私の森.jp 森と暮らしと心をつなぐ

ブレッドクラムメニューです。
ホーム
おもしろ森学
編集部のコレおすすめ
森にくらす 森を守る[日本の林業(3)]

おもしろ森学

編集部のコレおすすめ

森の本

一覧へ戻る

森にくらす 森を守る [日本の林業(3)]

著者など:白石則彦監修、MORIMORIネットワーク編
出版社:岩崎書店
価格:定価 3,024円(2,800円+税)

amazonで買う

森にくらす 森を守る[日本の林業(3)]
 

私の森.jp編集部の「ここがオススメ!」

森とかかわる生活をリアルに思い描くためのヒントがいっぱい!

ハイキングやキャンプ、バードウォッチングなどで森に足を運ぶうちに、すっかり森の魅力にはまってしまって「こういうところで暮らすのってどんな感じだろうなあ」なんて想像をめぐらせたことのある人、きっとたくさんいるはず。この本にはそんな想像をしっかりふくらませてくれる情報がいっぱい載っている。

「第1章 森にくらす」では、山里の林業家のくらしを雪解けで山菜の宝庫となる春から四季を追ってじっくり描き出す。「第2章 森ではたらき森を守る」では、森にかかわる仕事がたくさん紹介される。森林組合、樹木医、森林インストラクター、レンジャーなど、未来の仕事が見つかる人もいるかも知れない。「第3章 林業と森の大切さを伝える」を読めば、森にくらさなくても森の魅力を家族や仲のいい友だちと分かち合う方法がいっぱいあることもわかる。

小学校中学年以上を対象にしているこのシリーズは、一見親しみやすい絵本の形をとっているけれど、中身もつくりもとてもていねいで情報も豊富だ。巻末近く、山里ぐらしをする栗田さんの「“豊かさ”って、なにも考えずにすんでしまう便利さではなく、自然をいかし、工夫しようとする創造する力だと思います。」というメッセージには深く共感(p41)。「なんだ絵本じゃないか」などと言わずぜひ手に取ってほしい。

(編集部:たかしな)

里山ライフのごちそう帖

柳宗民の雑草ノオト

自然セラピーの科学 : 予防医学的効果の検証と解明

Woodcut

野生めぐり:列島神話の源流に触れる12の旅

山の名作読み歩き〜山の文章世界の道しるべ〜

樹木葬という選択: 緑の埋葬で森になる

新しいキャンプの教科書

森へ

ヨーロッパ文化とカラマツ

「身体」を忘れた日本人

造園植栽術

「音いろいろ」シリーズ CD癒しの森「戸隠の森」

月刊「たくさんのふしぎ」2015年4月号「いのちのひろがり」

Fielder vol.21 大特集:森の恵み

 

ページの先頭へ

グローバルメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
サポートメニューです。
私の森.jpについて
お問い合わせ
サイトマップ
コンテンツメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
私の森.jpの歩き方
あなたの森はどこ?
森のクイズ
私の森.jp 写真部
私の森ネットワーク
ポリシーメニューです。
サイトのご利用について
プライバシーポリシー