私の森.jp 森と暮らしと心をつなぐ

ブレッドクラムメニューです。
ホーム
おもしろ森学
編集部のコレおすすめ
もりのなか

おもしろ森学

編集部のコレおすすめ

森の本

一覧へ戻る

もりのなか

著者など:マリー・ホール・エッツ (著)、まさき るりこ (翻訳)
出版社:福音館書店
価格:定価 1,080円(1,000円+税)

amazonで買う

もりのなか
 

私の森.jp編集部の「ここがオススメ!」

空想と現実の狭間・・・森には秘密と遊びがたくさん!

ページを開いて、まず最初に「羨ましいな」と思ったのは、主人公の“ぼく”が、森と寄り添う環境に暮らしていることでした。

“ぼく”は、家族や友だちと戯れるように、とても自然に森と遊びます。そして、森の奥深くに独りで入っていくというのに、そこには恐怖心や躊躇はひとつも無いようなのです。“ぼく”が森で出会うのは、ライオンや熊、うさぎなどの空想なのか現実なのか、とりとめもなく登場する、いろいろな動物たち。

けれども、彼らと“ぼく”が交わす会話には、共に生きる仲間への寛容と礼儀があり、ページとページの間にある情景を想像しながら、思わず大いなる自然の懐に抱かれる感覚を探してしまうのです。

モノトーンのイラストですが、繰り返し読むほどに、自分のイメージする森の色彩が浮かんでくるようです。もし、お子さんが自分色にこの本を塗ってしまっても、その時ばかりは怒らずにそっと見守ってほしい、そんな思いにさえさせてしまう不思議な魅力がたくさんつまった一冊です。

(スタッフ (も))

里山ライフのごちそう帖

柳宗民の雑草ノオト

自然セラピーの科学 : 予防医学的効果の検証と解明

Woodcut

野生めぐり:列島神話の源流に触れる12の旅

山の名作読み歩き〜山の文章世界の道しるべ〜

樹木葬という選択: 緑の埋葬で森になる

新しいキャンプの教科書

森へ

ヨーロッパ文化とカラマツ

「身体」を忘れた日本人

造園植栽術

「音いろいろ」シリーズ CD癒しの森「戸隠の森」

月刊「たくさんのふしぎ」2015年4月号「いのちのひろがり」

Fielder vol.21 大特集:森の恵み

 

ページの先頭へ

グローバルメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
サポートメニューです。
私の森.jpについて
お問い合わせ
サイトマップ
コンテンツメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
私の森.jpの歩き方
あなたの森はどこ?
森のクイズ
私の森.jp 写真部
私の森ネットワーク
ポリシーメニューです。
サイトのご利用について
プライバシーポリシー