ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

新着ニュース

建築資料研究社/建築思潮研究所『住宅建築』編集部主催「シリーズ  学びあう森と人。第1回  人新世の建築学―ウイルス・微生物・里山と―」が、Youtube Live(住建チャンネル)によるライブ配信で開催されます。

オークヴィレッジ創始者の稲本正さんと『すべては森から』著者の落合俊也さんの共通のテーマである「森と人」の関わり、そして、いま注目を集める「人新世(ひとしんせい)」というキーワードから、おふたりの最近の活動・研究をふまえ、これからの建築、ものづくり、里山保全などについてお話いただく内容となっております。
また、ファシリテーターは私の森.jp編集長の赤池円が務めます。

事前申し込みが必要ですが、会費は無料です。
みなさまのご参加をお待ちしております。


fb20210922.jpeg

シリーズ  学びあう森と人。
第1回  人新世の建築学
            ―ウイルス・微生物・里山と―
稲本正 ✕ 落合俊也
ファシリテーター/赤池円

■オンライントーク 2021年10月3日(日)13時~15時
◇無料(事前申込みが必要です)
◇Youtube 『住宅建築チャンネル』によるライブ配信
◇詳細・申込み・登壇者プロフィール https://manabiaumoritohito001.peatix.com/

----------

「人新世」とは?

いま、人新世(ひとしんせい)というワードが話題になっています。
これは地質時代における現代を含む区分を表すもので、
2000年から提唱されるようになりました。

三葉虫の化石で知られる「古生代」、恐竜たちが繁栄した「中生代」、
それに続く「新生代(古第三紀→新第三紀→第四紀)」。
新生代の第四紀はさらに二つに分けられ、
1万1700年前から現在までの温暖な時代を「完新世」と呼び
この時代、人類は爆発的に数を増やしました。

地球の地層はこれまで5回、隕石の衝突や氷河期によって生物の絶滅を記憶してきました。
そしていま、6回目の大量絶滅期を迎えようとしています。
その原因は人類の繁栄による可能性が高いとされ、
過去50年間で生物多様性が68%も減少しています(2020年9月WWFレポート)。
温暖化、大気・土壌汚染、乱開発、ウイルスによるパンデミックなど、
人類が及ぼす急激かつ重大な、生態系への影響を止めることができるかどうか、
その活動が記憶される地層時代、それが「人新世」です。

「人新世」のタイムスケールで現文明を振り返ると、
私たちの暮らし方が未来世代に何を残すのか、
その創造力を求め、学ぶことの大切さに気づくでしょう。

---------

「人新世」の里山保全

オークヴィレッジの創始者として知られる稲本正さんは、
人と森の本質的な関係について時間と空間、ジャンルを超えて探求され続けています。
近著『脳と森から学ぶ日本の未来―共生進化を考える』は、
covid-19によるパンデミックを切り口に、私たちの現在地点を改めて見つめ、
森と人の新たな共生をもって、未来を切り開こうとする福音の書です。
縄文時代を第一次木の文明、飛鳥~明治時代を第二次木の文明と位置づけ、
いまこそ第三次木の文明を築く時ではないか、と呼びかける稲本さん。
現在は八王子市で里山の保全を手掛けられています。
岐阜高山から始めた森の旅を、今東京の里山につないで活動する意味や狙いなど、
最新の活動も含めてお話しいただきます。

---------

建築の皮膚感覚と微生物

フォレスト・バウビオロギー を提唱し、究極の木造住宅を手掛けてきた落合俊也さん。
『住宅建築』のシリーズ「森と人と建築と」をまとめた
近著『すべては森から―住まいとウェルビーイングの新・基準』は、
森への深い考察と美しい写真が話題になっています。
表紙の帯に座る半裸の男性は、今夏急逝されたスリランカの著名なアーティスト、ラキ・セナナヤキ氏。
ラキさんの住宅は熱帯雨林にあり、森林に対して大きく開放されています。
森の生態系に開き、肌を晒すことにはどんな意味があるのでしょうか。
フォレスト・バウビオロギーは、バウビオロギー(建築生物学)と森林医学を組み合わせた造語。
第三の皮膚といわれる建築に求められる、内部環境を守るだけではない役割とは何か。
建築と微生物環境における最新の研究について伺います。

---------

詳細・申込・登壇者プロフィールはこちらから
https://manabiaumoritohito001.peatix.com/

開催日時:2021年10月3日(日)13:00~15:00
会  場:オンライン Youtube Live(住建チャンネル)によるライブ配信(詳細は後日お知らせいたします。)
定  員:500名
参加費用:無料
運営協力:建築資料研究社/建築思潮研究所『住宅建築』編集部
お問合せ:info(アットマーク)jyuken.site
     ※(アットマーク)は、@に変更ください。

○『すべては森から―住まいとウェルビーイングの新・基準』をはじめ、
落合氏の連載が掲載されている隔月刊『住宅建築』を含む、
建築資料研究社発行の雑誌書籍を期間限定の特別価格にて販売致します。
詳細はお申込み後に随時ご案内させていただきます。

