私の森.jp 森と暮らしと心をつなぐ

ブレッドクラムメニューです。
ホーム
おもしろ森学
編集部のコレおすすめ
哺乳類のフィールドサイン観察ガイド

おもしろ森学

編集部のコレおすすめ

森の本

一覧へ戻る

哺乳類のフィールドサイン観察ガイド

著者など:熊谷 さとし(著)、安田 守(写真)
出版社:文一総合出版
価格:定価 1,944円(1,800円+税)

amazonで買う

哺乳類のフィールドサイン観察ガイド
 

私の森.jp編集部の「ここがオススメ!」

肉球とフンの写真が満載!

「フィールドサイン」とは、野生動物が残した足跡やフン、食痕などの「生活痕」をのことを言います。森を歩いていると、動物たちの居た痕跡はあちこちに見つかります。特に秋から冬にかけて、広葉樹が落葉し雪が地面を覆ってしまうと、足跡、木の実の食べ痕、フン、木の上の巣などが、初心者にも簡単に見つかるようになります。雪上に点々と続くウサギやカモシカの足跡や、ちょっとした雪の窪みに黒くまとまったフンが見つかると、そこには姿の見えない動物たちの様子が想像できて、なかなかに楽しいものなのです。寒いけれど、これが冬の森歩きの楽しさです。

この本は、足跡や、フンの違いを淡々と並べた図鑑タイプのガイドブックではありません。各動物毎のページには、豊富な写真と、思わずクスリと笑ってしまうようなイラスト、そして「なるほど!」な面白コラムが丁寧に纏められていて、読み物としてもおススメ。足跡を読み取るために知る動物の歩き方や指と肉球の解説、そして様々な形のフン(こちらも当然写真入り!)解説も分かり易く、初心者でも楽しく学べる内容となっています。なにせ肉球とフンの写真が満載なので、子どもにも大受けしそう。 初心者はもちろん、森林インストラクターやエコツアーガイドのようなフィールドワーカーにもきっと役立つ素敵なガイドブックです。

(編集部:あかいけ)

里山ライフのごちそう帖

柳宗民の雑草ノオト

自然セラピーの科学 : 予防医学的効果の検証と解明

Woodcut

野生めぐり:列島神話の源流に触れる12の旅

山の名作読み歩き〜山の文章世界の道しるべ〜

樹木葬という選択: 緑の埋葬で森になる

新しいキャンプの教科書

森へ

ヨーロッパ文化とカラマツ

「身体」を忘れた日本人

造園植栽術

「音いろいろ」シリーズ CD癒しの森「戸隠の森」

月刊「たくさんのふしぎ」2015年4月号「いのちのひろがり」

Fielder vol.21 大特集:森の恵み

 

ページの先頭へ

グローバルメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
サポートメニューです。
私の森.jpについて
お問い合わせ
サイトマップ
コンテンツメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
私の森.jpの歩き方
あなたの森はどこ?
森のクイズ
私の森.jp 写真部
私の森ネットワーク
ポリシーメニューです。
サイトのご利用について
プライバシーポリシー