私の森.jp 森と暮らしと心をつなぐ

ブレッドクラムメニューです。
ホーム
おもしろ森学
編集部のコレおすすめ
Woodcut

おもしろ森学

編集部のコレおすすめ

森の本

一覧へ戻る

Woodcut

著者:Verlyn Klinkenborg、Bryan Nash Gill
出版社:Princeton Architectural Press
価格:2,663円(税込)

amazonで買う

Woodcut
 

私の森.jp編集部の「ここがオススメ!」

転写された樹木の記憶、生命力。

パラパラと頁をめくると、プリミティブアートの模様のような、ロールシャッハのインクのしみのような、不思議なカタチが次々に目に入ります。独創的で美しいアート作品だなあと目を細めた次の瞬間に、これらがすべて木の年輪であると気づき、嬉しい驚きを覚えます。
この洋書のタイトルは「Woodcut」、ずばり「木版」です。木版と言えば、普通は「木の板に文字や絵を彫って」版にしたものが一般的ですが、これは「木そのものが版」になっています。さまざまな木の生きた証しである年輪を精緻に写し取った(その手法・プロセスも本の後半に写真入りで紹介されています)、木版画作品集なのです。

年輪の一部を拡大したものがまるで何か人体の細胞のようだったり、ぐーっと引いて見ると宇宙を思わせる遠大さがあったり、縄文時代の文様や力強い墨文字を思わせたり。時を刻んだ「輪」のさまざまな表情には圧倒されっぱなしです。作者が感知したであろう、木に宿る記憶や得体の知れない生命力がそのままここに転写されているかのように感じます。
この作品一つ一つに、たとえば谷川俊太郎さんの詩が添えられていたらいいなあ…と、そんな風に想像力をかき立てられるのも魅力の一つです。

洗練された美しい装丁で手に取りやすく、ただ眺めているだけでも静かに木のアートを堪能できるでしょう。「これは何に見える?」と、子ども達と対話しながら見るのも楽しそうです。

(編集部:おおわだ)

廃道探索 山さ行がねが

おさんぽきのこ.

里山ライフのごちそう帖

柳宗民の雑草ノオト

自然セラピーの科学 : 予防医学的効果の検証と解明

Woodcut

野生めぐり:列島神話の源流に触れる12の旅

山の名作読み歩き〜山の文章世界の道しるべ〜

樹木葬という選択: 緑の埋葬で森になる

新しいキャンプの教科書

森へ

ヨーロッパ文化とカラマツ

「身体」を忘れた日本人

造園植栽術

「音いろいろ」シリーズ CD癒しの森「戸隠の森」

 

ページの先頭へ

グローバルメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
サポートメニューです。
私の森.jpについて
お問い合わせ
サイトマップ
コンテンツメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
私の森.jpの歩き方
あなたの森はどこ?
森のクイズ
私の森.jp 写真部
私の森ネットワーク
ポリシーメニューです。
サイトのご利用について
プライバシーポリシー