私の森.jp 森と暮らしと心をつなぐ

ブレッドクラムメニューです。
ホーム
おもしろ森学
編集部のコレおすすめ
森の絵本

おもしろ森学

編集部のコレおすすめ

森の本

一覧へ戻る

森の絵本

著者など:長田 弘(著)、 荒井 良二 (イラスト)
出版社:講談社
価格:定価 1,512円(1,400円+税)

amazonで買う

森の絵本
 

私の森.jp編集部の「ここがオススメ!」

「たいせつなものはどこにある?」

天の声か心の声か、どこからともなく聞こえてくる声が誘う言葉は「たいせつなものをさがしにゆこう」。

声に促されるまま、ページをめくると、森の中の大きな川、花畑、公園から聞こえる笑い声、おいしいオヤツのクッキーのにおい、大事な思い出の本、星空に願った希望・・・次々とたいせつなものが挙げられていきます。

でも、声は最後に言うのです。「いちばん だいじなものが 森のなかに ある。きみの いちばん たいせつなものが そこに ある」。

森の静かでゆっくりと流れていく時間は、規則的で普遍的。劇的な大きい変化もなく、単調に過ぎていくその姿は、何も特別なことが起こらないがゆえにつまらないように見えがちです。

けれど、あたりまえに流れていく日常の時間が、実は尊いものであり何よりも大切なことなのだ、ということを"声"が私たちにやさしく語りかけてくれているようです。

(スタッフ (も))

里山ライフのごちそう帖

柳宗民の雑草ノオト

自然セラピーの科学 : 予防医学的効果の検証と解明

Woodcut

野生めぐり:列島神話の源流に触れる12の旅

山の名作読み歩き〜山の文章世界の道しるべ〜

樹木葬という選択: 緑の埋葬で森になる

新しいキャンプの教科書

森へ

ヨーロッパ文化とカラマツ

「身体」を忘れた日本人

造園植栽術

「音いろいろ」シリーズ CD癒しの森「戸隠の森」

月刊「たくさんのふしぎ」2015年4月号「いのちのひろがり」

Fielder vol.21 大特集:森の恵み

 

ページの先頭へ

グローバルメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
サポートメニューです。
私の森.jpについて
お問い合わせ
サイトマップ
コンテンツメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
私の森.jpの歩き方
あなたの森はどこ?
森のクイズ
私の森.jp 写真部
私の森ネットワーク
ポリシーメニューです。
サイトのご利用について
プライバシーポリシー