私の森.jp 森と暮らしと心をつなぐ

ブレッドクラムメニューです。
ホーム
おもしろ森学
編集部のコレおすすめ
だんごむしそらをとぶ

おもしろ森学

編集部のコレおすすめ

森の本

一覧へ戻る

だんごむしそらをとぶ

著者:松岡 逹英
出版社:小学館
価格:定価 1,620円(1,500円+税)

amazonで買う

だんごむしそらをとぶ
 

私の森.jp編集部の「ここがオススメ!」

たまらなく愛おしい(ホントです!)ダンゴムシの冒険ものがたり

森好きのみなさんにとって、1番人気者なアイドル動物は「だれ」でしょうか?
日本の森に可愛い生きものはたくさんいますが、私が1番最初に思いつくのはなんといっても、「ヤマネ」です。

「かっ、、、可愛い!」

一度、至近距離で見せてもらった事がありますが、とても小さくて、フサフサで、黒い目がキラキラしていて、もう信じがたいほどの可愛いさで! 息をするのを忘れて見とれていました。それからずっと、私は日本の森で一番可愛い生き物はヤマネだと信じて生きてきたのです。

ところが。

この「だんごむし そらを とぶ」を読んでからの私は微妙に違います。それは、この本にでてくる「だんごむし」くんが、あのヤマネくんとの甘い記憶を消してしまいそうなほど、可愛いらしいからなのです。

ちいさくて、おくびょうで、でも頑張りやさんで、「そらをとぶ」という大きな夢がある。そんな「だんごむし」くんが、あるきっかけから、夢をかなえるため冒険の一歩を踏み出します。 はじめての空の旅には危険がいっぱい! 小さな「だんごむし」くんが無事に仲間のところに戻ってこられるのか、本当にハラハラさせられます。「だんごむし」がどうやったら空を飛べるのかって? それはあの小さな手足を一生懸命・・・って、それは読んでのお楽しみです☆

作者は40年にわたり数多くの自然観察絵本を世に送り出して来た、松岡達英氏。背景の動植物のひとつひとつが緻密に描かれていて、物語に直接関係のない描写であっても、それらは在るべき場所に在る様で、「あ、カミキリムシ!」 「シギゾウムシの幼虫!」と見る度に発見があり、見飽きることがありません。

この本を読んでから、リアル・ダンゴムシのことも大好きになりました。大人も子どもも一緒に楽しめる絵本です。

ちなみに、続編に「だんごむし うみへ いく」があります。・・・だんごむしは、意外とお調子者(笑)

(編集部:あかいけ)

里山ライフのごちそう帖

柳宗民の雑草ノオト

自然セラピーの科学 : 予防医学的効果の検証と解明

Woodcut

野生めぐり:列島神話の源流に触れる12の旅

山の名作読み歩き〜山の文章世界の道しるべ〜

樹木葬という選択: 緑の埋葬で森になる

新しいキャンプの教科書

森へ

ヨーロッパ文化とカラマツ

「身体」を忘れた日本人

造園植栽術

「音いろいろ」シリーズ CD癒しの森「戸隠の森」

月刊「たくさんのふしぎ」2015年4月号「いのちのひろがり」

Fielder vol.21 大特集:森の恵み

 

ページの先頭へ

グローバルメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
サポートメニューです。
私の森.jpについて
お問い合わせ
サイトマップ
コンテンツメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
私の森.jpの歩き方
あなたの森はどこ?
森のクイズ
私の森.jp 写真部
私の森ネットワーク
ポリシーメニューです。
サイトのご利用について
プライバシーポリシー