ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

新着ニュース

演劇集団 円より、林業をテーマにした演劇公演のご案内が届きました。
利便性や経済が優先される中、見捨てられ、荒廃している森に踏みとどまり、あるいは飛び込んで、豊かな森を残そうと、懸命に生きる人々の物語。
実際に林業の現場へ取材をした上で丁寧に紡ぎ出されたストーリーです。ぜひご覧ください。

5月の公演を延期して、新型コロナウイルス感染拡大防止対策に十分配慮した上での公演となるようです。詳細を公式ページでご確認の上、お申込みください。


wm20201117.jpg

~演劇から林業を見つめる~

演劇集団円 公演『光射ス森』

日本国土の3分の2は森林であり、その緑の国に住む私たちは「木」と共生しています。
私たちの生活に「木」を送り届ける川上の人々の生活と心に密着しながら、山を受け継ぐ者、揺れ動く者、希望を忘れない者、様々な思いの集合から「木」は生まれ立ちます。
本作を通して日本文化の柱を支える産業とそこに携わる人々の営みに光をあてていくのは、座付き作家・内藤裕子です。

「林業」は未来をつくる仕事。木を植えた者が伐採出来るのではなく、親が植え、子が育て、孫の代でようやく伐採が出来る。しかし、山主とその家族が繋いできた山の管理は身内だけでなく、その場所に居合わせ、山を慈しむ人々によって受け継がれようとしている。たとえば生れ落ち、地元の山に生涯を捧げる者。かつての生活を手放し、山に生きる場所を見出す者。様々な運命が出会って交差する中で、山も人々も生かされている...。
家族をこえた絆に守られながらも、時は移ろい、その変りゆく山の日常と心の行き先を情感豊かに描いていきます。
演劇をとおして林業に情熱を注ぐ様々な世代、人々の未来を見つめます。

【作・演出】
 内藤裕子

【出 演】
 野村昇史 佐々木敏 岡本瑞恵 世古陽丸 石井英明 高橋理恵子
 吉田久美 清田智彦 戎 哲史 木原ゆい 清水一雅子

【と き】
 12月19日(土)~27日(日)
 12月19日(土)15:00開演
 12月20日(日)、21日(月)、23日(水)、24日(木)、26日(土)、27日(日)/13:00開演
 12月22日(火)、25日(金)/19:00開演

【ところ】
 劇場(東京・両国)シアターΧ(カイ)
 〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコア1階
 TEL 03-5624-1181

【前売り開始】
 11月16日(月)

【料 金】
 〇一般:4,800円
 〇夜割:4,000円(対象は12/22,25のみ)
 〇ペアチケット9,000円(劇団扱いのみ) 
 〇学生:2,500円(要学生証/劇団扱いのみ)

【公演情報・お申込み先】
 http://www.en21.co.jp

【公演に関するお問い合わせ】
 演劇集団円
 〒181-0013 東京都三鷹市下連雀4-14-32 興信三和ビル2号
 TEL 0422-29-8135  FAX 0422-29-8140

■ 『光射ス森』の詳細はこちら
  https://en3987.wixsite.com/en-hikarisasumori

■ イベントに関する問合せ先

 東京都三鷹市下連雀4-14-32
 興信三和ビル2号
 TEL  0422-29-8135
 FAX 0422-29-8140
 en@en21.co.jp


私の森.jpのFacebookとTwitterで配信している最近のニュースをまとめました。


[STAFF]あなたが毎日排出するCO2量や予算などに応じて、世界各地の森にリモートで植林できるユニークなデジタルプラットフォームが誕生!個人も企業も参加でき、2025年までに「3,000万トンの炭素排出を防止または貯蔵」を目指すという。AMP→ow.ly/WtQH30rj8x6

[STAFF]「全く新しい建築のあり方を示す」としてグッドデザイン賞金賞を受賞した「まれびとの家」は、地域の伝統構法「合掌造り」をデジタル技術でアップデート、地場の木材を活用し地域住民が参加して組み立てた共同保有型の宿泊施設。見学したい!PR TIMES→ow.ly/naQv30rj8rl

[STAFF]地元材のスギを使い、独自の構造形式によって低コストを実現した木造牛舎が秋田県大仙市に建設され、公開されたとのニュース。産学官の連携によって生まれた画期的な畜舎モデルだそう。FNNプライムオンライン→ ow.ly/Ec5J30rjtac

[STAFF]愛猫家のみなさまへ。スギを自然乾燥させたペレットを使ったフィトンチットたっぷりで添加物ゼロの「猫砂」がリニューアルとのお知らせ。とことんこだわったトイレの砂で、猫も森も元気に!Makuake→ow.ly/TMtA30rj88W

[News]FSCジャパンが"次世代のやる気と本気"応援キャンペーン~All Together Now~を開始。中高校生を対象に「身近で出来るFSCマークの普及アイデア」を募集。金賞受賞者(個人orチーム)は"FSCジュニア・アンバサダー"になる流れ。応募締切は12月6日(日)。→ jp.fsc.org/jp-jp/news/id/...

