ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

新着ニュース

熱帯林保護の活動をされているウータン・森と生活を考える会さんから、ボルネオ島の火災最前線とこれからの森づくりについての学習会開催のおしらせが届きました。
大阪と東京の2か所で開催されます。


「村人が語る!ボルネオ島の火災最前線とこれからの森づくり」

wm20190214.jpg

オランウータンなどの希少種が棲む生物多様性の宝庫ボルネオ島。
この島の大半を覆っていた原生林は、違法伐採やパーム油生産のための大規模農園、森林火災などによって半減しました。
日々消費されるスナック菓子やインスタント麺、マーガリン、コピー用紙など、ボルネオ島の熱帯林減少と私たちの消費生活とは決して無関係ではありません。
一方で、かつて違法伐採や金採掘に携わっていたタンジュン・ハラパン村の村人は、NGOの支援などにより森林再生の道に進みだしました。
このたび、タンジュン・ハラパン村の青年団メンバーをゲストを招き、現場で起っていることや村の将来に向けた活動など生の声をお聞きし、これからの熱帯林保全に向けて何ができるかを会場のみなさまと共に考えます。

【大阪講演】
日時:2019年3月31日(日)14:00~16:30(受付開始13:30)
場所:ドーンセンター セミナー室1
   ※京阪「天満橋」駅、
    Osaka Metro(旧大阪市営地下鉄)谷町線「天満橋」駅
   アクセス→ http://www.dawncenter.jp/shisetsu/map.html
   (大阪市中央区大手前1丁目3番49号)    
参加費:無料 定員:50人(申し込みに達し次第締め切らせていただきます)

☆当日のスケジュール☆
14:00 挨拶
13:35-14:00 ドキュメンタリームービー「もりをふたたび」上演、解説
14:00-15:00 タンジュンハラパン村青年団ドニーさん・フェブリさん講演
      (インドネシア語通訳付き)
(休憩 10分)
15:10-16:10 質疑・ディスカッション
      「これからの熱帯林保全に向けて何ができるか」
16:20 お知らせ、閉会

下記の申込フォームからお申込みください。
https://goo.gl/jjF4R8
または、contact-hutan@hutangroup.org まで

★終了後、インドネシア人ゲストを交えての懇親会を行います★
「ドニーさん・フェブリさんを囲んでの懇親会」
時間:17:00~19:00
場所・費用未定
参加希望の方は申込フォームよりお願いします。

【東京講演】
昨年末のスタディツアーに参加した日本の中高生とタンジュン・ハラパン村の青年団メンバーが、ボルネオ島の熱帯林減少と自分たちの生活とのつながりとこれからの熱帯林保全に向けて何ができるかを会場のみなさまと共に考えます。

日時:2019年4月7日(日)13:30~16:30(13:10受付開始)
場所:JICA地球ひろば2階 国際会議場
   ※JR、地下鉄「市ヶ谷」駅から徒歩10分
   アクセス→ https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html
   (東京都新宿区市谷本村町10-5(JICA市ヶ谷ビル内))
参加費:無料
定員:100人(申し込みに達し次第締め切らせていただきます)

☆当日のスケジュール☆
13:30 挨拶
13:35-14:00 ドキュメンタリームービー「もりをふたたび」上演、解説
14:00-15:00 タンジュン・ハラパン村青年団ドニーさん・フェブリさん講演     (インドネシア語通訳付き)
(休憩 10分)
15:10-15:40 ボルネオ保全学生グループSGBCメンバーとドニさん・フェブリさん対談
15:40-16:20 会場とともにディスカッション
16:20 お知らせ、閉会

下記の申し込みフォームからお申込みください。
https://goo.gl/r4sBHZ
または、contact-hutan@hutangroup.org まで

★終了後、講演会会場2階のJ's Cafeでインドネシア人ゲストを交えての懇親会を行います★
ご参加希望の方は申し込みフォームより、懇親会について参加するボタンを押してください。
「ドニーさん・フェブリさんを囲んでの懇親会」
場所:JICA地球ひろば2階J's Cafe
費用:3500円程度(学生は割引いたします)
時間:17:00~19:00
参加希望の方は申込フォームよりお願いします。

○海外ゲスト紹介:タンジュン・ハラパン村青年団メンバー○
ドニーさん:国立公園で働く心優しき青年。
青年団では、会計処理や事務作業を引き受ける縁の下の力持ち。

フェブリさん:中学校を中退したものの、独学で英語を勉強し、現在はガイドとして活躍中。
2015年の森林火災時には、火の中に飛び込んで消火した勇気ある青年。

お問い合わせ:contact-hutan@hutangroup.org

フェイスブックのイベントページはこちらです。
https://www.facebook.com/events/304991926882312/ (大阪)
https://www.facebook.com/events/150153325875143/ (東京)

