ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

新着ニュース

こんにちは、私の森.jp編集部です。

今年はオンライン開催となった「みんなの夏至祭」。
コロナウイルスの流行に伴い、いつものように集まって開催はできないねとしんみりしていたところ、2つのお知らせが届きました。1つ目は新しく秩父の仲間が「みんなの夏至祭」の準備を進めています、という嬉しい知らせ。2つ目は私の森.jpのファウンディング・アドバイザー・枝廣淳子さんが、熱海の仲間と開催するキャンドルナイトへのお誘いです。

コロナ禍のもとでも、みなさん停止せずに動いていらっしゃることに刺激をされて、@東京でも何かしよう!と。1週間で準備できることはわずかしかありませんでしたが、札幌、陸前高田、大分、静岡、石川、秩父、から集まってくれた、素晴らしい仲間に支えてもらって、なんとか5年目の夏至祭りも開催することが出来ました。本当にありがとうございます。


210A4818.jpg

森を祝う「みんなの夏至祭」って、何?

年に一度の夏至の季節に、中山間地域と街をつなぎ、森と森に関わる人びとへの感謝を伝える「お祭り」をしたい。都市化されてしまった私たちの五感を「森」へ向けて開放し、同じ想いのある人たちをつなぎたい、この想いが広がり、いつか日本中でお祝いされるようになって欲しい。そう願って毎年開催しているイベントです。今年5回めを数えます。

今年も、キホンは4つのことだけ。

  1. 森から杉をはじめ「珍しくない植物」の枝葉を取り寄せて、室内を森のように飾る。
  2. 森の「葉っぱ」を使った「夏至寿し(ごはん)」をいただく
  3. ロウソクやソーラー・ランタンを灯す
  4. そして、みんなで太陽と森を祝う

今年は新しい仲間の秩父・里山アートピック実行委員会のみなさんがムクゲ自然公園の屋外にある「岩の広場」を会場に、夏至飾りのワークショップと、音楽イベント開催してくださいました。

@東京は、編集部があるグラム・デザインのカフェスペースを夏至仕様に飾り付け。助っ人に来て下さったご近所さん、NPO法人木づかい子育てネットワークの多田知子さんも一緒に。毎年、杉など里山の花材を提供してくださるのは、高林の熊崎さん。なんと嬉しいことに、熊崎さんのお母さま(料理家)お手製の朴葉寿司(=夏至寿司)も!「やはり本場の味は違う」とみんなで美味しくいただきました。ごちそうさまです!

210A4762.jpg

さて、天井に這わせたリースワイヤーに、届いた植物をつないで室内に森を作るメカニックは、富山の花人・藤木卓さんが考案した装飾方法です。はじめに重量のある杉の枝葉をバランスよく固定したら、コナラ、クヌギ、ヤマザクラ、クロモジ、シラカシ、コアジサイ、ホオバなど、さまざまな形や大きさの葉っぱをつけた枝を加えていきます。
今年は例年会場をお借りしている5×緑さんのオフィスと比べてぐっと小さな空間になりました。それでも、杉の葉をつないだ枝葉がぐるぐるとうねるように天井に浮かぶさまは、まるで小さな青龍が降りてきたようです。
杉の葉の清涼感ある香りとともに、今年も室内に森が生まれました。

210A4822.jpg

210A4871.jpg

オンラインで夏至の夜を過ごす。

今年の催しものはオンラインの朗読、と皆さんの笑顔。
それぞれが室内の電気を消して、キャンドルを灯しながら聞きました。
担当は、もちろん編集部員でもあるストーリーテラー・高階 經啓さん
宮沢賢治の『注文の多い料理店』を朗読してくださいました。あらすじは分かっていても、高階さんが語るお話の中にグイグイと引きこまれ、自分たちが話の主人公になって食べられてしまうのではというスリリングな心地に。
朗読後、参加者の方から「イヤホン越しに聞くと深夜のラジオ便みたい。耳を通して脳に響くようだった」という感想をいただきました。

210A4934.jpg

森を祝う「みんなの夏至祭」+キャンドルナイト 2020

20:00~参加者のご挨拶など
21:00~高階さんの朗読。

■主催:私の森.jpと森を祝う「みんなの夏至祭」の仲間たち

■ご協力&ご参加いただいたみなさまの活動をご紹介します。

○里山アート&ピックの坂本典明さん(みんなの夏至祭@秩父)
https://www.facebook.com/events/299463504427534/

○陸前高田から「箱根山テラス」の溝渕康三郎さん
木と人をいかす宿泊・滞在施設 箱根山テラス
https://www.hakoneyama-terrace.jp/

○岐阜県・下呂の森から「杉玉の高林」熊崎惣太さん
杉玉の高林
https://sugidama-takabayashi.com/

〇編集出版事務所「エクリ」を営まれている須山実さん、佐喜世さんご夫妻
事務所の一角に展示をしている小さな図書館『木林文庫』
http://www.e-ecrit.com/kirin/

