ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

新着ニュース

建築資料研究社/建築思潮研究所『住宅建築』編集部主催「シリーズ  学びあう森と人。第2回  森と建築、嘘と本当」が、Youtube Live(住建チャンネル)によるライブ配信で開催されます。

前林野庁長官 本郷浩二さんとオークヴィレッジ創始者の稲本正さんと『すべては森から』著者の落合俊也さんが、森林のカスケード利用を念頭に置きながら、森と建築のリアルな未来像などについてお話いただく内容となっております。
また、ファシリテーターは私の森.jp編集長の赤池円が務めます。

事前申し込みが必要ですが、会費は無料です。
みなさまのご参加をお待ちしております。


92dc083a5775920699e79b801832bd34-1536x751.jpg

シリーズ  学びあう森と人。
第2回  森と建築、嘘と本当
講師:本郷浩二 ✕ 稲本正 ✕ 落合俊也
ファシリテーター:赤池円

概要

■日時: 2021年12月19日(日)14:00~16:00
■会場:Youtube Live(住建チャンネル)によるライブ配信(詳細は後日お知らせいたします。)
■会費:無料(事前申込みが必要です)
■定員:500名
■申込方法: https://manabiaumoritohito002.peatix.com/view

----------

森と建築、嘘と本当

森林と建築をめぐる「常識」にはさまざまな思い込みや嘘が紛れ込んでいる。だから林業と建築の間でコミュニケーションに溝が出来て、それが課題解決を難しくする。森づくりと環境問題の関係も同様である。

木材価格や建築の価格が本当はどのように決まっているのか?
下草刈りや間伐など地上の森林を整備することは、どれほど災害を防ぎ、CO2の吸収につながるのか?
「快適な住居環境」といわれる環境は、本当に人を快適にし、健康の維持につながっているのか?
CLTによる都市の木造化の先に構築される未来像とは?
伝統工法回帰の目指す真の意義とは?

私たちは、本当にどこまで森林や建築を理解しているのだろうか。
多くの人びとは、「森林資源豊かな日本」「木造文化の日本」をイメージとして固定し、実際にはどんな森林や建築であるのか、私たちの文明・産業とどんな関わりを持っているのか、またどんな可能性があるのか、今の森林と建築の姿を見ようともせず、現状を維持できていると思いこむ癖を、どこかでつけてしまってはいないか。

シリーズ・学び合う森と人。の第2回は、「森と建築、嘘と本当」と題して、前林野庁長官本郷浩二さんをお迎えして、このことについて深く考え、森林のカスケード利用を念頭に置きながら、森と建築のリアルな未来像を探ってみようと思います。

---------

詳細・申込・登壇者プロフィールはこちらからhttps://jyuken.site/event/mori-hito02/

運営協力:建築資料研究社/建築思潮研究所『住宅建築』編集部

お問合せ:info(アットマーク)jyuken.site
     ※(アットマーク)は、@に変更ください。


私の森.jpのFacebookとTwitterで配信している最近のニュースをまとめました。


[News]第7回「ウッドデザイン賞2021」の上位賞25点が決定。最優秀賞は「URASHIMA VILLAGE」。「エコプロ2021」(12/8~10)にて展示されます。12/8には日本ウッドデザイン協会も設立とのころで情報がもりだくさん! ユニバーサルデザイン総合研究所のプレスリリース→ http://ow.ly/lsbe50GY46u

[STAFF]森林環境下でのリモートワークはワーカーの生産性を高める可能性があるという実証実験結果のレポート。作業成績が5.3%高まるなど、医療専門家と協力して見出したエビデンスは、健康経営に取り組む企業にとって参考になるかも。BeyondHealth→ http://ow.ly/1bXp30s1HeU

[News]国連フォレスト・ヒーローズ受賞の畠山重篤さんの唱えた「森は海の恋人」を科学的に実証。流域の森林面積率が河口域の絶滅危惧魚種の保全に最も重要な要因であることが示唆されたとのこと。興味深いです!大学ジャーナルONLINE→ http://ow.ly/LeXv50GRANt

[News]建設現場で出た廃材を、SNSを通じて一般消費者に無償で提供する「残材BANK」。コロナ禍、おうち時間の過ごし方として空前のDIY人気を受けて開始したところ、テスト運用は初日に締め切るなど好評とのこと。興味深い取り組みです。楓工務店のプレスリリース→ http://ow.ly/RHnU50GRAIa

[News]炭を入れるだけで水道水を手軽においしく飲める「SUMITCH(スミッチ)」は、ペットボトル使用量の削減、CO2削減、木材の有効利用と森林循環に貢献。日本唯一の内閣総理大臣賞受賞の製炭技師、岩手県産ナラ炭など気になるキーワードも。クジラテラスのプレスリリース→ http://ow.ly/qYfB50GPgmO

[News]令和3年度木材利用優良施設コンクールにて「内閣総理大臣賞」を受賞した岡山県西粟倉村「あわくら会館」。木部の仕上げに採用された塗料は天然のアマニ油が原料で、木の呼吸を妨げず、"世界最高レベル"の安全性とのこと。イケダコーポレーションのプレスリリース→ http://ow.ly/28sK50GPfRs

