ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

今回は、北海道旭川市を中心に、森林教育事業や、山主さんのニーズに沿った森林管理の提案をする「森の相談」など、様々な活動を展開している「NPO法人 もりねっと北海道」をご紹介します。


〜 団体掲載ページより抜粋 〜

森と人との循環をつくり、森も社会も健全にしていくために「森を活かし、人をつなぐ」様々な実践とコーディネートをしています。

morinet.jpg

【教育普及事業】
旭川市「突哨山」100haでフィールド管理や各種体験、小学校の授業、植生調査、市民が主導する協議会の事務局を担当。
その他の民有林などでも、幼児から大人までの森林体験・林業実習などの企画運営、森林教育教材の開発などを行っています。

【森林管理のコーディネート事業】
山主さんのニーズを聞き取り管理プランを提案する「森の相談」、森の活用に有効な幅2~3mで砂利なしの簡易な森林作業道づくりと技術者育成、山主さんの自伐支援やアマチュア林業用機材のテスト・普及、「薪クラブ」(共同作業場の運営と原木供給)、薪ストーブ・薪ボイラーの普及、市町村有林などの活用相談(管理・活用の長期プランニング)などを行っています。


▼団体の基本情報・お知らせコーナーなど続きこちら▼
私の森ネットワーク > NPO法人 もりねっと北海道


- - - - -

公式サイトとブログ(主に活動報告)へ訪れると、森を楽しみながら、地域の自分たちの手で生物多様性にも配慮した手入れを進めていこうという思いが伝わってきます。


【森林管理のコーディネート事業】の部分にも書いてありますが、山主さんのための管理プランの相談や、チェンソー選び、伐採技術の研修、 森の道づくり、木材の運び出し方法の検討など、自伐のサポートを実践されている点にも注目です。

・子どもに相続したい  ・山の手入れをしたい  ・管理は面倒・・・
・薪をとりたい     ・山を売りたい     ・森を寄贈したい
・生物多様性の森づくりをしたい  ・自分の山の境界がわからない

....など、様々な悩みを持つ山主の方(今後買おうとお考えの方)には、心強い存在ですね。サイト内の「道づくり」「森の相談」「薪クラブ」のページも分かりやすく書かれており、参考になると思います。ぜひご覧ください。