・私の森.jp「あの人の"森"語り」コーナーでは、須山さんをインタビューさせていただきました。
あの人の"森"語り:須山 実さん

○クリスタルボウル奏者の山本コヲジさんが手掛ける
発酵スキンケア FlowFlow(フローフロー)
https://flowflow.jp/

○みんなの夏至祭@石川の砂山亜紀子さん
もりラバー 林業女子会@石川
https://ja-jp.facebook.com/morilover2013

○和ハーブ協会の平川美鶴さん
一般社団法人 和ハーブ協会
https://wa-herb.com/
※平川さんからは、夏にお勧めの緑茶の飲み方を教えてもらいました。
 ・緑茶はお湯の温度を変えるだけで味が変わります。
 ・緑茶に薄荷を加えたり、柑橘の果汁を加えたりするのもオススメです。

田島茉莉さん
大分県から今年初めてご参加いただいた田島さん。
東京から大分県の林業家の方とご結婚され、その所有林の中で挙式をされたとのこと!その時の様子は地元新聞にも取り上げられ、また、2019年WOODデザインソーシャル部門受賞も。

・西日本新聞:日田市中津江で森林結婚式 間伐材でベンチ、料理はジビエ(2019/5/18 )
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/511060/

○そして我らが高階 經啓さん
次回の朗読会おしらせ(平日開催ですが、八王子の森の中、美しい古建築でお話を聴きます。ぜひご参加ください。お休みとる価値あり^^!)
7月7日「7/7朗読・長沼の森で宮沢賢治を聞く @八王子・鎌田鳥山」
https://www.facebook.com/events/737720573438248/

○枝廣さんと未来創造部が手掛けた「100万人のキャンドルナイト@熱海」の様子
https://atamii.jp/today/129362/

また、Facebookも運営しています。こちらも合わせてご覧ください。
 Facebook:森を祝う「みんなの夏至祭」
 bn_top_geshisai.jpg

※森を祝う「みんなの夏至祭」グループもできました!     https://www.facebook.com/groups/morigeshilovers/


こちらのZoomのURLをクリックしてご参加ください。
https://us02web.zoom.us/j/84502060769


今年の夏至祭@東京と@石川はコロナウイルスの影響を受けて、開催を断念していたのですが、なんと新しい仲間@秩父が参加してくれるとの報告を受けて嬉しく、@東京でも何かしようよ、ということになりました。

とはいえ、人を集めての室内イベントは難しいので、今年はオンラインでまったりと集まります。時間はキャンドルナイトにあわせて20:00から(19:00頃からopenしておきます)、挨拶したり乾杯したり、朗読の中に森を感じたり。キャンドルを灯したり。

どなたでもご参加いただけます。高階さんの朗読目当てはもちろん、前から参加してみたかった!とか主催してみたい!とか、どんな風に装飾するの?とか聞きたいこと何でも大歓迎です!

wm20200617-geshi.jpg


※Facebookイベントページに情報を随時更新していきます。
 詳細はこちらにてご確認ください。
 
 森を祝う「みんなの夏至祭」FB
  https://www.facebook.com/morigeshi/
   ※森を祝う「みんなの夏至祭」グループもできました!
    https://www.facebook.com/groups/morigeshilovers/

 私の森FB:イベントページ
     「森を祝う「みんなの夏至祭」+キャンドルナイト 2020」
  https://www.facebook.com/events/280233363172378/


【日時】
6/21(日)20:00~21:30くらい(19:00頃からつないでます)
【オンライン】上記の時間内に、下記のZoomのURLをクリックしてご参加ください。
  https://us02web.zoom.us/j/84502060769
【朗読】高階經啓さんによる、宮沢賢治作品から1編、たぶん
【参加費】無料

【よかったらお付き合いください】
 *画面に緑を!
  それぞれ作った夏至飾りを見せあえたら幸せ!
  間に合わない人はバーチャル背景を森に!
 *朗読の時間は、電気を消してキャンドルを灯したい
 *ささやかに「乾杯」したいので、ドリンクを何か。

【主催】私の森.jp+森を祝う「みんなの夏至祭」の仲間たち

-----
毎年東京会場で素晴らしい朗読を聴かせてくれる、高階經啓さんは、立ち上げ期から一緒に私の森.jpを創ってきた、編集部員でもあります。昨年は木林文庫のEcrit 須山 実さんセレクトの『不思議の国のアリス』からチェシャ猫とアリスの対話を朗読してくださって大好評でした。今年は宮沢賢治作品の中から森を感じる1編を予定してくれています!(当日までに変わるかも?)