[STAFF]このところ各地でクマの出没が増えていることが問題になっています。福井県では餌になるドングリが実る広葉樹が自然に増えるようにスギの列状伐採を進めているとか。2024年度には「針広混交林」が現在の倍以上になる計画。岩手日報 IWATE NIPPO ow.ly/FMC030rhhtd

[STAFF]下刈りの省力化を目的に、人工林にドローンで農薬を散布する佐賀県の実証試験が中止になったのは技術的な課題。一方中止を求める署名を提出した野鳥の会の意図は自然環境への影響。中止という結果は同じでも論点は異なる。今後も注目したい問題。佐賀新聞LiVE→ ow.ly/gQ8430rhhnE

[STAFF]市内で集めた剪定枝などを使った「リサイクル堆肥」が、神奈川県厚木市で好評だそう。水分や匂いが少なく、異物がなく均質に細かく粉砕されているので土になじみやすいとも。タウンニュース→ow.ly/1q7P30rhgrm

[STAFF]災害に強い森づくりを進めている静岡県が中部電力と連携。台風や暴風雨による倒木が原因で発生する大規模停電を防ごうと、樹木の予防伐採を行ったとのニュース。日テレNEWS24→(掲載終了)

[STAFF]菅首相は10/26の所信表明演説で、2050年までに温室効果ガスの排出をゼロにすると宣言。どんな「グリーン社会の実現」をめざすのか、今後の政府の温暖化・気候変動対策を注視しよう。NHKニュース→ow.ly/qEsT30rhgrh


フォローはこちらから!■Facebook  https://www.facebook.com/watashinomori.jp
■Twitter      https://twitter.com/watashinomorijp

Instagramもやってます。■Instagram  https://www.instagram.com/watashinomori.jp/


JUON NETWORKさんから援農体験のご案内が届きました。

三重県南伊勢町で、農家さんと交流しながら、みかん栽培のお手伝いを行います。


【南伊勢でみかん栽培体験】南伊勢のみかん 田畑の楽校

wm20201109.jpgwm20201109_2.jpg

【日程および主な内容】

B.11月29日(日) 収穫  日帰り開催    11月28日(土)~29日(日)
C.12月13日(日) 収穫  日帰り開催    12月12日(土)~13日(日)

【参加費】

当日現金でのお支払いになります。食事代、資料代等)

●会員・学生: 1,000円 4,000円
●一般   : 2,000円 5,000円

◯宿泊は地域の集会所で雑魚寝になります。
寝袋をお持ちでない方は寝袋レンタル代500円を別途頂きます。
 
※当日のご入会でも割引が適用されます。
※保険代はこれまで別でいただいていましたが、全体でイベント保険を掛けることにしました。
※当日3日前よりキャンセル料が発生いたします。


【ところ】 三重県度会郡南伊勢町

【内 容】 みかん畑の農作業体験・地元の方との交流
      ※雨天時は他の農作業のお手伝い等を考えています。

【定 員】 各回7名 10

三重県、岐阜県、愛知県にお住まいの方を対象とさせていただきます。

【締 切】 各回開催初日一週間前の金曜日まで
      ※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。

【主 催】 南伊勢町(https://www.town.minamiise.lg.jp
      JUON NETWORK(http://juon.or.jp/)

【集合場所】 近畿日本鉄道「宇治山田駅」

■ 詳しくはこちら

https://blog.canpan.info/juon/archive/560

■ イベントに関する問合せ先

認定NPO法人 JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
〒166-8532 杉並区和田3-30-22
TEL:03-5307-1102/FAX:03-5307-1091
E-mail:juon-office@univcoop.or.jp
WEB:http://juon.or.jp/


JUON NETWORKさんから森林の楽校のご案内が届きました。
京都駅からもアクセスのよい亀岡市で開催される日帰り森林作業体験。
作業後には交流会が開かれます。


【森林整備作業体験】キノコの森 森林の楽校2020

wm20201102.jpg

【と き】 2020年11月15日(日) 日帰り

【ところ】 京都府亀岡市宮前町(みやざきちょう)神前(こうざき)

【内 容】 
◇森林作業体験
◇ 交流会

【定 員】 10名

【締 切】 11月6日(金)
      ※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。
【主 催】 JUON NETWORK、関西ヤングジュオ
【定 員】 10名

【締 切】 11月6日(金)
      ※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。
【主 催】 JUON NETWORK、関西ヤングジュオン

■ 詳しくはこちら
https://blog.canpan.info/juon/archive/585

■ イベントに関する問合せ先
http://juon.or.jp/
Fax: 03-5307-1091
E-mail: juon-office@univcoop.or.jp


