私の森.jp 森と暮らしと心をつなぐ

ブレッドクラムメニューです。
ホーム
おもしろ森学
編集部のコレおすすめ
日帰り山さんぽ―ほぼ初心者向け! 0泊1日のワイルドな休日

おもしろ森学

編集部のコレおすすめ

森の本

一覧へ戻る

日帰り山さんぽ―ほぼ初心者向け! 0泊1日のワイルドな休日-

著者:散歩の達人テーマ版MOOK
出版社:交通新聞社
価格:定価 905円(838円+税)

amazonで買う

日帰り山さんぽ―ほぼ初心者向け! 0泊1日のワイルドな休日
 

私の森.jp編集部の「ここがオススメ!」

「これから山デビュー」という人にオススメ

まず表紙が楽しい。タイトルまわりの「ほぼ初心者向け!」「0泊1日のワイルドな休日」という言葉には笑ってしまうし、右上にずらっと並んだテーマの最初は「なんちゃってアルプス」。左下には「富士山が遠すぎるあなたにも……。」なんて国民の多くが思わずはっとするようなキャッチコピーがおどっている。何よりタイトルの「山さんぽ」がいい。山歩きの本はたくさんあるが、これは雑誌『散歩の達人』が編集した「山さんぽ」という切り口のムックなのだ。

ページをめくれば、大きくきれいな風景写真もたっぷりで、目に楽しい。ライターさん(そのほとんどは女性ライター)が自ら踏破したコースを臨場感たっぷりに紹介してくれるので、知らない山でも親しみを感じられてくる。アクセスやコース、歩行距離や時間、アクセスにかかる時間や交通費なども一目でわかりやすくまとめられていてデータブックとしても使いやすい。

気になる「なんちゃってアルプス」は、沼津、三浦、長瀞、鎌倉にある「〜アルプス」と名のつくコースを紹介したもので、他にも「富士山を眺める山」「ちょっぴり縦走気分」「小さな探検」など、ちょっと試してみたくなるようなうまいテーマ設定で25のコースと、番外編として日帰りは無理な北アルプス縦走まで取り上げられている。つまりこの一冊で高さ300メートル程度の山さんぽを楽しむ世界から、ちょっと上を目指して中級者向けの登山までカバーしているわけだ。

もちろんビギナー向けに装備や、山ごはんのつくり方、必需品の非常食も楽しんで選ぼうという提案、そして大切なリスクマネジメントのことまできちんと読みやすくまとめられているので、「これから山デビューしたいけど、どうしたらいいかわからない」という人にオススメ。身の回りにそんな人がいたらぜひ紹介してあげてください。

(編集部:たかしな)

里山ライフのごちそう帖

柳宗民の雑草ノオト

自然セラピーの科学 : 予防医学的効果の検証と解明

Woodcut

野生めぐり:列島神話の源流に触れる12の旅

山の名作読み歩き〜山の文章世界の道しるべ〜

樹木葬という選択: 緑の埋葬で森になる

新しいキャンプの教科書

森へ

ヨーロッパ文化とカラマツ

「身体」を忘れた日本人

造園植栽術

「音いろいろ」シリーズ CD癒しの森「戸隠の森」

月刊「たくさんのふしぎ」2015年4月号「いのちのひろがり」

Fielder vol.21 大特集:森の恵み

 

ページの先頭へ

グローバルメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
サポートメニューです。
私の森.jpについて
お問い合わせ
サイトマップ
コンテンツメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
私の森.jpの歩き方
あなたの森はどこ?
森のクイズ
私の森.jp 写真部
私の森ネットワーク
ポリシーメニューです。
サイトのご利用について
プライバシーポリシー