ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

新着ニュース

一般社団法人 Silvaさんから植樹祭の案内が届きました。場所は湘南国際村めぐりの森。事前申込み(5/1まで)が必要となりますので、お早めにお申し込みください。


2021/5/9 第20回 湘南国際村めぐりの森 植樹祭 ~22世紀に引き継ぐ都市近郊の森づくりの始まりに~

wm210331.jpg

※詳細は関連リンクよりSilvaホームページ上にて、または公式チラシをダウンロードいただき、ご確認ください。

2019/5/12 第16回 湘南国際村めぐりの森 植樹祭
~22世紀に引き継ぐ都市近郊の森づくりの始まりに~

■開催日時■
2021年5月9日(日)開催
 受付開始 9時30分~ 
 開会式・植樹 10時15分~12時15分
※雨天決行
※中止の場合(警報・荒天のみ)、SilvaHP上で5月9日当日の午前6時に発表いたします。

■会場■
神奈川県横須賀市湘南国際村めぐりの森
※会場には仮設トイレが設置されます。

■アクセス■
◎公共機関でご来場される方へ
★JR逗子駅前発 京急バス1番乗り場より 「湘南国際村センター」行きバスに乗車
「湘南国際村センター前」終点下車 (約30分、片道340円)
★京急バス1番乗り場より 「湘南国際村センター」行きバスに乗車
「湘南国際村センター前」終点下車 (約30分、片道340円)
★京急汐入駅
京急バス2番乗り場より 「湘南国際村」行きバスに乗車
「湘南国際村センター前」終点下車 (約30分、片道370円)
※下車後はホームページに掲載されている地図の通り、バス進行方向へ直進しめぐりの森入口へ
※詳しいバスの運行時間はコチラより検索してください。↓
https://timetablenavi.keikyu-bus.co.jp/dia/timetable/web/51349/?date=20190907

◎お車でご来場される方は、湘南国際村駐車場をご利用ください。但し、駐車台数に限りがあります。出来るだけ乗合いご来場ください。

ご参加の方へのお願い
<実施に当たりコロナ感染予防対策にご協力ください>

  • 参加資格は野外活動に健康上支障なく、当日の自宅での検温が37 度未満の方とします。
  • 開催当日は会場でも参加者の検温を行います。検温が37度以上の場合は、参加をご遠慮ください。
  • ●幼児~高校生までは原則、保護者同伴の上、保護者が監督の下、感染予防と怪我等にご注意ください。
  • 開会式は中止とします。※主催~協力団体等の名称は植樹地入り口へ横断幕を掲げます。
  • 参加者の検温終了後、20 名毎に随時、植樹作業を実施し、時間差をつくり三蜜を避けます。
  • 野外作業ですが、移動時・作業時共にマスク・軍手着用をし、三密を避け感染予防お願いします。
  • 密集して作業せず、人と人の作業間隔を可能な限り1~2m以上空けてください。
  • 作業実施によるリスクは、参加団体がそれぞれ管理・対応をお願いします。
  • 感染予防策を万全にする為、成人が20 名揃った時点で植樹作業へお入りいただきます。
  • 上記に伴い団体エントリーの場合も班分けで離れてしまう場合もご理解・ご協力ください。
  • 幼児~小学生は人数制限にカウント致しません。お子様と一緒にご家族でエントリーください。


主催者である協働参加型めぐりの森づくり推進会議 混植・密植 方式植樹 推進グループ 非営利型一般社団法人 Silva(シルワ)は神奈川県が掲げる感染予防策取組書の登録団体です。
県の定める予防策を順守の上、開催致します。
ご参加の皆さまにもご協力を宜しくお願い申し上げます。

■参加賞■
検温にご協力下さった皆さまへ(社)Silvaより、神奈川県相模原市緑区藤野地区の経済林を支援する「木札」をプレゼント!
植樹した記念にメッセージをお付けください。
また、参加者全員に(公社)国土緑化推進機構より、熱中症予防に冷えピタシートをプレゼントします(ハード)

