費、現地での宿泊&食事に関してはご自身での負担になります


詳細/お申し込みはこちらから

木と人をいかす宿泊・滞在施設「箱根山テラス」


Cyberforest for Environmental Education (CF4EE)
信州大学志賀自然教育園ライブ音 #otanomo
University of Tokyo Cyberforest CC-BY-SA 4.0