【高階經啓(話し相手、ストーリーテラー)】

wm20200617-geshi-takasina.jpg

長年広告のコピーライター・プランナーとして活動。並行して、オンラインで人からお題をいただき(お代はいただかず)超短編創作をプレゼントするというSudden Fiction Projectを主宰し、演劇や映像のシナリオの執筆や演出も行い、朗読家としてライブも開催。近年はそれらをひっくるめてストーリーテラーと自称。2019年6月より、古くて新しい職業「話し相手」を開始。話すことでモヤが晴れる体験をお届けする頭と心のマッサージです。

http://facebook.com/
tsunehiro.takashina

 

 

///夏至祭の仲間のご紹介///

【森を祝う「みんなの夏至祭」2019@秩父】

wm20200617-geshi-titibu.jpg

●第一部: 6/21 14:00~
ーイベントに飾る為の飾り作りワークショップ
(山の恵みで作るオーナメント)
※作られた飾りは、夏至祭終了後にお持ち帰り頂けます。

●第二部: 6/21 16:30~18:30
ーみんなの夏至祭(秩父)
岩の広場でライブを行います。

詳しくはこちらからどうぞ!
https://www.facebook.com/events/299463504427534/

【『杉玉の高林』熊崎惣太さん】

wm20200617-geshi-kumasaki.jpg

毎回、夏至祭のために岐阜県下呂の森から香りの良いスギを提供してくださる「杉玉の高林」代表・熊崎惣太さん。今年の@東京開催は叶いませんでしたが、編集部の事務所宛に杉葉を届けてくださる予定です。箱を開けたときにふわっと広がるあの気持ちの良い香り。今年もみなさんと共有したかったです。
※ご近所の方に少しお分けしたいと思っています。事務所まで取りにいらっしゃれる方、お声がけくださいね。

杉玉の高林
http://sugidama-takabayashi.com/

【作ってみませんか? 夏至飾り「森の木だま」】

昨年2018年・2019年の共催パートナー、5×緑(ゴバイミドリ)さんが企画、RARI YOSHIOさんがデザインしてくださった「森の木だま」は、「この地球が、緑豊かな星であり続けるように」という思いを込めた夏至祭のための飾りです。杉がなくても、お庭の剪定枝を束ねるだけでも素敵な緑のスワッグ、夏至飾りをつくりませんか?

wm20200617-geshi-kodama.jpg

2019年07月01日
【レポート】RARIさんと一緒に夏至飾り「森の木だま」をつくろう ワークショップ
https://watashinomori.jp/news/2019/20190701_44.html

///キャンドルナイトについて///

オンライン夏至祭では、20時からスタートする高階さんの朗読タイムに合わせて、キャンドルナイトを楽しみましょう。
灯りとともに、朗読の世界や森を思い浮かべたり、遠く離れただれかのことを想ったり...。ぜひご一緒に!

cdn.jpg(「100万人のキャンドルナイト」公式サイトより転載)
「でんきを消して、スローな夜を」を合言葉に、2003年に大地を守る会が呼びかけ、「100万人のキャンドルナイト」はスタートしました。
夏至と冬至の夜8時から10時の2時間、電気を消してロウソクの灯火の下、ひとりひとりがゆっくりと考える時間を持つことを提唱しています。
いつもとは違う、ゆったりとした時間が流れる中で、ひとりひとりが思い思いに過ごし、ちょっと立ち止まって考えてみる。
考えることは、例えば、環境、平和、震災からの復興、食など、ひとりひとりの自由です。自由でありながらつながっている。
不思議な一体感を感じられるのが、「100万人のキャンドルナイト」です。

<オンライン開催>
100万人のキャンドルナイト2020「でんきを消して、スローな夜を。」
https://candle-night.tokyo/


私の森.jpのFacebookとTwitterで配信している最近のニュースをまとめました。


[STAFF]江藤拓農林水産相が、奈良県のブランド木材「吉野ヒノキ」で作った木製マスクをつけて記者会見を行ったそう。「木のいい匂いがする」とのコメントも。木製マスク、気になります。JiJi .COM→ow.ly/dX0w30qOgO1

[サイト更新のおしらせ] 森のクイズを更新しました。 Q)「梅雨」を「つゆ」と読むのはなぜ?という疑問もありますが、その前にそもそもなぜ「梅雨」と呼ぶのか。次の中で当てはまらないのはどれ? 3択クイズです!→ ow.ly/szWB30qP1SE

