ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

新着ニュース

JUON NETWORKさんから森林の楽校のご案内が届きました。
「そばの聖地」と呼ばれる富山県南砺市利賀村での中部北陸自然歩道の整備と水無湿原の登山道づくり活動を行います。


そばの里 森林の楽校2017秋


wm20170727.jpg

「そばの聖地」と呼ばれる富山県南砺市利賀村。
廃校を活用した施設を拠点に学習・体験・交流する2日間。

1日目は、鴻の貴水(こうのきみず)と呼ばれるおいしい水の湧き出る、
カツラとサワグルミの大木。
そんな「水源の森百選」にも選定されている森で、
中部北陸自然歩道の整備などに取り組みます。

2日目は、県境の秘境に佇む、四季折々に美しい草花が咲きそろう
水無湿原。その魅力を高める登山道づくりをします。
藪を切り拓き、道をつくって行く、とても充実感のある作業です。

作業の指導は、地元の湿原保全や地域振興に取り組む地元の団体の方。
そんな方との夜の交流もお楽しみです。

遠くの方も参加できるよう、集合解散時刻に余裕を持たせています。
お気軽にご参加下さい。初心者大歓迎です!

【と き】 2017年9月16日(土)~17日(日) 1泊2日
【ところ】 富山県南砺市利賀村坂上
【内 容】
◇中部北陸自然歩道の整備
◇スターフォレスト利賀周辺の草刈り
◇地元の方々との交流
◇水無湿原の魅力を高める登山道の整備
(草刈り、小径木の刈り払いや道づくり等)

【費用】
学生: 7,000+α円
社会人(会員): 8,000+α円
社会人(一般): 10,000+α円

【定 員】 10名
【締 切】 9月7日(木) ※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。
【主 催】 認定NPO法人JUON NETWORK
【共 催】 NPO法人 利賀飛翔の会

◎詳細・お申し込みはこちら→http://blog.canpan.info/juon/archive/405


■ イベントに関する問合せ先
認定特定非営利活動法人JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
〒166-8532 杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館内
Tel: 03-5307-1102 Fax: 03-5307-1091
E-mail: juon-office@univcoop.or.jp


JUON NETWORKさんからイベントのおしらせが届きました。
利根川の源流で、森づくり体験と自然観察を楽しんでください。


水源の森 自然ふれあい楽習2017

wm20170719.JPG

利根川の源流で、
温泉宿に泊まって自然とふれあう2日間。
東京駅発着の送迎バスを用意する予定です。

1日目は、水源を涵養する森の間伐、下草刈りなどの
森づくり体験で汗をかき、宿の温泉もお楽しみ。
2日目は、谷川岳の雄大な景色を拝む、自然観察会。
そして、自然に囲まれてゆったりお昼ごはん。
お気軽にご参加下さい。初心者大歓迎です。

【と き】 2017年8月26日(土)~27日(日) 1泊2日
【ところ】 群馬県利根郡みなかみ町藤原 三菱UFJ環境財団「水源の森」ほか
【宿 泊】 ホテル「サンバード」
      http://hotel-sunbird.com/access/
【内 容】 間伐、下草刈り、自然観察会等

【定 員】 40名
【締 切】 8月4日(金)
      ※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。
【主 催】 三菱UFJ環境財団
      JUON NETWORK

◎詳細・お申し込みはこちら→http://blog.canpan.info/juon/archive/403


■ イベントに関する問合せ先
認定特定非営利活動法人JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
〒166-8532 杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館内
Tel: 03-5307-1102 Fax: 03-5307-1091
E-mail: juon-office@univcoop.or.jp


森づくり安全技術・技能全国推進協議会さんから研修会・審査会の案内が届きました。
ボランティア初心者向けにチェーンソーによる伐木技術・技能の研修となります。

wm20170718.jpg



チェーンソーによる安全な伐木技術・技能研修会・ 森づくり安全サポーター(ランク3)審査会

森づくり安全技術・技能全国推進協議会(FLC)では、安全な森づくり活動に必要な技術およびその評価方法について継続的に検証・改善を図っています。

今回、これまでの実践活動等を通じて得られた知見等をもとに、森づくり活動の初心者がチェーンソーを使った伐木作業を安全に行うための標準的な研修プログラム及び審査方法について、新たな改善を加えたものの実践的な検証を行うため、研修会・審査会を実施しますので、受講者および見学者を募集します。

森づくり活動に関わる幅広い分野の方のご参加をお願いします。

【研修の特色】
1.切り株を使って正確な受け口・追い口づくりを徹底的に練習するほか、森林生態から学ぶ座学・伐倒に欠かせないロープワーク実習も充実。動画も活用し、研修生自身が見本となって学び合う、ワークショップ型の研修です。

