ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

この20年あまりの間に、森林を守る担い手として「市民」が登場し、急速に拡がってきました。けれど、森林をめぐる問題は更に深刻さを増し、市民参加の森林づくりもステップアップが求められています。このイベントでは改めて原点に立ち戻り、森林ボランティア活動の今後の方向について探り、次のステージに向けて考えていきます。

※パネルディスカッションには、「あの人の森は?」でご紹介している澁澤 寿一さんも登壇されます。

<森林と市民を結ぶ全国の集いについて>
これまで13回に渡って全国で開催してきた「森林と市民を結ぶ全国の集い」。市民参加の森林づくりの広がりの牽引役として、森林ボランティア活動のステップアップやネットワークづくりに寄与してきまた。

今年からは、これまでの役割を継承しつつ、森林ボランティア活動がより一層社会的に意義のある役割を発揮するための学びと交流の場となることを目指していくそうです。

参加対象は、森林保全活動を行っている団体の中心メンバーや森林・林業関係者の方々。異分野や同分野の先進事例を学び、また、相互の情報交換やネットワークづくりを目的とします。

これまでは、原則として年一回全国各地で開催されてきましたが、森林ボランティア団体の中心的なメンバーがより集まりやすいように、2年に一度大都市圏で開催することを検討し、その間の年には、各地域での開催を呼びかけるそうです。

-・-・-・

森林と市民を結ぶ全国の集い2009 in Tokyo
~今、あらためて問う“森林”の価値~

●日 程:2009年12月5日(土)~6日(日)

●会 場:立教大学 池袋キャンパス
      東京・池袋駅西口より徒歩7分 
 http://www.rikkyo.ac.jp/access/pmap/ikebukuro.html
 ※お申込みいただいた方には、後日詳細をお送りします。

●費 用:
 一日目(12/5) 参 加 費:1,000円
 一日目(12/5)交流会費:3,000円
 二日目(12/6) 参 加 費:1,000円
 ※参加費・交流会費は当日お支払いください。
 ※昼食や宿泊の費用・手配は各自でお願いします。
 ※もし宿泊先でお困りの方は、以下までお問合せください。
    JTB吉祥寺支店 営業課 担当:遠田(えんた)
     電話:0422-23-0611(平日9:30-17:30・土日祝日休業)

●プログラム:

○シンポジウム
 1) 問題提起
   「あらためて森林の価値を問う」
   内山  節〔哲学者〕
 2) パネルディスカッション
   「あらためて森林の価値を考える
   ~わたしたちは何を目指すのか~」
   コーディネーター:
    山本 信次〔岩手大学准教授〕
   パネリスト:
    澁澤 寿一〔(特)樹木・環境ネットワーク協会〕
    辻   一幸〔山梨県早川町長〕
    寺川 裕子〔(特)里山倶楽部〕
 3) 参加者持ち込み企画
   ・皆さんの様々な企画をご発表ください。

○交流会
 ・全国の仲間達と交流ができますのでぜひご参加ください。

○分科会・全体会
 ・第1分科会「森林とともに暮らす魅力」
 ・第2分科会「生物多様性を育む森林づくり」
 ・第3分科会「どう広げる?森林づくり」
 ・第4分科会「山の暮らしから森林を考える」
 ・第5分科会「伝統的な木の文化を伝えていく森林」
 ・第6分科会「組織は人を育てていますか? ~人づくりについて考える~」
 ※分科会の内容等は変更する場合があります。予めご了承ください。

●お申込み方法:
下記のホームページよりお申込みください。
http://form1.fc2.com/form/?id=476418

●主 催:
 森林と市民を結ぶ全国の集い実行委員会
 (社)国土緑化推進機構

●特別協力:
 立教大学ESD研究センター

●お問い合わせ:
 (特)森づくりフォーラム内
 森林と市民を結ぶ全国の集い実行委員会 事務局
 〒113-0033 東京都文京区本郷3-2-3 斎藤ビル3階
 TEL: 03-3868-9535
 FAX: 03-3868-9536
 全国の集い専用メール tsudoi@moridukuri.jp
 ※@は半角にしてご利用ください。

◆詳しくはコチラをご覧ください。


Cyberforest for Environmental Education (CF4EE)
信州大学志賀自然教育園ライブ音 #otanomo
University of Tokyo Cyberforest CC-BY-SA 4.0