私の森.jp 森と暮らしと心をつなぐ

ブレッドクラムメニューです。
ホーム
おもしろ森学
編集部のコレおすすめ
ナマケモノのいる森で

おもしろ森学

編集部のコレおすすめ

森の本

一覧へ戻る

ナマケモノのいる森で

著者など:アヌック・ボワロベールとルイ・リゴー(しかけ)、
ソフィー・ストラディ(著)、松田 素子(翻訳)
出版社:アノニマ・スタジオ
価格:定価 2,376円(2,200円+税)

amazonで買う

ナマケモノのいる森で
 

私の森.jp編集部の「ここがオススメ!」

ずっと大切に、傍に置いておきたくなる絵本

表紙はもちろん、ページを開いた瞬間から、
イラストがかわいい!
ポップアップがかわいい!
ページいっぱいの緑色がきれい!

そして、主人公のナマケモノ。
うーん。どこにいるの?いないじゃないの?!
あ、こんなところにボンヤリぶら下がっている(笑)!

こちらに迫ってくるような森の木々や、
さえずりが聞こえてきそうな色とりどりの鳥たち。
脳内のマイナスイオンを全開に、次のページを開くと
真っ赤なショベルカーが現れ、何やら不穏な動き。

土地開発業者たちによる森林破壊が行われ、
ページをめくるごとに、緑色の面積が減っていき、
動物もいなくなり、やがてページは真っ白に・・・。

なんだか、これはどこかで聞いたことのある話に似ている。
このところニュースで耳にする里山荒廃と熊被害のことや
ツキノワグマ、ニホンカワウソ絶滅種指定のこととか。

物悲しくなって、次のページを開くと、
ひとりのヒトがやってきて、何もない大地の前で一言こう言います。
「ここに 森が あったらなぁ・・・」

ここから先の展開をここでお伝えしたくて
口がモゴモゴ動いて仕方ないですが、言いません。
どうか、本を開いて実際にご覧になってください。

人の森を想う気持ちと、ほんの少しの行動が
とても素敵な結果を作り出す力になるのだという
力強いメッセージが込められた本です。

(編集部:もりい)

里山ライフのごちそう帖

柳宗民の雑草ノオト

自然セラピーの科学 : 予防医学的効果の検証と解明

Woodcut

野生めぐり:列島神話の源流に触れる12の旅

山の名作読み歩き〜山の文章世界の道しるべ〜

樹木葬という選択: 緑の埋葬で森になる

新しいキャンプの教科書

森へ

ヨーロッパ文化とカラマツ

「身体」を忘れた日本人

造園植栽術

「音いろいろ」シリーズ CD癒しの森「戸隠の森」

月刊「たくさんのふしぎ」2015年4月号「いのちのひろがり」

Fielder vol.21 大特集:森の恵み

 

ページの先頭へ

グローバルメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
サポートメニューです。
私の森.jpについて
お問い合わせ
サイトマップ
コンテンツメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
私の森.jpの歩き方
あなたの森はどこ?
森のクイズ
私の森.jp 写真部
私の森ネットワーク
ポリシーメニューです。
サイトのご利用について
プライバシーポリシー