■参加者資格■
上記の「ご参加の方へのお願い」をクリアの上、当日の参加条件を順守出来る方。

■お申し込み方法■ 参加申込みフォームはコチラ↓
第20回 湘南国際村めぐりの森 植樹祭申し込みフォーム

■申し込み締め切り■
5月1日土曜日
※定員200名になり次第、締め切らせていただきます。

■服装■
動きやすく汚れても良い服装、帽子、軍手、マスク
※虫さされ、かぶれ予防に黒い服は避けて、長袖、長ズボンがおすすめです。
※雨天の場合は、カッパ等の雨具をご持参ください。
※植樹地の中に手荷物やリュックサックを持ち込みますと勾配のある法面では衝突時に危険な為、手荷物は植樹地に入る前に置いていただき、両手が使える状態でお入りいただきます。その為、貴重品はポケットなど身に付けられる様にご配慮ください。

■主 催■
協働参加型めぐりの森づくり推進会議 混植・密植 方式植樹 推進グループ
非営利型一般社団法人 Silva(シルワ)

■後 援■
環境省関東地方環境事務所
神奈川県
横須賀市
逗子市
葉山町
神奈川県教育委員会
横須賀市教育委員会
逗子市教育委員会
葉山町教育委員会

■協 賛■
東京海上ミレア少額短期保険株式会社

~以下3 社 非営利型一般社団法人Si lva(シルワ)を通じて~
公益社団法人国土緑化推進機構(緑の募金を通じて)
三機工業株式会社
パタゴニア日本支社(パタゴニア環境助成金を通じて)

■協力団体■
東京海上ミレア少額短期保険株式会社
公益財団法人鎮守の森プロジェクト
国際ソロプチミスト横須賀
三井住友海上火災保険株式会社
ゆにぞんスマイルクラブ
横浜ゴム株式会社 平塚製造所

~以下、11 団体 非営利型一般社団法人 Silva(シルワ)を通じて~
特定非営利活動法人エコメッセ世田谷・目黒
株式会社コンフォートジャパン
Three Tree Project 基金
東急建設 株式会社
株式会社パーク・コーポレーション
パタゴニア有志一同
葉山ボランティア
宮崎雅大税理士事務所
横浜ゴム株式会社 茨城工場
ヨコハマモールド株式会社
Silva ボランティア隊

~以下、 5 社 進和学園いのちの森づくり友の会を通して~
株式会社サン・ライフ
三機工業株式会社
大樹生命保険株式会社
本田技研工業株式会社
株式会社ホンダロジスティクス


■運営団体■
混植・密植方式植樹推進グループ

グループ長:非営利型一般社団法人 Silva(シルワ)
株式会社大川印刷
特定非営利型活動法人漢方環境安全対策普及協会(古川園芸)
国際ソロプチミスト横須賀
株式会社研進
特定非営利型活動法人グリーンパワーファクトリー
社会福祉法人湘南の凪えいむ
社会福祉法人進和学園
株式会社テレビ神奈川

■関連ページ
第20回 湘南国際村めぐりの森植樹祭の参加者募集のご案内!!

■資料(PDF)
第20回湘南国際村めぐりの森 植樹祭チラシ(PDF)

■イベントに関する問合せ先
info@silva.or.jp
混植・密植植樹方式推進グループ長 非営利型一般社団法人Silva宛
TEL:045-877-0878


JUON NETWORKさんから田畑の楽校のご案内が届きました。
山梨で、援農ボランティア体験イベントを行ないます。
新型コロナウイルス感染症の感染に警戒する必要があることから、日帰り開催となるそうです。参加される方は感染防止対策のご協力をお願いいたします。


5月22日(土)【房作り、巻づる取りなど】ぶどうの丘 田畑の楽校

wm202010326.jpg

場 所】山梨県山梨市牧丘

【定 員】15名程度

【締 切】5月14日金曜日
※締切日を過ぎてのお申込みはご相談下さい。

【内 容】農作業など (初めての方にお勧めです。)