ツイッターメッセージはこちらです。
https://twitter.com/HUTANGroupJAPAN/status/1093869871668981760 (大阪)
https://twitter.com/HUTANGroupJAPAN/status/1093825743916679168 (東京)

主催:ウータン・森と生活を考える会、ボルネオ保全学生グループSGBC(東京講演のみ)
協力:プランテーション・ウォッチ、ボルネオ保全トラスト・ジャパン(BCTJ)、palmstream

*本講演には地球環境日本基金の助成が使われます。


共存の森ネットワークさんから聞き書き甲子園フォーラム開催のお知らせが届きました。高校生が森・川・海の各名人の半生を記録し書き上げるプログラム。参加費は無料です。


【聞き書き甲子園フォーラム開催!】

wm20190213.jpg

2019年3月16日(土)、第17回聞き書き甲子園フォーラムを開催します。
今年も100名の高校生が森・海・川の名人の聞き書き作品を書き上げました。
ゲストには阿川佐和子さん、下村健一さんをおむかえし、高校生だけでなく、聞き書きOB・OGの若手社会人も登壇します。
みなさま、奮ってご参加ください!

詳細→ https://www.kyouzon.org/news/2412/

=====================
開催日時:3月16日(土)13:00開場、13:20開会

参加費:無料

会場:木材会館7階 檜ホール
(最寄駅:りんかい線・JR京葉線・東京メトロ有楽町線「新木場駅」より徒歩約4分)

定員:150名 ※先着順

申込み締切:3月7日(木)
※定員に達しない場合は、当日のご来場も可能です。

申し込み方法
イベント情報サイト「Peatix」より、参加登録をお願い致します。
URL: https://kikigaki17-forum.peatix.com
(※上記サイトをご利用になれない場合、件名に「フォーラム申込み」と記載し、(1)氏名(2)住所(3)電話(4)Eメール(5)所属(高校・団体・企業名等)を明記の上、FAXもしくはEメールで下記問い合わせ宛にお申込みください。お電話でもお受けいたします)
=====================

イベントに関する問合せ先
NPO法人共存の森ネットワーク(聞き書き甲子園実行委員会事務局)
〒156-0043 東京都世田谷区松原1‐11‐26 コスモリヴェール松原301
TEL : 03-6432-6580  FAX : 03-6432-6590
E-mail : mori★kyouzon.org(★を@に変えてお送りください)


釜石地方森林組合さんから、釜石大槌バークレイズ林業スクール第5期受講生募集のご案内が届きました。林業の次世代を担う人材育成のためのスクールです。


釜石大槌バークレイズ林業スクール第5期受講生募集

wm20190131.png

釜石地方森林組合は東日本大震災後、バークレイズグループの支援を受け、多様な知識とスキルを身につけた林業の次世代を担う人材を育成する「釜石・大槌バークレイズ林業スクール」を開設しました。

全国でも稀な民間主導の林業の人材育成事業としてスタートした林業スクールは3,400万円というバークレイズグループからの支援金を活用し運営してまいりましたが、いよいよ2019年度をもって終了となります。

並行して、支援に頼らない運営形態を模索するため、一部コースは全額受講者負担による参加費設定としました。

詳細は下記サイトからご確認ください。 全国のみなさまからのご応募お待ちしております。

*コース日程と参加費

(1)通年コース(毎月1度釜石に通学)=2019年5月~11月/参加費無料
募集期間2月1日~3月29日

(2)短期集中コース=8月17~21日/参加費9万3000円
募集期間4月1日~7月5日

※地域の人材を育てるという支援の趣旨に照らして受講料を設定しています。

■参考リンクURL
https://kamamorikumi.jp/education/
https://www.facebook.com/kamamorikumi/

■ イベントに関する問合せ先
釜石地方森林組合(担当:手塚)
釜石市片岸町1―1―1
tezuka_sayaka@kamaentai.org
電話 0193-28-4244


NPO法人里山倶楽部さんから、野鳥フェアのご案内が届きました。冬の野鳥観察会や、羽根の鑑定、地域の活動団体による展示など、イベントが盛りだくさんです!


wm20190118.jpg

「鳥っておもしろ!」石川河川公園 野鳥フェア

◆日時
2月22日(金)、23日(土)、24日(日)9:00~17:00

◆場所
石川河川公園 駒ヶ谷地区 管理事務所
※近鉄南大阪線「駒ヶ谷」駅から徒歩5分、駐車場あり(土日有料:620円)

~入場・閲覧無料(観察会は有料です。)~

1.野鳥に出会おう!