[サイト更新] グリーンプラって何? プラスチックの歴史を知り、脱プラと森について考えよう。おもしろ森学:森学ベーシック『プラスチックの歴史』 → ow.ly/iR0O30qOBzi

[STAFF]家の中に木を増やしたい、でもちょっとした棚を作るにもどんな材料がいいかわからない・・そんな方に朗報です。オンラインでスギ・ヒノキの材木購入からDIYまで相談にのってくれる、岡山県西粟倉村の「西粟倉・森の学校」。詳しくはキノマチウェブで→ow.ly/pHmZ30qMrCV

[STAFF]木材から空気中に出る成分が人の健康に与える効果について研究する「木の総合研究所・飛騨高山キュアウッドラボ」を創設したのは活動歴20年以上の家具職人さん。睡眠促進効果のある成分を寝室に、抗菌作用のある木材をキッチンに、などの展開も楽しみ。岐阜新聞Web→ ow.ly/W5dj30qMqDj

[STAFF]森に行きたい。でも移動は避けたい。そんなもどかしい思いに応え、自宅にいながら森林浴を楽しめる「森林セラピーパッケージ」の登場です。木のボタン、木曽ひのきの練り香水、精油、ルームスプレーなどから選べます。長野・上松町観光協会が販売開始。市民タイムス→ ow.ly/HZEA30qMqb6

[STAFF]コロナ禍でオープンを見合わせていた自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー・西条」(愛媛県西条市)が、6/6スタートの運びとなったそう。子どもたちが森の中で安全にのびのび遊べますように!観光経済新聞→ow.ly/H0Jq30qMrDz

[STAFF]ドアノブや電車のつり革を触ることにためらってしまう。そんな時、森好きさんならこのグッズがいいかも。新潟県三条市カネコ総業さんが開発した感染防止用の「守るくん」。ものをつかむ、鍵を開ける、ボタンを押すなど用途も多彩。新潟日報モア→ ow.ly/SgQW30qMq9q

[News]想定外!国有林で採取した山菜のフリマサイト転売が散見。食中毒の恐れも。森の恵みを受ける私達の良識が問われます。goo news→ (掲載終了)

[STAFF]リフォームに一部でも国産木材を活用すれば最優遇金利で融資を受けられる「森林再生リフォームローン」の受付が開始。アプラスが提供する「リフォームローン ゆとりR35」のキャンペーンとして取り扱うもので、11月30日までの期間限定。新建ハウジングDIGITAL→ ow.ly/YZZA30qJduM

[STAFF]日本初の木造ハイブリッド高層分譲マンションが来年3月、都内に竣工との記事。CLT耐震壁、LVLハイブリッド耐震壁など柱と壁の構造部に木質系構造部材を使用。材は鹿児県産スギや山梨県産アカマツなど。BUILT→ow.ly/rNE630qJvyh


フォローはこちらから!■Facebook  https://www.facebook.com/watashinomori.jp
■Twitter      https://twitter.com/watashinomorijp

Instagramもやってます。■Instagram  https://www.instagram.com/watashinomori.jp/


木暮人倶楽部さんより、自然哲学者、内山節先生の講演会開催のおしらせです。
コロナ禍のいまだからこそ、自然とともに生き、大いなるいのちの再生産に参加することの大切さが身にしみます。わずか1,000円で聴講することのできる、貴重な機会、どうぞお聴き逃し無く!

※Peatixのみでの事前入金の申込みとなります。


wm20200610.jpg

木暮人セミナー2020 第1回 内山節 講演会

森の哲学
「哲学は学問として学ぶためにあるのではなく美しく生きるためにある。」

【概要】

日 時:2020年7月11日(土)14時30分開場、15時~17時 
場 所:オンラインで開催予定です。
    ZOOMウエビナー 入金者にIDとパスをメールします。
参加費:千円
登壇者: 内山節(自然哲学者)うちやま たかし
内 容:かつて、日本人は森で暮らし、森からいろんなことを学んできました。森の哲学こそが、日本人の生き方だったのです。あらためて、人は森と繋がりあう暮らしを取り戻せるのか。
内山さんの思想と体験から、深い森で失っているものを見つけに行きましょう

セミナーチラシ(PDF)「木暮人セミナー2020 第1回内山節 講演会」

【申込先】

https://peatix.com/event/1446370
 今回は、上記のPeatixのみでの事前入金の申込みになります。
 ご注意願います。

【お問合せ先】

木暮人倶楽部


東京・下北沢にある、好奇心の森「ダーウィンルーム DARWINROOM」さんから、全5回シリーズの講座案内が届きました。講師は京都大学霊長類研究所教授・所長の湯本貴和さん、そして、キュレーターは編集者で、ご自身を「植物の奴隷」と称する関橋 知己さんです。

この連続講座は、『植物の惑星』シリーズの特別講座として位置づけられていて、多様な環境における植物と他の生態系の「共生」について考察を深める集中講座となっています。人類には、植物を動物よりも下等に考えてきた歴史がありますが、本来いのちの源ともいえる植物の叡智について学び、あらたな知の扉をひらいてみませんか?

