ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

今回は宮城県で活動を展開する「仙台市森林アドバイザーの会」をご紹介します。

~活動概要~

仙台市森林アドバイザーの会は、仙台市が主催する「森林アドバイザー養成講座」の修了生によって2004年に結成されました。

荒れた人工林や放置林の間伐を実施して森の元気を取り戻したい。
水源涵養や土砂流出防止のため、間伐を実施し林の中に光を入れ「木」と「林床」の健康を取り戻したい。
健康な森から市民のみんなが元気を貰えるように森林づくり活動を続けていきたい。

そんな想いをもって、森林整備を中心に自然観察やクラフト制作を通じて健全な森づくりを実践している団体です。

市民イベントでは森林ボランティアの指導・育成を行うほか、他団体とも連携を図り活動の輪を広げ、仙台市から整備を受託した「泉ヶ岳やすらぎの森」では、泉ヶ岳利活用推進市民会議のメンバーとして政策提言も行っています。森林整備は「旗立三丁目緑地」「箱倉山」のフィールドで推進中とのこと。

写真をふんだんに使ったブログから、森の今や活動の様子を伝えてくれています。詳しくは、ぜひサイトをご覧ください!

▼詳しくはコチラ▼
仙台市森林アドバイザーの会