【参加費】一般:1,500円 / 学生・JUON会員:1,000円
※施設使用代、保険代ほか
※キャンセルが前日・当日の場合、キャンセル料が発生いたします。
※現地までの交通費はご負担下さい。
※当日の昼食は、お持ちください。
※集会所の掃除などは参加者で行いますので、ご協力下さい。
※着替え等は地域の集会所を使用します。
※ボランティア保険は、参加者全体のイベント保険を掛けています。

【主 催】
JUON NETWORK

【協 力】
沢登農園(https://www.facebook.com/sawanoborinouen/

【日 程】《内容はあくまで予定です》
※多少の雨でも実施します。天候や生育状態によって、若干内容も変わります。

10:00 JR塩山駅集合・車で澤登農園へ移動
      休憩施設へ到着後身支度 農園へ移動

11:00 開校式 ぶどう農園での作業

12:00 昼食・自己紹介 ※お弁当持参
      ☆初参加の方は「ぶどうの丘 田畑の楽校」のレクチャーあり

13:00 ぶどう農園での作業

16:30 作業終了 閉校式 身支度、片付けなど

17:00 解散 JR塩山駅塩山駅塩山駅まで送迎

お申し込みはこちら
「ぶどうの丘 田畑の楽校」申込フォーム

詳細はこちら
https://blog.canpan.info/juon/archive/601

■イベントに関する問合せ先
認定特定非営利活動法人JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
〒166-8532 杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館内
Tel: 03-5307-1102 Fax: 03-5307-1091
E-mail: juon-office@univcoop.or.jp


一般社団法人Silvaさんより、チャリティ野外講座のご案内が届きました。4人の専門家が自然をご案内する贅沢な内容の講座です。ぜひご参加ください。


~気候変動について考える~「地球と未来を救う太古の森の復元」

wm210322.jpeg

地球と未来を救う太古の森の復元をタイトルにチャリティ野外講座を開催します♪
2030年まで後10年、地球について考えませんか? 4月11日(日)に湘南国際村めぐりの森で4人の専門家が自然をご案内する贅沢なチャリティ野外講座を開催します。
三浦半島の中心に位置する水源林「湘南国際村めぐりの森」の動植物を博士達と一緒に観察して頂きながら、 400年の樹齢のタブノキや11年間6万本の植樹をして森が再生されている小さな森を散策いただきます。
同時に異常気象が慣例化する地球の気候変動への直接的な緩和策となる「太古の森」の復元、 その機能と役割の基本となる植物生態系について、様々な側面から専門家が紐解き学んでいただきます。
また、参加費はご寄付としてお預かりし、森を再生する為の資金を募るチャリティ開催となります。

【先着20名様】

【申込み方法】
添付のリンクより、詳細をご確認の上、お申し込みください。 春の息吹をご一緒に堪能しましょう。 皆さんのご参加をお待ちしております。

<開催概要>
日程:2021年4月11日(日) 
時間:受付13:00
   講座&フィールドワーク13:15~16:30

場所:神奈川県横須賀市湘南国際村めぐりの森
お車の場合:無料の仮設駐車場あり
交通機関:JR逗子駅前発 京急バス1番乗り場より「湘南国際村センター」行きバスに乗車「湘南国際村センター前」終点下車(約30分)

当日の服装:汚れても良い服装・動きやすい靴・防寒着・帽子
※かぶれや怪我防止に原則として長袖・長ズボン着用

当日の持ち物:飲み物・軍手・マスク・タオル・レジャーシート
※三密回避・感染予防にご協力ください。
天候について:雨天中止とさせていただきます。前日の天気予報から判断し、お申し込み時にご登録のメールアドレスにご連絡差し上げます。