2.新開発の伐倒トレーニング機「MTW-01」を使用(予定)。地面の傾斜角度、木の傾斜方向・角度を自在に設定して、受け口・追い口づくりの練習を安全に何度でも行えます。(特許出願中)

3.労働災害バーチャルリアリティ体験シミュレーターを使い、仮想の3次元空間で伐木に伴う労働災害を疑似体験していただきます。その体験を現場で生かすことで、労働災害の未然防止をはかります。
※開発:株式会社森林環境リアライズ

【日程】
前半:2017年10月6~9日(金~月祝)
後半:2017年10月27~29日(金~日)
※受講者は全日程参加が条件となります。見学者は一部日程のみの参加もできます。

【費用】
受講者:受講料20,000円+食費の実費30,000円(予定)
見学者:食費の実費30,000円(全日程参加の場合。予定)

【場所】
高尾グリーンセンター(東京都八王子市南浅川町2905-4)

【詳細・お申し込み】
FLCウェブサイトのイベントページへ

※国土緑化推進機構「緑と水の森林ファンド」助成事業


■PDF資料
受講者・見学者 募集要項

■関連リンク
https://www.mori-anzen.com/event/

■ イベントに関する問合せ先
森づくり安全技術・技能全国推進協議会(FLC)事務局
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館(国土緑化推進機構内)
TEL 03-3262-8437 FAX 03-3264-3974
メール 2011flc@gmail.com
www.mori-anzen.com


JUON NETWORKさんから森林の楽校のご案内が届きました。
新宿から電車で2時間で行ける奥多摩地域にて森林ボランティア作業を体験します。



鳩ノ巣 森林の楽校(もりのがっこう)2017

wm20170710.jpg
▽「鳩ノ巣 森林の楽校(もりのがっこう)2017」の記事のURLはコチラ↓
http://blog.canpan.info/juon/archive/401

新宿から電車で2時間。そんな身近な東京の大自然の中で、森づくりに大切な手道具を使いこなす体験をしてみませんか?
また、木材の皮むき体験などで、汗を流しながらの作業をしましょう。
作業の後は、地元の方との交流もあります。

特に、初めての方・学生の方など
道具を使うことが初めての人におすすめです。
「自然が好き」「森の中で活動してみたい」「仲間を見つけたい」
そんな人も、自然の中でリフレッシュしましょう!

【と き】 2017年8月27日(日) 
【ところ】 東京都西多摩郡奥多摩町
【内 容】 ナタ、ノコ、大ノコの使い方、ロープワーク、木登り
      丸太の皮むき、集材作業、交流会など
【参加費】 学生・会員 2,000円/一般 3,000円(交流会費、保険料等)
      ※当日のご入会でも会員割引が適用されます。
      ※現地までの交通費は各自ご負担下さい。
【定 員】 20名
【締 切】 8月18日(金) ※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。
【主 催】 JUON NETWORK

【日 程】
※多少の雨でも実施します。内容が変わることがあります。
9:40 参加者集合(JR青梅線「鳩ノ巣」駅前)、受付、移動
10:15 開校式、入山
10:30 ナタ、ノコ、大ノコの使い方、ロープワーク、木登り
12:00 昼食(お弁当は持参)
12:45 丸太の皮むき、集材作業
14:15 下山、道具の手入れ
15:15 地元の方を招いての交流
16:30 閉校式、鳩ノ巣駅移動へ(16:41発 青梅行き)

【過去の活動の様子】
▼参加者の声
◇私は幼少の頃から緑が好きでした。
 緑の成り立ちを知りたいと思うようになりました。
 "知っている"と"経験がある"には大きな差があります。
 そこで今回、「鳩ノ巣 森林の楽校」に参加しました。

 樹皮を剥がす作業を行いましたが・・・
 これは楽しかったです(笑)。
 綺麗な木肌が露出して材木らしい姿になったのには感動を覚えました。

 一日だけですが森のことを考える経験ができました。
 得られるものも多く、さらに学びたいことも多々ありました。
 (社会人・男性)

▼参加者に書いて頂いた感想文はコチラ↓
http://blog.goo.ne.jp/eventjuon/c/5f66d588cb915daa3979640c6acd732f

★参加希望の方はコチラ↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfIyFPXiiaxC9YSuCnBfAF3Z6RhHYxhj7c8SIiKFudHF7ZO3w/viewform?usp=sf_link

───────────────────────────────
※フォームが使えない方などは、以下の申込書に記入又は○をつけ、
juon-office@univcoop.or.jp
までお送り下さい。FAX、電話、ハガキなどでも結構です。

────────── 申 込 書 ───────────────
「鳩ノ巣 森林の楽校2017」

名前: ふりがな: 性別: 男・女
年齢: 所属: └※当日配布の名簿に所属を掲載: 可 ・ 不可
郵便番号: 住所: TEL: FAX: 携帯: E-mail: 森林作業: 初めて ・ 2~3回目 ・ それ以上
JUON NETWORK: 会員 ・ 非会員
交通手段: 電車 ・ 自家用車 ・ その他(     )

