私の森.jp 森と暮らしと心をつなぐ

ブレッドクラムメニューです。
ホーム
おもしろ森学
編集部のコレおすすめ
森の力─育む、癒す、地域をつくる

おもしろ森学

編集部のコレおすすめ

森の本

一覧へ戻る

森の人、人の森。—森の聞き書き甲子園が高校生にもたらしたもの (単行本)

著者など:樹木・環境ネットワーク協会「人の森プロジェクト」編著
出版社:株式会社ウェッジ

価格:定価 1,728円(1,600円+税)

amazonで買う

森の人、人の森。—森の聞き書き甲子園が高校生にもたらしたもの (単行本)
 

私の森.jp編集部の「ここがオススメ!」

森と人、人と人とのつながりに、希望がわいてくる本。

「森の空気を吸っとると、森が何を訴えとるかわかってくるんですよ。今、森に対して言うてやりたい事は、『もう少し頑張りや。』それだけですね。」こういう言葉も、スギの種採り50年の名人のクチから出るとガツンと説得力がある。

森で生きる名人達に、その知恵や技を聞き書きするプロジェクト「森の聞き書き甲子園」。ことばを交わす中で、ことばの背景にあるお互いの生き様が出会い、その出会いを通じて今までとは違う「新たなモノサシ」を手にした高校生たちが、新たな進路を見いだし、環境保全活動を始めたり、森を守るネットワークを自ら立ち上げ広げていく……。一方、森の名人たちも、自分が教えて以上のことを「もらった」と目を輝かす。

そんな人と人とのまっすぐで深い出会いが、森というかけがえのない場から生まれ、つながりが広がっていく様子が、レポートや対談、名人からのメッセージを通じて力強く伝わってくる。読んでいる内に、森が好きになり、人が好きになり、「うん、きっと大丈夫!」と希望のようなものが湧いてきた。

(編集部:おおわだ)

里山ライフのごちそう帖

柳宗民の雑草ノオト

自然セラピーの科学 : 予防医学的効果の検証と解明

Woodcut

野生めぐり:列島神話の源流に触れる12の旅

山の名作読み歩き〜山の文章世界の道しるべ〜

樹木葬という選択: 緑の埋葬で森になる

新しいキャンプの教科書

森へ

ヨーロッパ文化とカラマツ

「身体」を忘れた日本人

造園植栽術

「音いろいろ」シリーズ CD癒しの森「戸隠の森」

月刊「たくさんのふしぎ」2015年4月号「いのちのひろがり」

Fielder vol.21 大特集:森の恵み

 

ページの先頭へ

グローバルメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
サポートメニューです。
私の森.jpについて
お問い合わせ
サイトマップ
コンテンツメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
私の森.jpの歩き方
あなたの森はどこ?
森のクイズ
私の森.jp 写真部
私の森ネットワーク
ポリシーメニューです。
サイトのご利用について
プライバシーポリシー