[STAFF]FSCジャパンが主催する無料オンラインセミナー(責任ある森林管理のための勉強会)第3回「山梨県とセブン&アイ・フードシステムズによるFSC認証材の活用事例」が12/3(金)開催されます。詳細・お申し込みは→http://ow.ly/cOuG30s0C4q

[STAFF]解体された古い建築物に使用されていた古い材木。これら100年以上前の伐採時点で樹齢200~300年だったとされる老齢木を回収して、500年前の気候データを調べる取り組みがNY市で進んでいるそう。目のつけどころがすごい!NATIONAL GEOGRAPHIC→http://ow.ly/bPzF30s0C4l

[STAFF]銀座の中心に森をつくるとのコンセプトで開発された東京・銀座8丁目の耐火木造12階建て商業ビル、基本デザインは隈研吾事務所が担当、木造架構と鉄骨フレームのハイブリッド構造で11/12に完成したそう。銀座の森を見に行こうか。JPubb→http://ow.ly/2GTN30s0C4i


フォローはこちらから!■Facebook  https://www.facebook.com/watashinomori.jp
■Twitter      https://twitter.com/watashinomorijp

Instagramもやってます。■Instagram  https://www.instagram.com/watashinomori.jp/


NPO法人 里山倶楽部さんより、連続講座のご案内が届きました。前回のSDGs生きもの編に続き、今回はSDGs里山文化編となります。


里山と暮らす応援講座 SDGs里山文化編 ~生物多様性ゆたかな里山の自然環境を、未来へ届けよう~

wm20211122.jpg

この講座では、里山環境における産業や文化を通し、"Transforming our world( world(...私たちの世界 ))"を 自分事として捉え、里山保全活動から取り組んでい ける持続可能な未来の糸口を手繰り寄せていきます。

●12月12日(日) 
「流域と暮らし/源流から観る 命のつながり」大気・水・土壌、川上から川下へ。責任ある選択で、エシカル消費や、自然と調和したライフスタイルに意識を持とう!
*講 師:木村全邦さん(森と水の源流館)
*ゲスト 山口進さん(パナソニック エコリレー ジャパン)

●12月26日(日) 
「流域と暮らし/源流から観る 命のつながり」大気・水・土壌、川上から川下へ。責任ある選択で、エシカル消費や、自然と調和したライフスタイルに意識を持とう!
*講 師:木村全邦さん(森と水の源流館)
*ゲスト 山口進さん(パナソニック エコリレー ジャパン)

●1月16日(日) 
「 里山農業と暮らし/棚田保全、地産地消、食の保存、etc.」
健康な身体と命をつなぐ、暮らしの基本は食べること。風土に根差す持続可能な農業とは?里山を食べよう!
*講 師:谷口正輝さん(里山倶楽部理事)
*ゲスト:森口竜也さん(河南町総合政策部 秘書企画課)
*ミニ WS: 援農 と郷土食

●2月13日(日)
「 里山林業と暮らし/持続可能な森創りと クリーンエネルギー」
山や森の持つ働きと、暮らしと共にある林業、理想の森創りについて考えます。
*講 師:上須重一さん(里山倶楽部理事)
*ゲスト:松山 充さん(大和森林管理協会)
*ミニ WS: 薪づくりなど

<受講料> 里山文化編 全4回通し 12,000円 / 1回受講 3,500円
      ※全回通し受講の方を優先します。

<時間> 集合 9:30 ~ 終了 16:30

<場所> 河南町中央公民館 および里山フィールド
     (大阪府南河内郡河南町)
    (近鉄長野線「富田林」駅よりバス。または自家用車)

<お申込み>
NPO法人 里山倶楽部 事務局
 TEL/072-333-0309 E-Mail/sasayuri@satoyamaclub.org
下記の (1)~(9)を記載の上、「Eメール」でお申込みください。
(1) 氏名(ふりがな)
(2) 年齢
(3) 性別
(4) 連絡先 (電話番号、メールアドレス)
(5) ご住所
(6) 受講希望日:全回通し/または各回参加 (受講希望日)
(7) 当日の交通(電車&バス、自家用車など)
(8) 講座を知った媒体
(9) 応募の動機

■ 詳しくはこちら
http://satoyamaclub.org/9970

■参考資料(PDF):里山と暮らす応援講座2021秋チラシ(PDF)

■ イベントに関する問合せ先
NPO法人 里山倶楽部 事務局
TEL/072-333-0309
E-Mail/sasayuri@satoyamaclub.org


JUON NETWORKさんから援農体験のご案内が届きました。

三重県南伊勢町で、農家さんと交流しながら、みかん栽培のお手伝いを行います。初心者大歓迎とのことです。


001_605-9.jpg

伊勢神宮より広がる豊かな森林と、リアス海岸を望む三重県南伊勢町。農林業と漁業が共に栄え、自然に恵まれたこの地域では、温暖な気候を利用して、様々な種類のみかんが栽培されています。農家さんと交流をしながら、みかん栽培のお手伝いをしてみませんか?初心者大歓迎です!

