私の森.jp 森と暮らしと心をつなぐ

ブレッドクラムメニューです。
ホーム
おもしろ森学
編集部のコレおすすめ
漁師さんの森づくり 〜森は海の恋人〜

おもしろ森学

編集部のコレおすすめ

森の本

一覧へ戻る

漁師さんの森づくり 〜森は海の恋人〜

著者など:畠山重篤(著)、カナヨ・スギヤマ(絵)
出版社:講談社
価格:定価 1,296円(1,200円+税)

amazonで買う

漁師さんの森づくり 〜森は海の恋人〜
 

私の森.jp編集部の「ここがオススメ!」

今こそ読んで応援したい!気仙沼の海と森

著者は、気仙沼湾でカキの養殖業を営むと同時に、海につながる森づくりや環境教育に取り組むNPO法人「海は森の恋人」の代表 畠山重篤氏。豊かな海を育むためには広葉樹の森が必要だと気付いて上流の森に植樹を始めたのが、1989年。以来、毎年植樹祭では漁師たちが大漁旗をはためかせて室根山に広葉樹の苗を植え、やがて小学生らも参加するようになり、これまでに約3万本の落葉広葉樹の植樹が行われたそうです。

この本では、畠山氏自身の子ども時代の豊かな海の記憶から、3代にわたるカキ養殖業の話、フランスやスペインへの視察、森づくりを決意したきっかけ、海と森をつなげる「鉄の秘密」など、2000年までの活動が小中学生にもわかるように語られています。 また、カナヨ・スギヤマさんのイラストは細かい描写とともに、どこかユーモラスで楽しく、あれこれ見るうちに海と森の生きものたちの多様な在り方に引き込まれます。親子で一緒に見たり読んだりするのも楽しそうです。

3.11東日本大震災の津波によって、森は海の恋人運動の起点でもある畠山さんのカキ養殖場は、船も養殖施設も事務所もすべて流失され、壊滅的な被害にあわれました。森作りなど環境保全活動によって豊かさを取り戻しつつあった美しい海も、子ども達の笑顔あふれた環境教育フィールドも、跡形もなく姿を消してしまったそうです。

それでも、今年2011年6月5日には植樹祭を決行、約1000本の植樹を行う予定だと発表されています。豊かな森があればきっと海は取り戻せる。そう信じて、私たちも応援していきたいと思っています。

(編集部:おおわだ)

廃道探索 山さ行がねが

おさんぽきのこ.

里山ライフのごちそう帖

柳宗民の雑草ノオト

自然セラピーの科学 : 予防医学的効果の検証と解明

Woodcut

野生めぐり:列島神話の源流に触れる12の旅

山の名作読み歩き〜山の文章世界の道しるべ〜

樹木葬という選択: 緑の埋葬で森になる

新しいキャンプの教科書

森へ

ヨーロッパ文化とカラマツ

「身体」を忘れた日本人

造園植栽術

「音いろいろ」シリーズ CD癒しの森「戸隠の森」

 

ページの先頭へ

グローバルメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
サポートメニューです。
私の森.jpについて
お問い合わせ
サイトマップ
コンテンツメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
私の森.jpの歩き方
あなたの森はどこ?
森のクイズ
私の森.jp 写真部
私の森ネットワーク
ポリシーメニューです。
サイトのご利用について
プライバシーポリシー