ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

今回は、愛知県・岐阜県の6箇所の水源地や、宮城県の被災地、内モンゴルなど、国内外で活動を展開している「NPO法人 どんぐりモンゴリ」をご紹介します。

どんぐりモンゴリでは、植樹を体験するだけでなく継続的に森に関わってもらうため、まず、参加する子どもたちやその親御さんへ向けて、どんぐりの森の生態系を学ぶ「どんぐり授業」を受けてもらいます。

そして各家庭や学校で、「マイどんぐり」から草に負けない大きさまで苗木を育ててもらい、それを地域の水源地に植えるという、森づくりの一連の活動に参加できる場を作っています。


どんぐりモンゴリ


〜 団体掲載ページより抜粋 〜

『どんぐりで東北の緑と生きものよみがえれ』
子供たちが手伝う東北復興支援 パートナー団体を募集中!


2011年の4月からは、その活動を支える東海地域の「どんぐりウォーカー」たちが、大震災の被災地となった東北の種子から苗木を育てており、2012年5月には宮城県の「千年希望の丘」試験植林に植樹するなど、子供たちが手伝う復興支援を精力的に行っています。

今後も、宮城県の岩沼市『千年希望の丘』、仙台市『いのちを守る森の防潮堤』、気仙沼市『海辺の森づくり』協議会、その他団体等から送られてくる種子を、愛・地球博記念公園(モリコロパーク)をはじめとして、愛知県、岐阜県、静岡県などの会員が分散育苗、管理し、1万本のポット苗木を育成していきます。樹種は、ドングリや、山桜、山栗、やぶ椿など様々です。


東北の優しい風景の復活を願って、被災地への想いを忘れることなく苗木を贈り続けていくという、子供たちと一緒に行う復興支援プロジェクト。今後、この支援活動を共に進めていく、幼稚園や学校、団体を広く募集しています。


▼私の森ネットワーク「NPO法人 どんぐりモンゴリ」団体詳細ページ▼
http://watashinomori.jp/networks/ntw_index?rm=detail&id=80


- - - - - - - -

首都圏を始め、関東地方の方の応援も出てきているそうですが、害虫や獣害、気象災害などを回避するためにも、東海地方だけでなく関東から東北にかけても広く募集中とのことです。活動に興味を持たれた方は、どうぞお問合せください。
(NPO法人 どんぐりモンゴリ TEL : 0561-61-3329)