私の森.jp 森と暮らしと心をつなぐ

ブレッドクラムメニューです。
ホーム
おもしろ森学
編集部のコレおすすめ
ぼく、だんごむし

おもしろ森学

編集部のコレおすすめ

森の本

一覧へ戻る

ぼく、だんごむし

著者(など):得田之久(ぶん)、たかはしきよし(え)
出版社:福音館書店
価格:定価 972円(900円+税)

amazonで買う

ぼく、だんごむし
 

私の森.jp編集部の「ここがオススメ!」

読めば「見る目」が育つ絵本

だんごむしを知らない人は少なかろう。棒か何かでつつけばくるりんと丸まってボールみたいになってしまう、あの虫だ。庭先で大きな石を動かしたり、植木鉢をどかしたりすると、あたふたと逃げ出したりする、あの虫だ。何しろちょっとつついただけでボールに変身してしまうので、子どもたちには大人気だが、大人になってもだんごむしが大好きだという人はあまり知らない。だからこのレビューもあんまり大人のみなさんには読んでもらえないのではないかと思うと、ぼくは自分がだんごむしになったかのように悲しい。子どもの頃はみんな、あんなにぼくのことが好きだったのに!

でも、せっかくなのでお付き合いください。素敵な絵本です。絵が全て貼り絵で、ほとんどスタイリッシュと言いたいくらいに美しい。デッサンは正確だけど、なまなましさはないから、虫を直視できない人でもそんなに抵抗はないだろう。なにより内容が面白い。だんごむしがコンクリートや石まで食べちゃうなんて知ってました? そう。だんごむしは枯れた植物や死んだ虫、人間の食べかすやダンボール、新聞紙など、なんでも食べてかたづけてくれる"自然の掃除屋"なのだ。絵本を読めばだんごむしたちが枯れ葉をきれいに食べる様子、四角いうんちをする様子、蟻から身を守り、もっと大きな生き物にひとのみにされ……と懸命に生きるさまが描かれている。脱皮の様子、子育ての様子を見るうちに、「今度だんごむしを見たらよく観察してみようか」なんて気持になって来る。そう。『ぼく、だんごむし』は「だんごむしを楽しむ目」を、そしてたぶん「自然を楽しむ目」を育ててくれる絵本なのだ。読む人がこどもであっても、おとなであっても。

(参考)
「森の生きもの観察」のコーナーの「森のつながりを探そう#3"嫌われもの"がつなぐ森の環」に、森のいろんな掃除屋さんが出て来ます。
http://watashinomori.jp/gotoact/linkage_03.html

(編集部:たかしな)

里山ライフのごちそう帖

柳宗民の雑草ノオト

自然セラピーの科学 : 予防医学的効果の検証と解明

Woodcut

野生めぐり:列島神話の源流に触れる12の旅

山の名作読み歩き〜山の文章世界の道しるべ〜

樹木葬という選択: 緑の埋葬で森になる

新しいキャンプの教科書

森へ

ヨーロッパ文化とカラマツ

「身体」を忘れた日本人

造園植栽術

「音いろいろ」シリーズ CD癒しの森「戸隠の森」

月刊「たくさんのふしぎ」2015年4月号「いのちのひろがり」

Fielder vol.21 大特集:森の恵み

 

ページの先頭へ

グローバルメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
サポートメニューです。
私の森.jpについて
お問い合わせ
サイトマップ
コンテンツメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
私の森.jpの歩き方
あなたの森はどこ?
森のクイズ
私の森.jp 写真部
私の森ネットワーク
ポリシーメニューです。
サイトのご利用について
プライバシーポリシー