参加費(チャリティ):3,000円
※今回、チャリティイベントとして参加費は森づくりの為の森基金へご寄附いただきます。植樹1本分の費用となります。 一般3,000円を以下のシテコベ申込みフォーム(Peatixにて決済)より、ご入金お願いします。また、お申込み後のキャンセルは4/9(金)までとなります。ご入金済みで御欠席の場合の森基金は振込手数料を差し引いた上でご返金となります。期日を超過したキャンセルはチャリティ森基金として拝受します。ご返金できませんので、予めご了承くださいませ。

<当日のスケジュール>
13:00~13:15 受付 湘南国際村めぐりの森ゲート入口横に特設 
13:15~14:00 野外講座(1) 中村 幸人 博士(理学/東京農業大学名誉教授/Silva理事)
14:00~14:45 野外講座(2) 天白 牧夫 博士(生物資源科学/NPO法人三浦半島生物多様性保全協会 理事長)
14:45~15:30 野外講座(3) 村上 雄秀 博士(学術/NPO神奈川県自然保護協会理事/Silva理事)
15:30~16:15 野外講座(4) 川下 都志子(環境省登録植生管理士/Silva代表理事)
16:15~16:30 参加者と講師の交流会&質疑応答

ゲスト:天白牧夫博士(生物資源科学)地元の三浦半島で自然観察会や里山保全活動を展開している。大学から爬虫類・両棲類の景観生態学的研究に取り組みつつ、現在に至る。

主催 非営利型一般社団法人Silva
https://www.silva.or.jp/

共催 NPO法人三浦半島生物多様性保全協会
後援・協賛 三機工業株式会社
https://www.sanki.co.jp/news/release/article344.html

■関連リンク
https://www.shitekobe.com/blog/0411meguri

https://www.silva.or.jp/4-11%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E9%87%8E%E5%A4%96%E8%AC%9B%E5%BA%A7/

■ イベントに関する問合せ先
非営利型一般社団法人Silva(シルワ) (黒電話)045―877-0878 info@silva.or.jp  https://www.silva.or.jp/


私の森.jpのFacebookとTwitterで配信している最近のニュースをまとめました。


[STAFF]3.11から10年、宮城県気仙沼市で被災したサクラを材に作られた「そろばん」が、兵庫県の作り手から贈呈されたそう。津波を生き残ったが堤防整備のために伐採されたサクラ、そこに込められた思いが記事につづられています。神戸新聞NEXT→ow.ly/Mr9k30rzWED

[News]第1回グリーンインフラ大賞の防災・減災部門で、東日本大震災で被災した仙台市沿岸部の緑の再生を目指す「ふるさとの杜再生プロジェクト」が最優秀賞(国土交通大臣賞)を受賞。ふるさとの杜再生について詳しくは→ow.ly/zKEX30rzWEG

[STAFF]坂本龍一さんが代表を務める「more trees」を通じた木造仮設住宅づくりや、楽器の修復基金の創設、東北ユースオーケストラ(TYO)などの活動のふりかえり。さらに東京青山で開かれるTYOの写真展、活動支援情報など。婦人画報→ ow.ly/D1bL30rzWli

[News]国産材の需要創出・利用拡大を支援するプロジェクト「WOOD CHANGE CHALLENGE」が国産材を活用するアイデアを募集、100を超える応募作品から受賞6作品が決定。受賞作品他が3/18まで東京・代官山 蔦屋書店にて展示中。ロフトワークのプレスリリース→ ow.ly/eV7b30rzWm2

[STAFF]「燃えにくい樹木はシラカシ、サンゴジュ、クロガネモチ、ヤマモモ、ナナカマド・・」。また塩害に強い木、防犯に役立つ木など、防災・防犯に役立つ植物が紹介されています。GARDEN STORY→ow.ly/pjo730ryrWl

[STAFF]"土に還る"素材。間伐材から生まれた天然繊維「木糸(もくいと)」を使用した布製品のオリジナルブランド「山來(さんらい)」はSDGsの考えに則ったもの。マスク、バッグ、シャツなど、写真からも思わず触ってみたくなる質感が伝わってきます。ヤマケイオンライン→ ow.ly/O8jp30ryQgL

