私の森.jp 森と暮らしと心をつなぐ

ブレッドクラムメニューです。
ホーム
おもしろ森学
編集部のコレおすすめ
おさんぽきのこ.

おもしろ森学

編集部のコレおすすめ

森の本

一覧へ戻る

おさんぽきのこ.

著者:石塚倉譆
出版社:信濃毎日新聞社
価格:1,728円(税込)

amazonで買う

おさんぽきのこ.
 

私の森.jp編集部の「ここがオススメ!」

饒舌なきのこ好きおじさんに連れられ信州の山へ!

冒頭のごあいさつに続いて「こんなふうにお使いください」というページがあり、その最初に「本書は図鑑ではありません」とある。ページをめくると、大きくきのこの写真があって、きのこの名前が表示されていて、解説文があるので一見図鑑っぽいのだが、読んでみると、自分のことを「しもじ」と呼んでいたり、ルスラという毒きのこ(ドクベニタケ)が出てくるたびに「モスラじゃない」と一言添えたり、なんだか饒舌なのだ。

そして「4月後半~」から始まって季節を追って紹介するきのこの解説文も、多くは「しもじ」さんが、いかにしてそのきのこと出会ったか、その時どんな喜びがあったか、あるいは他の人に取られてくやしくて、山には「ちくしょ~の声がこだまする、なんて書いてある。毒きのことして有名なベニテングタケを焼いて「こんなうまいきのこはねぇ~な」なんて言いながら食べているじぃさまが登場するなど、お堅い図鑑とは全然違うのである。

それが食べられるきのこなのか、毒きのこなのか、食べるならどんな食べ方がおすすめなのかなど、実用的な図鑑・事典としてもちゃんと役に立つ。しかしそれより何より、東京出身の江戸っ子が、たまたま縁のできた信州で、きのこを求めて山に入るうち、だんだん詳しくなっていった体験についておしゃべりしたくてたまらない、その楽しさこそを伝えたい、という気持ちがあふれている。

コミカルなイラストが添えられていることもあり、どのページにも愉快な気分がみなぎっている。読み進むうちに、きのこが好きで、食べることが好きで、写真が好きで、たくさんの「師匠」に教わって、面白い人との出会いを楽しむ「しもじ」さんのペースにすっかりはまってしまい、信州の山を歩き回りたいなあと思ってしまうのであった。

(編集部:たかしな)

廃道探索 山さ行がねが

おさんぽきのこ.

里山ライフのごちそう帖

柳宗民の雑草ノオト

自然セラピーの科学 : 予防医学的効果の検証と解明

Woodcut

野生めぐり:列島神話の源流に触れる12の旅

山の名作読み歩き〜山の文章世界の道しるべ〜

樹木葬という選択: 緑の埋葬で森になる

新しいキャンプの教科書

森へ

ヨーロッパ文化とカラマツ

「身体」を忘れた日本人

造園植栽術

「音いろいろ」シリーズ CD癒しの森「戸隠の森」

 

ページの先頭へ

グローバルメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
サポートメニューです。
私の森.jpについて
お問い合わせ
サイトマップ
コンテンツメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
私の森.jpの歩き方
あなたの森はどこ?
森のクイズ
私の森.jp 写真部
私の森ネットワーク
ポリシーメニューです。
サイトのご利用について
プライバシーポリシー