ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

新着ニュース

こんにちは、私の森.jp編集部です。
11/20、森づくりフォーラムさんとのコラボ企画『森サロン』第一夜「和ハーブとカレーの夕べ 」を開催いたしましたので少しレポートなど。


和ハーブ協会さんがご用意くださったのは、美味しいウェルカムティー。クロモジなど数種類の和ハーブが入った香り高いお茶です。

event_191120-5.jpg

 

森づくりフォーラムの宮本さんからはじまりのご挨拶。
私の森.jpとのコラボで、通常のセミナー形式ではなく、飲食を交えてつながりを作るサロン的交流会を開催することになった経緯など。

event_191120-11.jpg

 

続けて、一般社団法人和ハーブ協会 副理事長の平川 美鶴さんから和ハーブ協会の活動と、和ハーブについての話題提供。

全国各地に足を運び、その土地で古くから使われる日本の植物 和ハーブ についての調査や普及活動をされている平川さん。
和ハーブは、私たち日本人の生活に寄り添い、生命の営みを支えてきた植物たちです。美しく、美味しいだけでなく、薬効があったり、季節を伝えてくれたり、和ハーブを知ることは、日本の森と暮らし・文化について考えることでもありました。

食卓にも頻繁に登場するシソやミョウガはもちろん、和のゼラニウム・ゲンノショウコ、染料や油でお馴染み・ベニバナ、みかんの原種・タチバナ、胃腸に良いキハダ、琉球ハーブ・ゲットウなど、足元にある宝もの・和ハーブの魅力に興味は尽きません。なかでも、クロモジはみなさんに大人気!クロモジリキュールの紹介があれば、クロモジで香りをつけた焼酎が美味しいというタレコミ、クロモジのハーブウオーター(蒸留水)を作っている方がいたり、小枝を鼻に寄せて「ずっと嗅いでいられる」という方もいて、盛り上がりました。

平川さんの植物への愛情たっぷりにお話される様子に、引き込まれていきます。(ちなみにお洋服の柄はスダジイとのこと!)

 

event_191120-13.jpg

event_191120-15.jpg

 

さて、お話が終わったら、みなさんのお楽しみ、いよいよカレーの登場です。
平川さんの作った和ハーブがたっぷり入ったグリーンカレーと、もう一人のゲスト、アトリエフルカワ一級建築士事務所 代表でカレーマイスターでもある古川 泰司さんが作られたスパイスカレー・ミョウガ入りの贅沢なあいがけ!

司会は私の森.jpの赤池にバトンタッチされ、遠野で試作した野草カレーの話などをお二人にお伺いしながら、参加者のみなさんでワイワイと楽しく(汗ばみながら)一期一会な今夜のカレーを堪能しました。

event_191120-48.jpg

event_191120-30.jpg

 

そして最後はサロンの交流会。30秒自己紹介タイムと、新しいつながりをつくる席替え。森に関わる活動をされている方、これから森に関わりたい方、さまざまな情報交換や次の企みを共有して、有意義な夜を過ごしていただきました。

event_191120-42.jpg

次回森サロンは春ごろの開催予定です。
今回の盛り上がりをうけて、「クロモジナイト」になるかも知れないし、全く他の企画になるかも知れません。でも主役は、森とつながる参加者のみなさんです。今回参加したかったけれど都合がつかなかったという方も、次回は是非ご一緒くださいませ!

 

------------------------------

私の森.jp×森づくりフォーラムpresents「森サロン 第一夜 ~ 和ハーブとカレーの夕べ ~」:2019年11月20日(水)

【プログラム】

  1. 開会 進行:宮本至さん(森づくりフォーラム事務局長)
  2. 和ハーブのお話 平川美鶴さん(植物民俗研究家/一般社団法人和ハーブ協会 副理事長)
  3. お食事とミニ対談:進行 赤池円(私の森.jp 編集長)
    対談:平川美鶴さん、古川泰司さん(アトリエフルカワ一級建築士事務所 代表、カレーマイスター)
  4. 参加者の皆さまの自己紹介タイム
  5. そして交流会へ

■会場
グラム・デザイン/私の森.jp シェアスペース「モネリコ

■主催:森づくりフォーラム×私の森.jp

 

【当日のお料理】

 和ハーブティー

 平川さんの和ハーブ入りグリーンカレー
 古川さんのスパイスカレー

 平川さんのお手製ピクルス

 ヘルシーおつまみ(グラム・デザインスタッフお手製)
  ・いぶりがっこのクリームチーズ挟み
  ・蕪の梅酢漬け
  ・たたきゴボウ
  ・にんじんのラペ、クミンシードとザクロソースで
  ・里芋とかぼちゃのサラダ、ワイルドルッコラ入り
  ・大根と京揚げの炊いたん
  ・鶏むね肉のしょうが蒸し

