私の森.jp 森と暮らしと心をつなぐ

ブレッドクラムメニューです。
ホーム
おもしろ森学
編集部のコレおすすめ
これで身につく山歩き 誰でもわかる地図の読み方

おもしろ森学

編集部のコレおすすめ

森の本

一覧へ戻る

これで身につく山歩き 誰でもわかる地図の読み方

著者:千秋社
出版社:ジェイティビィパブリッシング
価格:定価 1,296円(1,200円+税)

amazonで買う

これで身につく山歩き 誰でもわかる地図の読み方
 

私の森.jp編集部の「ここがオススメ!」

地図好き、山好き、方向オンチの人にお勧め!

私はこれまでに二度、山で道に迷ったことがあります。夕方暗くなって、下山の道を間違えたことと、最寄りのバス停から登山口へさえ辿りつけず、結局のんびりと里を散歩して終わってしまった(!)ことと。どちらも、丹沢周辺(神奈川県)の低い山なのですが、そんな身近な山ほど道の数が多く、迷いやすいのです。

この本には、小学生でも理解できるやさしい言葉で、地図の読み方や使い方などの基本が書かれています。時に語り口調で書かれているところなどは、まるで地図好きのおじさまに教えてもらっているようで、親しみやすいのもポイント。

気付けばディープな地図の世界に入っていて、その魅力にはまります。まず、山の地形をあらわす名前が面白い。ピークが山頂というのは分かりますが、コル、タルミ、ゴルジュ、のっこし、キレットなど、思わず声に出して唱えてみたくなります。

それから、大きい岩は地図記号も大きくなるとか、滝は記号の向きで上流下流が分かるなど、小さなヒントも満載。どんな景色なのか想像しながら地図を読んでいくのは、経験を重ねるほどに楽しくなりそうです。「この山はどこの山?」という百名山からの地形図クイズにも、すぐ答えられるようになるかも。

第5章の「山で迷わないために」では、ルートの目印となる林業のマークや、進入禁止を示す枝の集まり、道を間違えやすい地形のアドバイスがあり、ここも必見です。また、コースを下調べするための「机上登山」の楽しみ方、コンパスの使い方など、どれも試したくなるノウハウが分かりやすく書かれています。

私も、もう少し歩きやすい季節になったら、地形図を購入して(販売サイトも紹介されています)、あの登れなかった山をリベンジしに行こうと思います。

みなさんも、まずは「机上登山」でピーク&コル(アップダウン)を読んでから、実際に山へ出かけてみてはいかがでしょう? 使った地図はきっと、良い思い出にもなり楽しみが増えそうです♪

(編集部:すぎた)

廃道探索 山さ行がねが

おさんぽきのこ.

里山ライフのごちそう帖

柳宗民の雑草ノオト

自然セラピーの科学 : 予防医学的効果の検証と解明

Woodcut

野生めぐり:列島神話の源流に触れる12の旅

山の名作読み歩き〜山の文章世界の道しるべ〜

樹木葬という選択: 緑の埋葬で森になる

新しいキャンプの教科書

森へ

ヨーロッパ文化とカラマツ

「身体」を忘れた日本人

造園植栽術

「音いろいろ」シリーズ CD癒しの森「戸隠の森」

 

ページの先頭へ

グローバルメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
サポートメニューです。
私の森.jpについて
お問い合わせ
サイトマップ
コンテンツメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
私の森.jpの歩き方
あなたの森はどこ?
森のクイズ
私の森.jp 写真部
私の森ネットワーク
ポリシーメニューです。
サイトのご利用について
プライバシーポリシー