【日程および主な内容】
12月12日(日)収穫 日帰り 

【参加費】
当日現金でのお支払いになります。
一般: 2,500円 / 会員・学生: 1,500円
(お弁当代、資料代、保険代等)

◯当日のご入会でも割引が適用されます。
*キャンセルの場合、3日前からキャンセル料がかかります。
 3日前から:50%
 当日:100%
 キャンセル料は、別途請求させていただきます。

【ところ】 三重県度会郡南伊勢町

【内 容】 みかん畑の農作業体験・地元の方との交流
  ※雨天時は他の農作業のお手伝い等を考えています。

【定 員】 各回10名

【締 切】 各回開催初日一週間前の金曜日まで

【主 催】 南伊勢町(https://www.town.minamiise.lg.jp
      JUON NETWORK(http://juon.or.jp)

【集合場所】 近畿日本鉄道「宇治山田駅」

【日 程】※内容は変更になることがあります
 10:00 「宇治山田駅」集合、送迎車で現地へ移動
 10:40 開校式
 11:00 農作業体験
 12:30 昼食
 13:00 農作業体験
 14:30 作業終了、閉校式
 15:40 「宇治山田駅」解散 (希望者には伊勢神宮まで送迎)

■ 詳しくはこちら
https://blog.canpan.info/juon/archive/603

■ イベントに関する問合せ先
認定NPO法人 JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
〒166-8532 杉並区和田3-30-22
TEL:03-5307-1102/FAX:03-5307-1091
E-mail:juon-office@univcoop.or.jp
WEB:http://juon.or.jp/


私の森.jpのFacebookとTwitterで配信している最近のニュースをまとめました。


[STAFF]東京・多摩産材を使った箸づくりをはじめ、苗木の配布、収穫体験、オンライン料理教室などさまざまなイベントが楽しめる「東京農林水産フェア」。12/28まで開催中です。詳しくは→ow.ly/p5Mf30s01oI

[STAFF]富士山麓の森林整備、伐採作業で出るスギやヒノキの葉っぱや森の実で「クリスマスリース」をつくろうというプロジェクト。一緒にリースをつくりながら子どもたちに森の大切さを伝えられたら良いですね。All About NEWS→ow.ly/yxHe30s01oH

[STAFF]全国各地にある名木のいわれや伝承を集めた「名木伝承データベース」サイトがオープン!世界にひとつだけの桜、源頼朝が妻の安産を祈願した杉、老翁に守られたご神木・・銘木巡礼バーチャルツアーの気分が楽しめます。→ow.ly/UOZw30s01oF

[STAFF]紅葉シーズン到来!こちらの記事ではモミジ以外で美しく色づく10種の樹木が紹介されています。散策のヒントに♪ ウェザーニュース→ ow.ly/ATWr30rZUCF

[News]里山の広葉樹を使った無垢の天板と丸脚を組み合わせ、住まいやオフィスにフィットする形を自由につくれる家具「DONGURI FURNITURE」。樹種は伊那谷の里山にあるコナラ、ミズナラ、クリ、クルミなどを使用。森とつながる暮らしが始まる!やまとわのプレスリリース→ ow.ly/Jub350GBHOU

[News]木製ジオデシックドームをセルフビルド⁈  ドームを自分で組み立てたい、という声に応えて生まれたのがこのオリジナルジョイントパーツ。骨組みは自作しても購入してもよく、大人2人で1時間ほどで組立可能とのこと。うーん、気になる!プランエイチのプレスリリース→ ow.ly/RCZu50GBHFJ

[News]日本初の森林総合教育の出前プロジェクト「morino de van(森の出番)」開始。幼稚園や小中学校等対象に、プログラムは、遊び、アート、チームビルディング、火起こし体験、触れる森の博物館など多彩(岐阜県立森林文化アカデミーと連携)。住友林業のプレスリリース→ ow.ly/i5Ph50GBGkF

[News]社有林「アサヒの森」で、早生樹「コウヨウザン」を育林する「低コスト再造林プロジェクト」の実証実験開始。スギの約2倍の速さで成長する樹種で、伐採までの期間を短縮し、しかも作業も削減するというもの。要注目。アサヒグループホールディングスのプレスリリース→ ow.ly/QyjI50GB3wl

[STAFF]大工の手加工技術「手刻み」の保存と継承を目指す「手刻み同好会」が、11/6(土)・7(日)の2日間、奈良県吉野町で、手刻み技術の披露や有名建築家を招いたトークイベント、関係者の交流などのイベントを開催!詳しくはPR TIMES→ow.ly/mwy730rYpht


フォローはこちらから!■Facebook  https://www.facebook.com/watashinomori.jp
■Twitter      https://twitter.com/watashinomorijp

Instagramもやってます。■Instagram  https://www.instagram.com/watashinomori.jp/