 

【関係者リンクまとめ】

一般社団法人 和ハーブ協会(平川 美鶴さん)
アトリエフルカワ一級建築事務所(古川 泰司さん)
NPO法人 森づくりフォーラム(宮本 至さん・事務局のみなさん)
私の森.jp(赤池 円)
有限会社 グラム・デザイン(会場とおつまみ料理)


私の森.jpが主催する、クリスマスリース・ワークショップのご案内です。
今年で4回目となるこのクリスマスリースづくり。回を重ねるごとにリピーターの方も増えてきて、私たちもとても嬉しく思っています。
クリスマスリース制作の講師は、すでに私の森.jpではおなじみのフローリスト yukiさんをお迎えします。

event_xmas2019.jpg

今年も針葉樹の葉をベースに、木の実やグリーンいっぱいの森のクリスマス・リースをデザインしていただきます。
日本の森を歩くとよく目にする木の実と清々しい香りがする針葉樹を取り入れたクリスマスの森を感じるリースを今年もぜひご一緒に作りましょう!
初心者の方はもちろん、リース作りが得意な方も、yukiさんからすてきに仕上げるコツを丁寧にアドバイスいただけるので、ご自分だけのオリジナルのリース作りを楽しんでください。

お茶、編集長特製のホットワイン、お菓子をご用意してお待ちしております♪

[サンプル写真の使用花材]
ヒムロスギ、クジャクヒバ、ヒバ、サルフレア、ヤシャブシ、ヒメミズキ、マツカサ、月桃、野ばらの実
※写真は昨年2018年に制作したリースのサンプル写真です。当日ご用意する花材は入手時期の都合で別の種類に変更となる可能性があります。あらかじめご了承くださいませ。

[編集部より]
作ったリースは壁に掛ける以外にもいくつか楽しむ方法があります。テーブルに置いてリースの真ん中や周囲にキャンドルを置いて一緒にディスプレイして飾ることもできます。季節の小物やお花と合わせてクリスマスデコレーションを楽しんでください。

wm20191030.jpg


『深い森の香りと実りを楽しむフレッシュ・クリスマスリース2019』

◆ 概要

日 時:2019年12月14日(土) 
    10:30~12:30(2h)
参加費:7,200円(税込・講師代・花代含む)/名
    お茶・ホットワインとお菓子付き
定 員:20名 
申込締切:2019年12月5日(木)午前
    ※これ以降はメールでお問い合わせください。
場 所:私の森.jp カフェスペース「モネリコ」
     (最寄り駅 東急田園都市線池尻大橋駅:(有)グラム・デザイン)
    目黒区東山3-9-2 IsolaA(3F)
    Googleマップ:https://goo.gl/maps/2bMQV5Szxvz

◆ 講師

世田谷「blossom」フローリスト
嶋 友紀(しま・ゆき)さん

◆持ち物

園芸用ハサミ
エプロン
作品を持ち帰るための袋(※)
(※)完成したリースを包む新聞紙はご用意いたします。

◆オプションについて

◎クリスマスっぽく仕上げたい方のために
クリスマス用のリボン(m単位/2~3種類)を少しご用意いたします。
気に入ったものをその場で購入して(原価・先着順)、装飾に加えてください。※使いたいものをご自分で持参いただいてもOKです。
[編集部で用意する予定の飾り]
※リボン(2~3種類をご用意する予定です)

◆お申し込み(先着順)

お申込みはこちら

上記お問い合わせフォームからの入力ができなかった場合は、下記のメールアドレスまで、お名前、ご連絡先をお知らせください。
wm-event@watashinomori.jp

◆お子さま連れでの参加をご検討されている方へ
お子さまとご一緒のご参加を希望される場合は、お申し込みの際に「事務局への連絡事項」欄にその旨お書き添えください。なお、参加者一名さまにつきご同伴のお子さまはおひとりとさせてください。
小学生以上のお子さまをお連れの場合は、お席の確保・お茶・お菓子のご用意等がございますので、500円の追加料金をいただきます。予めご了承くださいませ。

※11/11追記)
事務局からの返信メールが迷惑メールに入ってしまう報告がございました。
もし、申し込みから3日経っても返信がなかった場合は、お手数ですが wm-event@watashinomori.jp までご連絡くださいませ。