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
■備考
(事務局・スタッフにあらかじめ配慮を求めたいこと、
 アレルギーや、活動にかかわる持病、その他・・・)

──────────────────────────────
※ご記入いただいた個人情報は、
 名前、所属、住所の市区町村まで等は、
 参加者間の交流促進のため、当日配布する名簿に載せています。
※そのほかは、
 保険の手続きや各種ご案内の送付に限って利用させていただき、
 JUON NETWORKにて厳重に管理いたします。
 また、ご本人より停止等のご連絡をいただいた際には、
 速やかに必要な手続きをお取りいたします。

▽「鳩ノ巣 森林の楽校(もりのがっこう)2017」の記事のURLはコチラ↓
http://blog.canpan.info/juon/archive/401

■イベントに関する問合せ先
認定特定非営利活動法人JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
〒166-8532 杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館内
Tel: 03-5307-1102 Fax: 03-5307-1091
E-mail: juon-office@univcoop.or.jp

!!ご注意とお願い!!
※サーバーの相性等によりメールが受け取れないケースがあります。
 JUON NETWORKでは、
 お申込いただいた方には必ずお返事をいたしております。
 お申込みいただいて1週間経過しても
 こちらからご連絡が行かない場合は、
 メールを受け取れていない可能性がございます。
 大変お手数をおかけいたしますが、
 その際はお電話いただければ幸いです。


こんにちは、私の森.jp 編集部です。

今年もみなさんの協力を得て、
森を祝う「みんなの夏至祭」を開催することができました。

動画にまとめましたのでご覧ください。


※途中から音が出ます。

森を祝う「みんなの夏至祭」は、

ーー
森の植物を取り寄せて、
室内を森のように飾る。

「夏至寿し」をいただいて、
ロウソクやソーラー・ランタンを灯す。

そしてみんなで、太陽と森を祝う!
ーー

というお祭りです。
街に住まう私たちの森への想いを形にして
みんなで緑の時間を楽しみます。

今年も都心に忽然と姿を現した室内の森で
夏至寿し(朴葉寿し)と美味しいお料理をいただきました。

本棚には「緑」をテーマに選ばれた本が並び、
遠くの森から届く森のライブ音に耳を傾け、
クリスタルボウルの演奏と、
そして、森の本の朗読を楽しみました。

一夜限りの花材となった、
主役の植物たちは、下呂の森と馬頭の森から!

昨年始めた、森を祝う「みんなの夏至祭」、
装飾を担当してもらっている、
花人・藤木卓さんの地元・富山では
今年、学生さんたちが主体となって、
植物の採取から宴までの企画を実現したそう。

参加者から来年は自分でも開催したい!という
嬉しい声も聞かれました。

もし、
これがクリスマスのようにひろがってくれたら、
この時期、街の熱いまなざしが
中山間地域の里山に向かいます。

エネルギーや木材など資源供給地としてだけでなく、
森と森に関わる人びとへの
感謝を伝える機会になってくれたなら!

そんな願いを込めて、2018年も開催します!

効率良く生産されている園芸植物ではなく、自然の森の緑を室内に飾ることで、
本当に豊かな空間と時間をつくることができます。

2018年は、みなさまもぜひご一緒に。


geshisai_2017-124.jpg

森を祝う「みんなの夏至祭」2017@合羽坂テラス

2017年6月17日(土)
第一部 準備を楽しむ 14:00〜
第二部 夏至祭パーティ 18:00〜

会場:合羽坂テラス(東京都新宿区
主催:私の森.jp
協力:(株)ゴバイミドリ

イベント詳細はこちら


イベントでご協力頂いたみなさま

【ご紹介其の一:藤木卓さん】
会場の装飾演出をしてくださったのは、花人 藤木卓さん。初めてお会いした時は「花屋です」とおっしゃっていたけれど、時に舞台演出をされたり、俳優をされたり。実に多才なのだけど、「多才」というよりも「ひとつの方向」に真摯に向かっていたら自然にそうなった、というような雰囲気の素敵なひとです。

geshisai_2017_1-173.jpg

【ご紹介其の二:須山実さん】
木にまつわることをテーマに「木林文庫」を主宰されている須山さんには朗読のためと、展示のための選書をお願いしました。知的で丁寧で、政治や社会のこととの関わりの持ち方に凛とした姿勢があり、尊敬する編集者の先輩です。
あの人の"森"語り:須山 実さん
http://www.e-ecrit.com/