私の森.jpのFacebookとTwitterで配信している最近のニュースをまとめました。


[オンライン] 「第6回木育・森育楽会」今年度のテーマは『コン(ロ)ナ時代の木育・森育 ~木と森にZOOM IN』全7回( 2020年10月25日~2021年2月) 第4回には「北欧から日本へー森のサウナと暮らし」というテーマで、私の森.jp編集長がコーディネーターで参加します! ow.ly/jve950C6J5Y

[STAFF]タイムトリップ?スギを植林?花粉症?日本のマスク普及をめぐる妄想ストーリーがTwitterで話題になっているとの記事。なるほどー。まいどなニュース→ow.ly/rz1S30rfPSb

[STAFF]放置竹林から伐採した竹を使った28000個の灯籠に灯がともる「第2回小倉城竹あかり」。福岡県北九州市で10月31日〜11月3日開催されます。市が掲げるSDGsによる循環型社会のモデルケースにしたいとの想いものせて。トラベルニュース→ow.ly/rrlZ30rfPS9

[STAFF]北海道・旭川に開校した「道立北の森づくり専門学院」(北森カレッジ)の就業体験では生活環境の紹介も重視。コロナ禍で密集した都会を離れる働き方が見直されていることを受けたもの。林業先進国フィンランドの教育プログラムを導入するのも見逃せない。北海道新聞→ ow.ly/ONyp30rfPcP

[STAFF]これから岐阜県高山市の木の里団地を訪れる方は入り口付近に展示されたライオン像にご注目を! 樹齢100年超の飛驒産もみを使って、チェーンソーカービングの技法で1ヶ月かけて制作したもの。写真からも迫力あるサイズ感が伝わってきますね。毎日新聞 ow.ly/5BHu30rfDE5

[STAFF]鳥と話せる楽器「バードコール」の手作りキットを無料配布する「エコマキ」という活動が、関東・関西のキューズモールなど全11施設で実施されるそう。材料には岡山県西粟倉村の間伐材を使用、「大きなエコの輪へ育てたい」。→ow.ly/KcXl30rfPSd

[News]『ウッドデザイン賞2020』受賞作品が決定!6年目の今回は空間提案やデザインほか幅広い分野から191点が受賞。ネットワーク仲間も受賞し、「みんなの夏至祭」もその中に加わることができました。12月11日の最終審査結果も楽しみです!国土緑化推進機構のプレスリリース→ ow.ly/n0AK30rfPan

[News]森や山を職場にしたい方へ耳寄りな情報です。私の森.jpでもおなじみ東京チェンソーズさんからの採用情報。「接客、運転が好きな方。周りの状況をよくみて臨機応変に対応できる方。理念に共感し、仲間とともに長く働きたいと思ってくれる方」を募集とのこと。→ ow.ly/tyDl30rfDtA

[STAFF]森の価値を再発見・再編集する実践型スクール「INAVALLEY FOREST COLLEGE」が開校します!~"森と共に生きる、サスティナブルな社会づくり"を目指して~ 様々な業界で活躍している講師陣による6回の授業に加え、11/2(月)・11/5(木)には公開講座も開催されます!→ ow.ly/Kiuq30rgcds

[STAFF]ヒノキ枡「〼〼⊿〼(益々繁盛)」というネーミングにニヤリ。しかもクリエイター160人がデザインし、岐阜・大垣の職人がひとつひとつ木を組んで作ったとなると"ますます"気になる!会期は12月1日〜25日。作品の写真10点あり。好みの升は見つかり〼? AXIS→ ow.ly/qXhx30rf1pD

[STAFF]アメリカの研究グループが木材からガラスのような透明なパネルを作り出すことに成功⁈ ガラスの欠点もカバーできるとか。コロナ禍とともにいろいろな場面で目にするようになった透明シールドが木由来になったら、少し気持ちがなごみそうですね。カラパイア→ ow.ly/vyZX30rf1gu

[STAFF]森林火災と闘うアメリカから興味深い研究結果。ビーバーがダムや池を作っている森は森林火災に強いという。「複雑な話ではありません。水は燃えない、ということです」と研究者は話す。ナショナルジオグラフィック→ow.ly/Roib30revym

[STAFF]信州のアカマツで作った軽い無垢の家具。「家の中でも、森の中でも」というコンセプトが新鮮!木の伐採から製材、生産までを信州伊那谷の木こりたちと連携しながら、職人の技も活かして生産しているそう。詳しくはこちら→ow.ly/l03K30revyj


フォローはこちらから!■Facebook  https://www.facebook.com/watashinomori.jp
■Twitter      https://twitter.com/watashinomorijp

Instagramもやってます。■Instagram  https://www.instagram.com/watashinomori.jp/