私の森.jp 森と暮らしと心をつなぐ

ブレッドクラムメニューです。
ホーム
おもしろ森学
編集部のコレおすすめ
森林観察ガイド — 驚きと発見の関東近郊10コース

おもしろ森学

編集部のコレおすすめ

森の本

一覧へ戻る

森林観察ガイド — 驚きと発見の関東近郊10コース

著者:渡辺一夫
出版社:築地書館
価格:定価 1,680円(1,600円+税)

amazonで買う

森林観察ガイド — 驚きと発見の関東近郊10コース
 

私の森.jp編集部の「ここがオススメ!」

森林インストラクターをひとりじめ!

ファッションとしての森ガールが話題になったかと思うと、本格的に山に登るオシャレな山ガールも増えているそうで、森を思い、森を訪れて楽しむことがちょっとしたブームになっているらしい。できればこれが一過性のブームではなく、森歩きが誰でも気軽に楽しめるごく当たり前の習慣になればいいなと思う。そこで問題になるのが森での過ごし方、楽しみ方。

次々に山頂を制覇するのも、渓谷で釣りをしたりバーベキューを食べたりするのも、それぞれにとても楽しいけれど、そういうわかりやすい目的が必要なうちは、山や森はまだ「わざわざ行く場所」になってしまう。アトラクションを用意しなくても、ただ森の中にいるだけで面白がれるようになれたら、山や森はもっともっと身近になれるはず。

そんな時に使いたいのがこの本だ。著者(写真も撮っている)の渡辺一夫さんは森林インストラクターにして農学博士。専門知識も持っていれば、森歩きのガイドのプロでもある。だからこの本を持って森を歩けば専任の森林インストラクターを連れて解説をひとりじめするも同然というわけだ。

「PART1 関東近郊の特選10コース」、「PART2 森林観察を100倍楽しむために」の2部構成で、PART1こそ関東近郊情報だが、PART2は全国の森歩きファンの役に立つ森林観察の基礎知識がコンパクトにまとめられている。PART2にざっと目を通すだけで、森に足を運んだ時に見るポイントが変わるはず。いままで「山はいいねえ」くらいしか言えなかったのが、木々の葉っぱを観察して、「この辺は落葉広葉樹が多いから冬はかなり寒くなるのかな」なんて言い出したりして。

関東近郊限定の話にはなるものの、PART1も面白い。最初に紹介されるのが神奈川県の江の島。海水浴場のそばの観光スポットというイメージの強い江の島が、解説を読むうち関東地方沿岸に残された「本来の森」を観察できる魅力的な場所だとわかり、再訪を計画してしまう。ちなみに10番目に紹介されているのは、富士山の五合目あたりを等高線に沿って歩き、火山荒原から成熟した森まで、植生の様々な段階を味わう贅沢なコース。どのコースも観察ポイントと、そのみどころが詳しく紹介されていて、読み進めるうちにこの本片手に現地で確かめたくなるはずだ。

(編集部:たかしな)

廃道探索 山さ行がねが

おさんぽきのこ.

里山ライフのごちそう帖

柳宗民の雑草ノオト

自然セラピーの科学 : 予防医学的効果の検証と解明

Woodcut

野生めぐり:列島神話の源流に触れる12の旅

山の名作読み歩き〜山の文章世界の道しるべ〜

樹木葬という選択: 緑の埋葬で森になる

新しいキャンプの教科書

森へ

ヨーロッパ文化とカラマツ

「身体」を忘れた日本人

造園植栽術

「音いろいろ」シリーズ CD癒しの森「戸隠の森」

 

ページの先頭へ

グローバルメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
サポートメニューです。
私の森.jpについて
お問い合わせ
サイトマップ
コンテンツメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
私の森.jpの歩き方
あなたの森はどこ?
森のクイズ
私の森.jp 写真部
私の森ネットワーク
ポリシーメニューです。
サイトのご利用について
プライバシーポリシー