なお、材料の準備がありますので、できるだけ当日キャンセルのないようにお願いします。

◆ 昨年の様子

wm20191030-2.jpg

wm20191030-3.jpg


◆ 講師 yukiさんのご紹介




世田谷「blossom」フローリスト
嶋 友紀(しま・ゆき)さん

横浜市出身・世田谷区在住、フラワー装飾1級技能士。

2000年、一本の花との出会いをきっかけに植物の持つ生命力や造形、色や香りに魅了され、それまで務めていた会社を退職、花の世界に飛び込む。
全く未経験からのスタートだったが、人気生花店、生花市場仲卸での勤務経験を通して、専門技術と知識とを学び2011年独立、6月には世田谷区中町にオーダーメイドを中心とした花屋 blossom をOPEN。
植物への豊かな知識と愛情、そして花材の自然な魅力を活かすセンスの良さには定評があり、ウエディングやパーティ装花なども数多く手掛けている。

blossomでは、「お花一本でもステキに活ける方法や、葉っぱや枝も含めた植物の素晴らしさをお伝えし、日々の生活を心豊かにしてくれる花ある暮らしをご提案しています」とのこと。

HP:https://www.blossom-jp.com/
instagram:https://www.instagram.com/blossom_shima/


共存の森ネットワークさんから、中学生向け自然教育プログラム「きく・かく・えがく ~東京のふるさと・自然公園~ 発表会イベント」のご案内が届きました。

クラフトマーケットやワークショップ、そして、中学生が制作した「森の東京」を舞台にした影絵芝居の上演が行われます。ぜひ足をお運びください!


森のガッコウの秋まつり
きく・かく・えがく~東京のふるさと・自然公園~
発表会イベント

wm20191101_1.jpg

 
11月24日、「きく・かく・えがく」(※)実行委員会は
「森のガッコウの秋まつり」を開催します。

秋まつりでは、あきる野や檜原といった
「森の東京」を舞台にした影絵芝居、
クラフトマーケットやワークショップなどの秋市を行います。

イベントチラシ:https://www.kikigaki-jr.net/img/happyoukai2.pdf

会期:2019年11月24日(日) 10:00〜16:00
会場:戸倉しろやまテラス(旧戸倉小学校)
入場料:無料

■クラフトマーケット

時間:10時~12時30分
場所:戸倉しろやまテラス1階図工室
申込:不要
参加費:¥500(ワークショップのみ)

<食べものや雑貨販売>
sawai farm 米粉のおやつ(米粉の焼菓子)
くぅ SUN ぱん(自家製酵母パン)
こものや(刺し子とうさぎの布小物)
<ワークショップ>
デザインハウスピリカ(チョークアート)
羊毛フェルト keiko(羊毛フェルト)
Stamp-UeGakkin(消しゴムハンコ)

紅葉里山あるき

時間:10時10分 武蔵五日市駅前集合
場所:武蔵五日市駅→戸倉しろやまテラス
内容:1時間ほどの時間をかけて、ガイドの案内で紅葉広 がるあきる野をのんびりと歩きます。
定員:20名(定員に達し次第〆切)
申込:下記項目を明記の上、連絡先までメールにてお申し 込みください。

<記載事項>
・氏名(ふりがな)/ 年齢 / 性別
・メールアドレス / 電話番号
<連絡先>
info@kikigaki-jr.net
<〆切>
11月15日

■影絵芝居上演

時間:12時30分開場 13時開会 16時閉会
場所:戸倉しろやまテラス 体育館
内容:中学生があきる野・檜原で暮らす名人への取材から得た学びをもとに、影絵芝居の物語をつくりました。
中学生が語り、プロの影絵師・音楽家が上演します。
定員:150名(事前申し込み不要)
出演:
・川村亘平斎(影絵師 / 音楽家)
・田中馨(音楽家)
・中学生&大学生チーム

もりがたり / もりものづくり

時間:10時~12時30分
場所:戸倉しろやまテラス 2階第1研修室
内容:あきる野の匠・檜原の名人を紹介する展示ブースです。
美大生によるワークショップ(端材を使ったアクセサリーづくり)も無料開催します。
ぜひお立ち寄り下さい。

※「きく・かく・えがく」では、都内中学生を対象に、森で働くひとへのインタビュー(きく活動)・自然豊かな地域での体験をもとにつくる掌編小説(かく活動)・それらをもとにした影絵芝居(えがく活動)という3つの活動を実施しています。子どもたちの感性を刺激しながら、地域の関係人口創出を図る取り組みです。

■ 公式サイト「きく・かく・えがく〜東京のふるさと・自然公園〜」
https://www.kikigaki-jr.net/

■ 動画「きく・かく・えがく第1回発表会」
https://www.youtube.com/watch?v=yyrT6UXhp_o&t=111s

■ イベントに関する問合せ先
きく・かく・えがく~東京のふるさと・自然公園~実行委員会事務局
(NPO法人共存の森ネットワーク内)
mail : info@kikigaki-jr.net
tel : 03-6432-6580


JUON NETWORKさんより、岐阜県揖斐川町の廃校を改装した宿泊・研修施設拠点に行われる「森づくり体験」のご案内が届きました。森づくり体験の後には、横蔵寺の紅葉ライトアップの見学もあります。ぜひご参加ください!


