私の森.jp 森と暮らしと心をつなぐ

ブレッドクラムメニューです。
ホーム
おもしろ森学
編集部の本棚
旧暦棚田ごよみ

おもしろ森学

編集部の本棚

旧暦棚田ごよみ

デザイン:久野大輔
制作・発行:NPO法人 棚田ネットワーク
価格:1部1,200円(税込) 5部5,000円(税込)

お買い求めはこちらから

(棚田ネットワークのホームページへ)

表紙:旧暦棚田ごよみ
 

そろそろ“来年のカレンダー”を買いませんか?

「来年」といっても西暦2016年のことではありません。平成27年の旧暦のお正月は、西暦でいうところの2月19日なのだそうです。ずいぶん大きくずれるんですね! 明治6年に西暦に切り替わる以前に使われていた旧暦(太陰太陽暦)は、月の満ち欠けに合わせて、新月を朔日(ついたち)として、1カ月が29日か30日となっていて、今のカレンダーとはまるで違います。

今回ご紹介する『旧暦棚田ごよみ』は、旧暦のお正月から始まるカレンダーに、日本各地の美しい棚田の写真を合わせたもの。もちろん西暦の月日とも対照していますし、月の満ち欠けの図や、「大寒」「立春」などの二十四節気、さらに細かく季節の変化を表す七十二候などを合わせて、紙面が構成されています。

こう聞くとずいぶんややこしそうに思えるかもしれませんが、余白をたっぷりとって、文字のメリハリで要素が整理されていてとても見やすいのです。季節のイベントを巧みに表現していて興味深い七十二候は、数が多いのでつい読むのをためらいがちですが、この「こよみ」では上手に整理していて、一つ一つ読んでみたくなります。

さらに『旧暦棚田読本』という、棚田と旧暦に関するミニブックもついていて、一気に旧暦について詳しくなれそうです。読本の最初には「なにかと急ぎ足になりがちな現代にあって、ゆっくりと流れる棚田の時間に旧暦のリズムを当てはめてみると、とても心地よく感じます」とありますが、まさに同感。この「こよみ」があれば、森で過ごす時間にも似た、のんびり流れる時間を運んで来てくれる気がします。

(編集部:たかしな)

ページの先頭へ

グローバルメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
サポートメニューです。
私の森.jpについて
お問い合わせ
サイトマップ
コンテンツメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
私の森.jpの歩き方
あなたの森はどこ?
森のクイズ
私の森.jp 写真部
私の森ネットワーク
ポリシーメニューです。
サイトのご利用について
プライバシーポリシー