ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

地域活性化センターより、地方創生の必要性と具体的手法について考える地方創生フォーラム開催のお知らせです。木づかいでつなぐ都市と農山村がテーマとなっています。基調講演は、涌井 雅之氏と隈 研吾氏。事例発表は、前宮城県東松島市長 阿部 秀保氏、神奈川県川崎市長 福田 紀彦氏が行うそうです。


wm20180115.jpg

平成29年度地方創生フォーラムin東京のお知らせ

一般財団法人地域活性化センターでは、地方創生の必要性と具体的手法について考える地方創生フォーラムin東京を開催いたします。
皆様のご参加お待ちしております!!

◆地方創生フォーラムin東京
 (第22回ふるさとイベント大賞表彰式 同時開催)
日本の国土は約70%が森林であり世界有数の森林国である一方、木材自給率は3割にとどまっています。
今回の地方創生フォーラムでは、日本の森林の現状や木の魅力を活かす取組を知り、都市での木づかいを農山村での森づくりにつなげるために私たちがどういった視点を持ち行動していくべきなのかを、基調講演と事例発表を通して考えます。
【テーマ】 木づかいでつなぐ都市と農山村
【日 時】 平成30年3月1日(木)13:00~17:15
【場 所】 ベルサール飯田橋ファースト
      東京都文京区後楽2-6-1住友不動産飯田橋ファーストタワーB1 【プログラム】  
 ・第22回ふるさとイベント大賞表彰式  

 ・基調講演
  「日本の森と暮らしをつなぐ」
    涌井 雅之氏
    (東京都市大学特別教授・造園家・岐阜県立森林文化アカデミー学長)   「『コンクリートの時代』から『木の時代』へ」
    隈 研吾氏(建築家・東京大学教授)

 ・事例発表
  「あの日を忘れずともに未来へ~東松島一心~
   東日本大震災の対応と木を活かした復興まちづくりについて」
    阿部 秀保氏(前宮城県東松島市長)
  「木材利用を通じた原産地と消費地との連携」
    福田 紀彦氏(神奈川県川崎市長)
 ※基調講演及び事例発表の登壇者は予告なく変更となる場合があります。

【定 員】 地方創生に関心のある方 400名(参加無料・先着順)       ※要事前申込:お申込み締切 2月26日(月)

◆申込方法・その他詳細は、添付チラシもしくはリンクをご覧ください。

■関連サイトURL
平成29年度 地方創生フォーラム in東京

■チラシ
平成29年度地方創生フォーラムin東京(PDF)

■ イベントに関する問合せ先
一般財団法人地域活性化センター地域支援課
E-mail chiiki@jcrd.jp
TEL 03-5202-6136


Cyberforest for Environmental Education (CF4EE)
信州大学志賀自然教育園ライブ音 #otanomo
University of Tokyo Cyberforest CC-BY-SA 4.0