geshisai_2017_2-123.jpg

geshisai_2017_2-125.jpg

【ご紹介その三:宮田生美さん】
今回素敵な会場「合羽坂テラス」を手配してくださった5×緑(ゴバイミドリ)の宮田生美さん。土の少ない都市部の緑が日本の風土に馴染んだ自然で美しい景観に近づくように、在来植物による緑化を手がけています。
当日はテラスの植物たちについてもお話いただきました。
http://www.5baimidori.com/

geshisai_2017_3-147.jpg

【ご紹介その四:NPO法人馬頭里山本舗】
ゴバイミドリさんが10年にわわたって林床管理の応援をしている栃木県馬頭の森。その森をフィールドに活動する馬頭里山本舗のみなさんが、夏至祭のために花材を届けてくださいました!
那珂川町林業振興会のメンバーでもある彼らは、森の管理をしながら街の緑のための在来種を育て、馬頭の森で開催する都市住民との交流活動を支えていらっしゃいます。

geshisai_2017_4.jpg

geshisai_2017_4-97.jpg

【ご紹介その伍:熊崎惣太さん】
昨年に続き、今年も森の植物を提供してくれたのは、杉玉の「高林」代表・熊崎惣太さん。私の森.jpでは恒例の杉盆(卓上杉玉)ワークショップでおなじみです。岐阜の下呂市にお持ちの森からいろいろな植物を届けてくれました。
そしてもう一つ、夏至祭に欠かせない「夏至ずし(朴葉寿司)」は熊崎さんのお母様のレシピなんです!
http://sugidama-takabayashi.com/

geshisai_2017_5-78.jpg

geshisai_2017_5-109.jpg

【ご紹介其の六:柳沼 広紀さん】
森のライブ音を届けてくださったのは「Forest Notes」の開発者、柳沼 広紀さん。森の音は、人の声とも音楽ともぶつからずに混ざり合う。そんな森の音を街の日常に届けるサービスに取り組んでいらっしゃいます。夏至祭に欠かせない森のライブ音。森の声を聴く木のスピーカーも素敵です。
http://www.forestnotes.jp/concept.html

geshisai_2017_6.jpg

【ご紹介其の七:ナカノカオルさん】
カオルさんはお料理が上手なだけでなく、スーパーDIY女子で地域活動家のようでもあり、ひと言では説明できない素敵女子です。SNSで発信したり友人を招いてごはん会を開いているうちにご縁がつながり、ちいさなごはんイベント出店やケータリングなどを経験するようになったそう。

geshisai_2017_7.jpg

【ご紹介其の八:小林 秀光さん】
昨年に続き、装飾&夏至ずし準備の合間で美味しい珈琲を淹れてくださったのは、小林秀光さん。湘南の海岸林の保全に取り組んでいらっしゃいます。珈琲は趣味とのことですが、小さな不定期カフェを主宰されていて、密かにファンを増やしています。本業は映像制作。

geshisai_2017_8.jpg

【ご紹介其の九:高階 經啓さん】
木林文庫(エクリ)の須山さんが選んだテキストを朗読してくれたのは、われらが私の森.jp編集部員でもある、高階 經啓さん。「ことば師」こと高階さんはコピーライターであり、劇作家であり(他にもいろいろであり)、そして、Sudden Fiction Projectという活動を主宰しています。
https://www.facebook.com/SuddenFictionProject/

geshisai_2017_9.jpg

【ご紹介その十:山本コヲジさん】
昨年も、素晴らしい演奏で空間を震わせてくださったクリスタルボウル奏者の山本コヲジさん。北海道に移住されていてるので、今年は諦めていたのですが、急遽前日に参加が確定し、当日もクリスタルボウルを背負って(重いのに!)サプライズ参加してくれました! ちょこっと音の出る物も、なんておっしゃっていたけれど、高階さんの朗読の間を実に雄弁に震わせてくれて、感謝でいっぱいです。

geshisai_2017_10-155.jpg

【ご紹介その十一:ソーラーランタン】
夏至といえば「キャンドルナイト」ですよね。森ゲシーズの私たちも電気の利用を控えめにしたいので、ソーラーランタンを持ち寄っています。昼間の準備をしながら蓄えた太陽のエネルギーで夜の灯りをプラス。

geshisai_2017_11.jpg


ここに紹介のない参加者のみなさまも、お料理や飾り付けなどたくさんお手伝いくださいました。初めて会う人たちが屈託なくお喋りしたり手伝い合ったりできるのも、あの美しい植物たちに助けられてのことかも知れないな、と思います。

ご参加くださったみなさま、本当に有難うございました。

企画・進行:呼びかけ人代表(私の森.jp編集長)赤池 円

geshisai_2017_12-37.jpg

 

Cyberforest for Environmental Education (CF4EE)
信州大学志賀自然教育園ライブ音 #otanomo
University of Tokyo Cyberforest CC-BY-SA 4.0