[STAFF]「製材の歩留まりを高める」「大径木を使用する」というテーマに挑戦した住宅を写真も豊富に解説。木造2階建住宅の随所に施されている斬新な工夫とは? 「山に利益を返す建築」のモデルとして同様な発想が広まることに期待します。Housing Tribune Online→ ow.ly/Br4r30ryQeh

[STAFF]「ポケットに森を!」と中高生が取り組むプロジェクト。間伐材を再利用した「木の糸」でハンカチを作って環境問題をジブンゴトにしようというもの。→ow.ly/2Ucq30ryrWo ハンカチのデザイン募集は終了し、現在クラウドファンディング実施中。応援したい! → ow.ly/Sn5u30ryNcm

[STAFF]熊本県南関町といえば先日記事を公開したばかりの「竹の、箸だけ。」のヤマチクさんの所在地。「2020年度新エネ大賞」の分散型新エネルギー先進モデル部門で、最高賞を受賞したのは竹を使ったエネルギー生産の取り組み。いま竹が熱い?熊本日日新聞社→ ow.ly/hWmm30ryQb6

[STAFF]なんと竹100%が原材料のトイレットペーパー。無漂白で製造には水力発電を使い、パッケージもプラスチックフリーと徹底して環境にやさしい。「些細な変化が大きな変化につながる」との想いが込められたプロダクト。使ってみたい!MASHING UP→ow.ly/JXDf30ryrWm


フォローはこちらから!■Facebook  https://www.facebook.com/watashinomori.jp
■Twitter      https://twitter.com/watashinomorijp

Instagramもやってます。■Instagram  https://www.instagram.com/watashinomori.jp/


一般社団法人日本森林技術協会さまより、「林野庁 令和2(2020)年度 スマート林業構築普及展開事業マッチングミーティング及び報告会」の資料をオンライン公開されたとご連絡がありました。数多くの資料が掲載されていますので、興味にある方はご覧になってください。



wm20210312.png ※画像:YouTube動画資料より

■日本森林技術協会
林野庁 令和2(2020)年度 スマート林業構築普及展開事業
マッチングミーティング及び報告会の開催結果
(配信動画及び発表資料をアップしました!)
http://www.jafta.or.jp/contents/information/410_list_detail.html
※古いデータが出る場合は、更新ボタン(Ctrl+R)を押してください。

(参考)
動画配信及び発表資料の公開一覧

【全ブロック共通】
●スマート林業の概要説明
・事務局(一般社団法人日本森林技術協会、住友林業株式会社)

【中部近畿ブロック】
●スマート林業の技術紹介
・アジア航測株式会社
 「スマート林業への取り組み 紀中地域林業躍進プロジェクト」
・石川県農林総合研究センター林業試験場
 「ドローン空撮・合成画像と林内全天球画像を活用するAIアプリ」
・株式会社エイブルコンピュータ
 「施業提案システム」
・株式会社ジツタ
 「林業ICT/スマート林業(木材検収システム、ARUQ、Assist8、AssistZ)」
・株式会社ドリーム・ワークス
 「木材SCM(需給マッチング)システム、生産者経営業務支援(日報管理)システム」
・株式会社フォレストシー(里山通信)
 「山間部における通信革命」
・富士通Japan株式会社
 「需給マッチングシステムを用いた在庫情報共有」
●地域協議会の取組事例紹介
・石川地域(いしかわスマート林業推進協議会)
・長野地域(スマート林業タスクフォースNAGANO)
・愛知地域(原木安定供給に向けた木材生産・流通協議会)
・和歌山地域(紀中地域林業躍進プロジェクト推進協議会)
●パネルディスカッション
 「スマート林業技術の導入と普及について(導入・普及の苦労や成功 等)」
 ・出演:上記地域協議会
 ・進行:事務局(一般社団法人日本森林技術協会、住友林業株式会社)

