私の森.jp 森と暮らしと心をつなぐ

ブレッドクラムメニューです。
ホーム
おもしろ森学
編集部のコレおすすめ
森へ―ダリウス・キンゼイ写真集(絶版)

おもしろ森学

編集部のコレおすすめ

森の本

一覧へ戻る

森へ―ダリウス・キンゼイ写真集(絶版)

D・ボーン (著), R・ペチェック(著), 田口 孝吉 (翻訳), 中上 健次(解説)
出版社:アボック社出版局 (1984/01)

森へ―ダリウス・キンゼイ写真集(絶版)
 

私の森.jp編集部の「ここがオススメ!」

アメリカ開拓時代の林業を記録する、驚異的に鮮明な写真集

本書は、1900年頃のアメリカ北西部、ワシントン州にある開拓基地の町シードローウーリーを拠点として、記念写真などの撮影サービスを生業としていた写真師ダリウス・キンゼイの貴重な作品をまとめたものです。1970年に発見された4500枚にも及ぶガラス乾板とネガフィルムは、それからさらに5年の歳月を経て、写真師キンゼイ一家の記録とともに出版されました。アボック社のウェブサイトには、1975年の初版時からこの写真集の書評がひとつひとつ丁寧に掲載されており、今でも当時の大きな反響を辿ることができます。

まるで美術書のように豪華なこの装丁本が3版もされたのは、直径が6mを超える巨樹セコイアの迫力に向かう小さな人々の挑戦が、当時の写真技術としては考えられないほど鮮明に写し撮られているからです。かつてはアメリカ西海岸を覆っていた広大な巨樹の森。その巨樹を開拓民たちが命がけで伐り倒し、道を開いて行く。重機もない時代のちっぽけな人間の挑戦に驚嘆する一方で、何千年を生きた巨樹の伐り倒される瞬間を、あの悲鳴にも似た音を、想像します。

木を伐る事が人間の生きる環境を破壊することだなどとは夢にも考えなかった時代の野蛮で明るい空気が伝わってくるようで、失われた巨樹と文明との間に積み重なる時間の体積に押しつぶされそうでした。

昔からたくさんの多くの人を魅了してきた巨樹たち。本書は絶版ですが、前述のとおり、3版もされた本なので、探せば意外に見つかります。ぜひ一度ご覧になってみてください。

(編集部:あかいけ)

廃道探索 山さ行がねが

おさんぽきのこ.

里山ライフのごちそう帖

柳宗民の雑草ノオト

自然セラピーの科学 : 予防医学的効果の検証と解明

Woodcut

野生めぐり:列島神話の源流に触れる12の旅

山の名作読み歩き〜山の文章世界の道しるべ〜

樹木葬という選択: 緑の埋葬で森になる

新しいキャンプの教科書

森へ

ヨーロッパ文化とカラマツ

「身体」を忘れた日本人

造園植栽術

「音いろいろ」シリーズ CD癒しの森「戸隠の森」

 

ページの先頭へ

グローバルメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
サポートメニューです。
私の森.jpについて
お問い合わせ
サイトマップ
コンテンツメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
私の森.jpの歩き方
あなたの森はどこ?
森のクイズ
私の森.jp 写真部
私の森ネットワーク
ポリシーメニューです。
サイトのご利用について
プライバシーポリシー