●2月23日(土) 冬の野鳥観察会 13:00~16:00
 石川の水辺や河川敷にいる鳥たちに会いに行きましょう。
・講師: 風間美穂氏(きしわだ自然資料館学芸員)、中村進氏(日本鳥学会会員)
・参加費300円 ・先着20名 / 申込開始: 1月20日(日)
・問合せ・申込先 072-956-1900 石川河川公園管理事務所

●2月24日(日) とり みぃっけ! 13:00~15:00
 鳥たちはどこからきたのかな。自分で作った双眼鏡で鳥をさがそう。
・参加費300円 ・先着30名 / 対象3才以上
・問合せ・申込先 06-6242-8720 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

2.野鳥を知ろう!

●なんてきれいな落しもの...鳥の羽根・はく製がいっぱい
 実物をさわってみると新しい発見が!約100種類の標本を展示します。
●鳥の羽根、鑑定します!
 この羽根だれのもの?持参いただいた羽根の落し主をしらべます。
●野鳥ベストショット写真 人気投票
 南河内にやってくるさまさまな鳥たち、あなたはどの写真がお気に入り?
 羽曳野写真連盟のみなさんの自慢の写真をじっくりご覧ください。

3.野鳥に親しもう!

●鳥や生きものがモチーフのグッズいろいろ
 バードカービングの作品や野鳥目録、キーホルダーなどを展示・販売します。
●羽根のアクセサリーづくり
 ふわふわの羽根でブローチやストラップを手作りします。
●野鳥のエキスパートがやってくる!
 日本野鳥の会やバードレスキュー協会など、大阪で活躍している専門家から、鳥のおもしろ話や珍しい観察体験などを聞きましょう。

4.野鳥を守ろう!

●石川や里山で活動する団体のブース出展&パネル紹介
・日本野鳥の会大阪支部      ・公益社団法人 大阪自然環境保全協会
・日本バードレスキュー協会    ・富田林の自然を守る会
・石川自然クラブ      ・NPO法人 里山倶楽部

●チャリティネット森が好き!への寄付
 グッズ売上の一部は里山や森林の保全活動に活用されます。

※詳細やお申し込みについてはこちら
 http://satoyamaclub.org/6910

※チラシのダウンロードはこちら

問合せ:072-333-0309 NPO法人里山倶楽部

共催:都市公園石川河川公園管理共同体/ NPO法人里山倶楽部/ 日本野鳥の会大阪支部
~このイベントは、日本フィランソロピー協会「東洋ゴム工業株式会社環境助成」の支援をうけています~


日本森林技術協会さんから平成30年度「地域内エコシステム」構築事業の成果報告会の開催のご案内が届きました。
「地域内エコシステム」構築事業は林野庁補助事業で実施されています。参加費は無料。


wm20190116.jpg

平成30年度 林野庁補助事業 林業成長産業化総合対策補助金 木材需要の創出・輸出力強化対策 「地域内エコシステム」構築事業 成果報告会開催のお知らせ

地域の関係者連携の下、小規模な熱利用また熱電併給により、森林資源をマテリアルのみならず、エネルギー利用としても、地域内で持続的に活用していく仕組み「地域内エコシステム」の構築に向けた実現可能性調査(F/S 調査)の結果を報告いたします。

※詳細は、記の専用HPよりご確認下さい。
 http://wb-ecosys.jp/

【大阪会場】
日時:2019年2月6日(水)13:30~17:00
場所:大阪コロナホテル 別館2階 200A会議室(大阪府大阪市東淀川区西淡路1-3-21)
定員:100名(先着順)

【東京会場】
日時:2019年2月21日(木)13:30~17:00
場所:スクワール麹町 3階 錦華の間(東京都千代田区麹町6-6)
定員:150名(先着順)

参 加 費 :無料
応募締切:大阪会場 2019年2月1日(金)
     東京会場 2019年2月18日(月)
応募方法:専用HP(http://wb-ecosys.jp/)から参加応募ページへ

以上

■チラシ
H30「地域内エコシステム」構築事業_成果報告会チラシ(PDF)

■ 関連リンク
「地域内エコシステム」構築事業

■ イベントに関する問合せ先
【事務局・問合先】
(一社)日本森林技術協会
〒102-0085
東京都千代田区六番町7番地
森林保全グループ バイオマスチーム
TEL:03-3261-9121
mail:mail@wb-ecosys.jp