【西日本ブロック】
●スマート林業の技術紹介
・アジア航測株式会社
 「スマート林業への取り組み 球磨中央地区林業活性化協議会」
・株式会社アドイン研究所
 「森林3次元計測システムOWL(アウル)の計測データ活用―OWL(アウル)計測データ連携型/施業提案作成システム―」
・株式会社woodinfo
 「森林経営管理制度支援システム」
・宇部興産コンサルタント株式会社
 「衛星データを活用したスマート林業への取組について」
・ESRIジャパン株式会社
 「スマート林業でのArcGISの活用」
 紹介動画(YouTube:8分30秒)
・SKYLOOP JAPAN(SMGコンサルタント株式会社)
 「UAV高精度レーザー測量による森林資源の見える化」
・ヤマハ発動機株式会社
 「産業用無人ヘリコプターによる森林計測サービス」
●地域協議会の取組事例紹介
・山口地域(やまぐちスマート林業実践対策地域協議会)
・愛媛地域(愛媛県林材業振興会議)
・熊本地域(球磨中央地区林業活性化協議会)
・宮崎地域(宮崎県合法木材流通促進協議会)
●パネルディスカッション
 「スマート林業技術の導入と普及について(導入・普及の苦労や成功 等)」
 ・出演:上記地域協議会
 ・進行:事務局(一般社団法人日本森林技術協会、住友林業株式会社)

【東日本ブロック】
●スマート林業の技術紹介
・株式会社アドイン研究所
 「森林3次元計測システムOWL(アウル)」
・株式会社woodinfo
 「インターネット木材入札・オークションシステム」
・株式会社コア
 「準天頂衛星みちびき対応 高精度GNSSソリューション」
・株式会社デッドロック&株式会社澄川工作所
 「VRグラップルシミュレータ」
・Timbeter
 「Timbeterアプリ及びTimbeterウェブ・ストレージ・モジュール」
・パシフィックコンサルタンツ株式会社
 「林業分野のDXの実現に向けて」
・日立建機日本株式会社
 「iLogger Value Bucking ~最適採材を実現するハーベスタ採材システム~」
●地域協議会の取組事例紹介
・北海道地域(スマート林業EZOモデル構築協議会)
・福島地域(いわき市持続可能な森林・林業推進会議)
・埼玉地域(西川地域スマート林業協議会)
・東京地域(とうきょう次世代林業推進協議会)
●パネルディスカッション
 「スマート林業技術の導入と普及について(導入・普及の苦労や成功 等)」
 ・出演:上記地域協議会
 ・進行:事務局(一般社団法人日本森林技術協会、住友林業株式会社)

【報告会】
●主催者挨拶
・林野庁森林整備部計画課 橘 政行 課長
●スマート林業実践対策及び構築普及展開事業の概要説明
・事務局(一般社団法人日本森林技術協会、住友林業株式会社)
●基調講演
 「スマート林業の技術普及による日本林業の展望」
・鹿又 秀聡 氏(林野庁 スマート林業構築普及展開事業 技術委員会 委員(座長)/国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所)
●最終年度5地域協議会による成果報告
・石川地域(いしかわスマート林業推進協議会)
・長野地域(スマート林業タスクフォースNAGANO)
・愛知地域(原木安定供給に向けた木材生産・流通協議会)
・山口地域(やまぐちスマート林業実践対策地域協議会)
・熊本地域(球磨中央地区林業活性化協議会)
●パネルディスカッション
 「スマート林業に今後期待すること(事業継続、将来展望 等)」
 ・出演:上記地域協議会
 ・講評:鹿又 秀聡 座長(国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所)
 ・進行:事務局(一般社団法人日本森林技術協会、住友林業株式会社)

■ 関連リンク
http://www.jafta.or.jp/contents/information/410_list_detail.html

■ イベントに関する問合せ先
(一社)日本森林技術協会
ICT林業推進室 (伊藤)
〒102-0085
東京都千代田区六番町7番地 日林協会館4階
TEL 03-3261-9113