風の谷 森林の楽校2019秋11月

wm20191031.jpg

【と き】 2019年11月9日(土)~10日(日) 1泊2日
【ところ】 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲・横蔵地区
【宿 泊】 ラーニングアーバー横蔵
〒501-1316 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲木曽屋180
http://www.juann.jp/
◇宿泊施設に改装してあり、畳の部屋に布団で寝られます。

【内 容】 森づくり体験(間伐、枝打ち)
【定 員】 30名
【締 切】 11月1日(金)
※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。
【主 催】 JUON NETWORK
【協 力】 ぎふいび生活楽校、横蔵財産区

■ 詳しくはこちら
http://blog.canpan.info/juon/archive/540

■ イベントに関する問合せ先
【問合せ・申込み先】
認定特定非営利活動法人JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
〒166-8532 東京都杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館内
Tel: 03-5307-1102 Fax: 03-5307-1091
E-mail: juon-office@univcoop.or.jp
http://juon.or.jp/


今年で第5回目の開催となる木育・森育楽会が11月30日(土)に北海道函館市シエスタハコダテにて開催されます。

「木育・森育楽会」は「楽しい会」と名付けられたとおり、誰でもが気軽に参加でき、自分の活動を紹介し、そこから有機的につながっていかれるような、場の提供を目指しています。今回は北海道で、「遊びこむ木育・森育の実践 家庭から職場まで」をテーマに語り合います。

当日は、木育の効果を考える分科会や北海道の木行くの取組を考える分科会、全国のご当地木育体験やリースづくりワークショップなどの楽しいイベントも!
そして、午前中の分科会の1つ「うるしの器から観る、森と木の時間旅行」では、私の森.jp編集長 赤池がコーディネーターで参加します。スピーカーの貝沼航さん(漆とロック株式会社 代表)にお話を伺います。

普段なかなかお会いできない北海道方面のみなさんや日本各地のみなさんとお会いできることを楽しみにしています!

なお、各セッションには定員がありますので、お申し込みはお早めに!


『遊びこむ木育・木育の実践 家庭から職場まで』 
第5回 木育・森育楽会 in 函館
  木育・森育楽会、第5回目は北海道へ!

wm20191028-1.jpg wm20191028-2.jpg
(※各画像はクリックするとポップアップで拡大画面が表示されます。)

詳細は以下、そしてプログラム(PDF)をご覧ください。


11月30日(土) 第5回木育・森育楽会
■ねらいとテーマ

◎ねらい
「木育のアクターのネットワーク形成」
「知と経験の蓄積、拡散」
「木育に関わる地域文化の定着、自立的拡大」

〇基本テーマ
遊びこむ木育・森育の実践 家庭から職場まで

■会場

函館コミュニティプラザGスクエア (シエスタハコダテ4階)(北海道函館市本町24)

■内容

*開会式

*分科会1

  1. うるしの器から観る、森と木の時間旅行
  2. 木育の効果を考える
  3. 北海道の木育の取組1

体験型ワークショップ

  1. 市民開放・全国ご当地木育体験まつり
  2. リースづくりワークショップ(要事前申し込み・参加費3,000円)

分科会2

  1. 〇〇×木育:デザインの学び
  2. 木育、森育の向こうに
  3. 北海道の木育の取組2

大討論会「遊びこむ木育・森育」

勝手に表彰式

*閉会式

■参加費

無料(ご参加に必要な簡易木製スツールを配布いたします。当日お一人様、材料費1,000円を徴収いたします)

■お申込み

(※クリックすると申込みフォームが開きます。)お申し込みフォーム

■プログラム

第5回木育・森育楽会チラシ(PDF

■お問い合わせ

mail@mokumori-gakkai.org

■主催
木育・森育楽会実行委員会
■共催
石川県木材利用推進協議会、石川県
■後援
北海道、函館市、森町、はこだて未来大学、北海道教育大学、シエスタハコダテ、木育マイスター道南支部、北海道保育協議会、北海道私立幼稚園協会、日本産業技術教育学会木育推進検討委員会(順不同)