私の森.jp 森と暮らしと心をつなぐ

ブレッドクラムメニューです。
ホーム
おもしろ森学
編集部のコレおすすめ
木を使う 木に親しむ[日本の林業(2)]

おもしろ森学

編集部のコレおすすめ

森の本

一覧へ戻る

木を使う 木に親しむ [日本の林業(2)]

著者など:白石則彦監修、MORIMORIネットワーク編
出版社:岩崎書店
価格:定価 3,024円(2,800円+税)

amazonで買う

木を使う 木に親しむ[日本の林業(2)]
 

私の森.jp編集部の「ここがオススメ!」

ぼくらが手にする木製品はどんな“体験”をしてきたのか?

すでに『木を植える 木を育てる[日本の林業(1)]』で、紹介済みのシリーズ「日本の林業」の第2巻。今度は成長した木を山から伐(き)り出して製品化して活用する流れを、これまたライブ感満点に伝えてくれる。

「第1章 木を伐る・木を運ぶ」では、伐採の方法の基礎知識にはじまり、山の中で伐り倒した材を集めて運搬するプロセス、その歴史までも絵本感覚の楽しさと、丁寧で正確な内容で教えてくれる。P18-19の「機械化が進む前の搬出方法」の見ひらきの「木馬(きうま)」や「修羅(しゅら)」の写真など初めて見たら圧倒されるはず。丸太からどうやって柱材や板材を取るかなんて話もやさしいイラストで解説してくれる。「第2章 木を使う・木に親しむ」では代表的な日本の木材の特徴や性質、木製品の紹介や、木造住宅の木の組み方の大図解など、これまたわかりやすく紹介してくれる。

1巻と2巻を読めば、我々が目にしたり手にしたりする木製品や家の原材料がどのようにして育てられ、どのようにして手元までやってきたのかを、ありありと思い描けるようになるだろう。食べものにしてもそうだけど、原産地から離れて暮らす都会人は、自分が口にしたり、手にしたりしているものが、どこからどうやって届いたのか、あまりにも無関心だということにも気づかされる。

(編集部:たかしな)

里山ライフのごちそう帖

柳宗民の雑草ノオト

自然セラピーの科学 : 予防医学的効果の検証と解明

Woodcut

野生めぐり:列島神話の源流に触れる12の旅

山の名作読み歩き〜山の文章世界の道しるべ〜

樹木葬という選択: 緑の埋葬で森になる

新しいキャンプの教科書

森へ

ヨーロッパ文化とカラマツ

「身体」を忘れた日本人

造園植栽術

「音いろいろ」シリーズ CD癒しの森「戸隠の森」

月刊「たくさんのふしぎ」2015年4月号「いのちのひろがり」

Fielder vol.21 大特集:森の恵み

 

ページの先頭へ

グローバルメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
サポートメニューです。
私の森.jpについて
お問い合わせ
サイトマップ
コンテンツメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
私の森.jpの歩き方
あなたの森はどこ?
森のクイズ
私の森.jp 写真部
私の森ネットワーク
ポリシーメニューです。
サイトのご利用について
プライバシーポリシー