私の森.jp 森と暮らしと心をつなぐ

ブレッドクラムメニューです。
ホーム
おもしろ森学
編集部のコレおすすめ
地衣類のふしぎ -コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの"植物"の正体とは-

おもしろ森学

編集部のコレおすすめ

森の本

一覧へ戻る

地衣類のふしぎ -コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの"植物"の正体とは-

著者:柏谷博之
出版社:サイエンス・アイ新書(ソフトバンク クリエイティブ)
価格:定価 1,028円(952円+税)

amazonで買う

地衣類のふしぎ -コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの"植物"の正体とは-
 

私の森.jp編集部の「ここがオススメ!」

森遊びの新メニュー? ふしぎな地衣類観察へのご招待。

紅葉の秋を過ぎて、落葉広葉樹がすっかり葉を落としてしまう冬。なんとなく、森に出かけてもさびしいしなあ、なんて思っていませんか? でも木々が葉を落とし、光が地面まで明るく照らすこの季節だからこその楽しみ方があります。葉が繁る季節には観察がむずかしいものが良く見えるようになるので、バードウォッチングにも最適ですが、冬も枯れることがない地衣類の観察にもベストシーズンなのです。

「地衣類って何?」という人も多いでしょうが、知らず知らずに目にしているはず。岩の上や樹皮にパズルみたいな模様を描いていたり、木の枝に糸のような塊がまとわりついていたりする、あれが地衣類です。ウメノキゴケ、ハナゴケなんて名前がついていますがコケではありません。おまけに単一の生物でもないふしぎな存在。菌類の仲間で、緑藻やシアノバクテリアと共生して、菌類は藻類に安定した生活環境と水や有機物を与え、藻類は光合成でつくる栄養を菌類に提供しているのだとか。

そんなふしぎな地衣類についての解説も興味深いものの、この本のもう一つの魅力は著者が撮影した豊富な写真にあります。アップの写真のちょっとアヤシい姿、全体を写した写真のユニークな模様、意外にもバラエティに富んだ色彩感など刺激的。絵やデザインに興味がある人にとってはネタの宝庫に見えるかも知れません。地衣類を知っていた人にはよりディープな情報を、いままで気に留めずにいた人には森遊びの新しい楽しみ方を教えてくれる一冊です。新書サイズなので森へのお出かけのお供にどうぞ!

(編集部:たかしな)

廃道探索 山さ行がねが

おさんぽきのこ.

里山ライフのごちそう帖

柳宗民の雑草ノオト

自然セラピーの科学 : 予防医学的効果の検証と解明

Woodcut

野生めぐり:列島神話の源流に触れる12の旅

山の名作読み歩き〜山の文章世界の道しるべ〜

樹木葬という選択: 緑の埋葬で森になる

新しいキャンプの教科書

森へ

ヨーロッパ文化とカラマツ

「身体」を忘れた日本人

造園植栽術

「音いろいろ」シリーズ CD癒しの森「戸隠の森」

 

ページの先頭へ

グローバルメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
サポートメニューです。
私の森.jpについて
お問い合わせ
サイトマップ
コンテンツメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
私の森.jpの歩き方
あなたの森はどこ?
森のクイズ
私の森.jp 写真部
私の森ネットワーク
ポリシーメニューです。
サイトのご利用について
プライバシーポリシー