皆さまのご参加をお待ちしております。


私の森.jpのFacebookとTwitterで配信している最近のニュースをまとめました。


[STAFF]森と人とのこれからの関わり方を本気で考える官民連携の実践型スクール「INA VALLEY FOREST COLLEGE」、第2期生を募集中!地域で生業を作りたい人を対象に、業界を越境した森のオープンイノベーションを目指す。参加費無料、9/30締切。詳細・申込みは→ ow.ly/ijvj30rTmwt

[STAFF]フキノトウ(日本原産)の苦み成分「ペタシン」ががん細胞の増殖と転移を抑制することを岐阜大大学院の創薬研究グループが発見。既存の阻害剤の1700倍の効果とのこと。春の山菜としておなじみのフキノトウにそんな力が秘められていたとは驚き!岐阜新聞→ ow.ly/DbA650G59GG

[STAFF]「水の保全活動は単に、樹木を植えればいい、間伐すればいいということではありません。人間が良かれと思ってやったことが、環境の変化によってマイナスに作用することもあります」の言葉がずしり。地下水の保全にとりくむ実績に説得力を感じます。SankeiBiz→ ow.ly/2XOF50G4eEu

[STAFF]東京都・有明体操競技場、岩手県・大槌町文化交流センター「おしゃっち」、千葉県・新柏クリニックは、専門家が選んだ、街や人と調和する現代の美しい木造建築ランキングのトップ3。屋久島町庁舎、認定こども園ミライズそらなど4位以下もオススメ。モノ・フラッシュ→ ow.ly/NM6850G4exS

[STAFF]軽井沢・離山に生息する香り高き木々の食用化を試みる食品ブランド「木(食)人」が、第1弾として香木を用いたノンアルコールドリンクを発売。軽井沢で採れる香木のお味はいかが? 試してみたいですね。FASHIONSNAP.COM→ ow.ly/gOwa30rT9bL

[STAFF]「木造人工衛星⁈ スチームパンクみたいなレトロフューチャーSF?」と思ったら、2023年打ち上げ目標のれっきとしたプロジェクトでした。電磁波・磁気波は木材を透過するのでアンテナ等を衛星内部に設置できるといった解説を読むと「なるほど!」です。AGARA→ ow.ly/LHr950G4evO

[STAFF]三重県多気町の山の中に7月オープンした複合リゾート施設〈VISON〉は、本草、木育、農園など9つのエリアを擁し、東京ドーム24個分の規模は日本最大級。建ち並ぶ木造建築は伊勢神宮の式年遷宮をモデルに20年に1度のサイクルで建て替えるというのも心憎い。Casa Brutus→ ow.ly/h6rz50FYino

[STAFF]チケットが予約される度に50ペンスを植樹基金に寄付。イギリスの予約サイト「Trainhugger」が始めた取り組みは、利用者に特別な負担はなく、植樹に協力できるというもの。近々公開のアプリで植樹の場所や成長の様子などを確認できるのもいい。IDEAS FOR GOOD→ ow.ly/3Dep50FYicB

[STAFF]コマツが、自社としては初めて脱炭素を実現した林業機械の新工場をスウェーデンで稼働。工場の屋根には約1万9000平方メートルの太陽光パネルを設置したほか、暖房設備には地熱を活用。日本国内でもこういうニュースを聞きたいですね。日本経済新聞→ ow.ly/sAmr50FYhNP

[STAFF]環境先進国、イノベーションの発信地としてよく知られるフィンランド。脱プラスチックにつながる、森林由来のパルプを主原料とした「代替素材開発」もその一つ。フィンランドではなぜ続々と実現できるのか、興味深いインタビューです。BUSINESS INSIDER→ ow.ly/Ry1K50FXxMI

[STAFF]全国的に森林荒廃の一因として問題になっている放置竹林。伐採だけでなく食べて解決する動きが各地にありますが、宮崎県延岡市では、米、パンだけでなく、なんとパスタやアイスにも合うご当地メンマを開発。都市部の人が反応したというのも嬉しい話。東洋経済ONLINE→ ow.ly/QUQZ50FXxMV


フォローはこちらから!■Facebook  https://www.facebook.com/watashinomori.jp
■Twitter      https://twitter.com/watashinomorijp

Instagramもやってます。■Instagram  https://www.instagram.com/watashinomori.jp/


JUON NETWORKさんから森林の楽校のご案内が届きました。
京都駅からもアクセスのよい亀岡市で、日帰りで間伐等の森林整備作業を行います


【森林作業体験】キノコの森 森林の楽校2021

wm210908.jpg

【と き】 2021年11月21日(日) 日帰り
【ところ】 京都府 亀岡市 宮前町(みやざきちょう)神前(こうざき)
【内 容】 
◇森林作業体験
◇交流会
【定 員】 10名
【締 切】 11月12日(金)
      ※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。
【費 用】一般2,000円
※当日のご入会でも会員割引が適用されます。
※千代川駅までまでの交通費は各自ご負担下さい。

