ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

私の森.jp FacebookとTwitterで配信している今週のニュースをまとめました。
なお、FBとTwitterも合わせてご利用ください。
■Facebook https://www.facebook.com/watashinomori.jp
■Twitter  https://twitter.com/watashinomorijp

==========

[STAFF]使ってみたい!森にも人にもありがとうを伝える郡上産材のスギの割り箸。漂白などの薬品処理を一切せず、スギ本来の色味や香りが活きているとの事。心豊かに食事ができそうです。ガジェット通信→http://ow.ly/ZYWHo

[STAFF]汎用木材による「2時間耐火木造技術」が初めて開発されたとのニュース。自由なデザイン性があり、様々な樹種を使用できるのだそう。電気新聞→http://ow.ly/ZYWI3

[STAFF]森林ジャーナリスト田中淳夫さんによる報告。都道府県が関わる「林業大学校」から森林組合が運営するコースまで、各地で林業スクールが相次ぎ開校。異色の「釜石・大槌バークレイズ」の事例も。HUFFPOST→http://ow.ly/ZYWIy

[STAFF]これは便利!DIY派のために道具や設備をととのえた貸工房が続々と誕生。体験教室もありビギナーからベテランまでOK、女性にも人気という。主な貸工房のリストもあります。読売オンライン→http://ow.ly/ZYWKH

[STAFF]スギ、ヒノキが終わったらイネ!?というのは花粉の話。他にもブタクサやヨモギなど、花粉の飛散ピークについてまとめてある。花粉症の方、要チェック!アメーバニュース→http://ow.ly/ZYWLc

[STAFF]何やら素敵な置物と思ったら加湿器。ヒノキを削った薄い板が水を吸い上げ、その水分が蒸発して室内に潤いと香りを広げてくれるという。清々しい。TABI LABO→http://ow.ly/ZYWLz

[STAFF]東京五輪の競技施設などに被災地の木材やCLTを使う案が浮上する中、「福島県はCLT生産を軸に森林資源活用の先駆的モデルをつくり地域再生に道を開こう」と論ずるコラム。書き手の想いが伝わってくる。福島民報→http://ow.ly/ZYYdJ

[STAFF]宮城県産木材を使ったモデル住宅「木材資料館」が完成、4月から名取市閖上地区の仮公民館として本格利用されるとの事。土台にヒノキ、柱はスギ、床・天井にはCLTが使われているそう。河北新報→http://ow.ly/ZYYSu

[STAFF]福島県で栽培ワラビの出荷が拡大との記事。土壌にカリウムをまくことによって放射性セシウムの吸収の抑制に成功、「ようやく明るい兆しが見えてきた」と生産者の声も。福島民報→http://ow.ly/ZZ1b7

[STAFF]生態学の視点から震災を考える講演会のレポート。津波被害の後に新しい干潟が湿地ができた例や、予想以上のスピードで植生がよみがえっている事実など、いろいろと興味深い。THE PAGE→http://ow.ly/ZYZDL

[STAFF]世界遺産登録を見据えた「やんぱるの森」でガイド登録制度の整備などを柱とした新構想の策定が進んでいるとの記事。新たな森林ツーリズムの始まりか。琉球新報→http://ow.ly/ZZ0tm