オンライン講座ですので、ご自宅や外出先からでもご覧いただけます。ぜひご参加ください。もちろん、私の森.jpからも参加します(見逃せません!)


wm200608-DR1.jpg

「植物の惑星』特別企画シリーズの開催

湯本貴和ゼミ
植物が育む豊かな共生の世界
〜熱帯雨林から人新世まで〜

講師:湯本貴和さん|京都大学霊長類研究所教授・所長
キュレーター:関橋 知己さん|編集者/ライター

全5回シリーズ
第1回 6月19日(金)20時〜22時 動植物の共生系としての森林
第2回 7月10日(金)20時〜22時 共生とはなにか
第3回 8月21日(金)20時〜22時 草原という世界
第4回 9月18日(金)20時〜22時 里山、そのイメージと実像
第5回 10月16日(金)20時〜22時 人新世におけるヒトの『原罪』と可能性

参加料:各回¥2,900 税込|5回一括¥2,000割引:¥12,500税込(6/18まで)

▶オンライン参加サイトhttps://darwinroomyumotozemi01.peatix.com/

wm200608-DR2.jpg

 京都大学霊長類研究所教授・所長の湯本貴和さんが、『植物の惑星』シリーズの趣旨にご共鳴下さり、様々な環境における植物と他の生態系の「共生」について深く考察する集中講座をご提案くださいました! 植物生態学者として、植物がいかに動物を利用しているかに興味があるとおっしゃる湯本さん。
 熱帯雨林や屋久島などでの四十年近いフィールドワーク。地理学、考古学、民俗学などの異分野も統合しての日本列島の自然と歴史を調査する一大プロジェクト。そして現在はハイテクも駆使した観察で、三種の類人猿の住みかと食べ物から「ヒトはどこから来てどこへ行くのか」という問いに迫っていらっしゃるという、稀有な幅広さのご経験と知見をお持ちです。
 まさに『植物の惑星』を俯瞰しつつ、ドローンで縦横無尽に見聞するかのような講座になることでしょう。(文・関橋知己)
ーーーーー
湯本 貴和|ゆもと たかかず
1959年徳島県生まれ。植物生態学者、京都大学教授。1982年京都大学理学部卒業、1987年同大学院理学研究科博士課程修了、「極相植生における動物媒花植物の受粉様式に関する研究」で理学博士。1989年神戸大学教養部助手、1991年講師、1992年理学部講師、1994年京都大学生態学研究センター助教授、2003年総合地球環境学研究所教授、2012年京都大学霊長類研究所教授、2016年同所長。植物と動物の共生関係の研究から始めて、現在は人間と自然との相互関係の研究を行っている。所属学会は、日本生態学会会長、屋久島学ソサエティ会長、「野生生物と社会」学会元会長、日本熱帯生態学会、日本霊長類学会、日本植物学会、種生物学会、日本植生史学会、日本アフリカ学会など。
ーーーーー
初回を含めて当面オンラインで開催しますが、その後は新型コロナウイルス感染の状況をみながら、会場でもご参加できる「新たなかたち」を提案していきます。

【お申込み方法】

オンライン参加サイトから各回ごとか一括のチケットをご購入くださいますと、ダーウィンルームから当日ご入室いただくリンクURLをメールでお送りいたします。そこから開始30分前にお入りください。尚、双方向テレビ会議システムZoomを使用して行います。

▶オンライン参加サイト:https://darwinroomyumotozemi01.peatix.com/

【お問い合わせ】

主催:好奇心の森「ダーウィンルーム」
tel:03-6805-2638 mail:darwinroom@me.com
〒155-0032 世田谷区代沢5-31-8|下北沢駅から南へ徒歩5分

*好奇心の森「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」は、教養の再生(LIBERAL ARTS LAB)を理念に、選りすぐりの古書と動物剥製などの標本や、研究生活に便利な道具の販売と、専門家を招いたリベラルアーツ・カフェを行うユニークなショップ&ラボです。