■ 詳しくはこちら
https://blog.canpan.info/juon/archive/635

■ イベントに関する問合せ先
Tel: 03-5307-1102 Fax: 03-5307-1091
E-mail: juon-office@univcoop.or.jp
http://juon.or.jp/


JUON NETWORKさんより、埼玉県神川町で行う森林作業体験のご案内が届きました。

森林作業体験の指導や交流会に、地元の方にも来ていただけるそうです。ぜひご参加ください。


神の泉 森林の学校2021秋

001_592-9.jpeg

都心に近い山村、埼玉県神川町で、首都圏の水源地を育む森で日帰りの森林体験。季節の移ろいを感じに出かけませんか? 作業の後は、地元の方との交流会とお風呂あり。「神の泉 森林の楽校(もりのがっこう)」の名前の由来となった湧き水、神泉水から作られた 自然食品の製造・販売店(ヤマキ醸造)にも立ち寄ります。

※新宿から現地への送迎バスがあります。(新宿駅西口に7:00集合)

【と き】 2021年11月13日(土)
【ところ】 埼玉県児玉郡神川町(旧神泉村)
【内 容】
 ◇森林作業体験
 ◇交流会
  ※森林作業体験の指導や交流会に、地元の方にも来ていただきます。
 ◇ヒノキ香る宿「冬桜の宿 神泉」での入浴(希望者)
  ※露天風呂もあります。
【定 員】 30名
【締 切】 11月5日(金)
      ※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。
【主 催】 神川町、JUON NETWORK
【費 用】
◇参加費(資料代、保険料、体験料等)
  学生・会員: 2,000円/一般: 3,000円
  ※当日のご入会でも会員割引が適用されます。

 *キャンセルの場合、3日前からキャンセル料がかかります。
  3日前から:50%
  当日:100%
  キャンセル料は、別途請求させていただきます。

 ◇入浴希望の場合: 540円
  ※森林の楽校参加者は当日、上記入浴料から110円引きして貰えます。
 ◇新宿発バスの利用
  無料(主催者側で負担するため)
 ◇それ以外の手段で来られる方は、現地までの交通費は各自ご負担下さい。
【日 程】
 ※多少の雨でも実施しますが、内容が変わることがあります。
 ◆11/13(土)
 7:00 新宿駅西口に集合
      (現地に直接来られる場合:神川町神泉総合支所 9:30集合)
10:00 開校式
10:30 森林作業体験(西神山森林公園にて、草刈り・除伐等)
12:00 昼食
13:00 森林作業体験(西神山森林公園にて、草刈り・除伐等)
14:00 閉校式
14:20「冬桜の宿」で入浴 ※希望者のみ
15:20 冬桜見学
16:00 お土産屋立ち寄り(ヤマキ醸造)
19:00 新宿駅西口にて解散
      (現地解散の場合: 神川町神泉総合支所にて16:45頃解散)
      ※道路状況により遅れる場合がございます。
【神泉総合支所へ路線バスでのアクセス】
 JR高崎線「本庄駅南口」より、朝日自動車(バス)にて約50分(671円)
 《往路》神泉総合支所行き 8:40発→(神泉総合支所行)→終点下車
 《復路》神泉総合支所17:00発→(本庄駅南口行)→終点下車
 ※あくまで参考例です。当日までに変更になる可能性もあります。
   今一度各自でご確認の上、ご計画ください。
【その他】
▼よくある質問
 「どんな作業をするの?」「体力に自信がない」「持ち物は?」などなど、
 森林の楽校に関するよくあるお問い合わせを、まとめました。
 http://juon.or.jp/activity/activity_58.html

■ 詳しくはこちら
https://blog.canpan.info/juon/archive/632

■ イベントに関する問合せ先
認定特定非営利活動法人JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
〒166-8532 東京都杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館内
Tel: 03-5307-1102/Fax: 03-5307-1091
E-mail: juon-office@univcoop.or.jp
http://juon.or.jp


JUON NETWORKさんから森林の楽校のご案内が届きました。
岐阜にある廃校になった小学校を改装した「ラーニングアーバー横蔵」を拠点に、周辺の森づくりを行ないます。

お近くの方など、ぜひこの機会に参加をご検討ください。


wm20210901.jpg

【と き】 2021年11月6日(土)~7日(日) 日帰り・1泊2日
【ところ】 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲・横蔵地区
【内 容】 森づくり体験(間伐、枝打ち等)
【定 員】 30名
【締 切】 10月29日(金)
      ※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。
【費 用】一般: 9,000円+α 1泊2日の場合

■ 詳細はこちら
https://blog.canpan.info/juon/archive/630

■ イベントに関する問合せ先

認定NPO法人 JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
〒166-8532 杉並区和田3-30-22
TEL:03-5307-1102/FAX:03-5307-1091
E-mail:juon-office@univcoop.or.jp
WEB:http://juon.or.jp/