ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

「森の“聞き書き甲子園”」の高校生と森の名人の交流を追ったドキュメンタリー、映画「森聞き」が、札幌と大阪でも上映されるそうです!

●札幌・シアターキノ
   → 10月29日(土)〜11月4日(金)/舞台挨拶は29日 
●大阪・第七藝術劇場
   → 11月12日(土)〜12月2日(金)/舞台挨拶は12・13日
 

森の名人たちの何気ない言葉が心に響きます。
▼私の森.jpスタッフの感想はこちら
http://watashinomori.jp/news/2011/20110422_55.html

その他、石川、広島、東京、沖縄、大分、新潟、岐阜、
京都、兵庫、静岡、島根、神奈川でも、続々上映されます!
▼上映情報
http://www.asia-documentary.com/morikiki/joei.html

ぜひぜひご覧ください!!


これより下、転送歓迎です。 ↓
--------------------------------------------------------
映画「森聞き」(morikiki)札幌公開のご案内
--------------------------------------------------------

北海道上ノ国町在住の木こり名人と真狩村の
高校生が出演するドキュメンタリー映画「森聞き」が
10月29日(土)から札幌で公開されます。
ぜひご覧下さい。


映画の内容 -----------------------------------------------

綱一本で大木に登る76歳のおじいちゃん
小学校3年生から焼き畑を続けてきた85歳のおばあちゃん。
そんな暮らしが日本にあることすら想像していなかった高校生たちは
年老いた名人の言葉に揺さぶられていきます。

進学や就職、今まさに人生の岐路に立つ高校生4人を追い
世代を超えた一対一の交流を見つめました。


★上ノ国町の名人登場!

北海道真狩村の高校生、栄二も「聞き書き」に参加し
檜山郡上ノ国町の山子(=木こり)長谷川さん(84)を訪ねます。
卒業後は林業に就きたいという栄二を、長谷川さんは
真冬の森に連れて行きます。北海道の木こりは雪山を舞台にし
かつて山子たちは冬のあいだ雪山に小屋を張り、住み込んで
木を切っていました。それは死の危険と隣り合わせのものでした。
雪国の山子の悲しみと喜び、誇りを語りながら
「壁に突き当たったときはまた訪ねて来い」と栄二を励まします。

監督からのメッセージ -------------------------------------

100人の高校生が、100人の「森の名人」を訪ねる試みが、
10年前から続けられています。
山の暮らしの知恵や技、人生を聞き書きするためです。
高校生たちが出会う「森の名人」たちは、「失われていく郷愁」ではありません。
物事をひとつの価値で測るのではない、もう一つのものの見方、
もう一つの生き方、空間があります。そこには、日本人が今後
どう生きていくのか、という「未来を描く」ためのヒントが見えてきます。

上映情報 --------------------------------------------------

■ 札幌・シアターキノにて公開

10月29日(土)-11月4日(金)

*29日は、監督の舞台挨拶があります。
 更に上映後は、監督と観客がゆっくり話す
 「森聞き」コーヒーたいむも開催。
 映画とおしゃべり、ぜひご参加ください。
 (飲み物代はご負担ください)

*1日1回上映。11:25-13:31終了
(予告編なし、本編からの上映です。)
 

■お問合せ シアターキノ
  tel: 011-231-9355
  http://theaterkino.net/


☆「森聞き」ホームページ
http://www.asia-documentary.com/morikiki/

☆公式Twitter
http://twitter.com/#!/morikiki_movie


========== 札幌上映情報ここまで ==========


----------------------------------------------------------------
映画『森聞き』(morikiki)関西劇場初公開のご案内
----------------------------------------------------------------

木こり、焼き畑、茅葺き・・・。
自然の恵みを活かし、なりわいとしてきた「森の名人」と
進学・就職を目前にした高校生が一対一で向き合うドキュ
メンタリー映画『森聞き』が、関西劇場初公開です。
一人で見知らぬ土地の「名人」を訪ね、山の暮らしの知恵
や技、名人の人生を聞こうと賢明に向き合う不器用なその
姿に、清々しい希望を感じます。柴田昌平監督が、森を
舞台に人生の達人と高校生の交流を見つめた作品です。
ぜひ劇場でご覧ください。

-------------------------------------------------------------------

■第七藝術劇場にて http://www.nanagei.com/
【11月12日(土)〜12月2日(金)までロードショー公開】

11月12日(土)〜11月18日(金)12:15〜上映(1日1回上映)
11月19日(土)〜11月25日(金)13:25〜上映(1日1回上映)
11月26日(土)〜12月 2日(金)18:30〜上映(1日1回上映)

★11月12日(土)、13日(日)は上映後、
柴田昌平監督の舞台挨拶&観客とゆっくり語る
『森聞き』コーヒータイムを予定しています。


■料金:前売り1,300円 当日一般1,500円 専門・大学生1,300円 
    中・高・シニア1,000円
【前売り券販売中】
ローソン( Lコード:56883)
チケットぴあ( Pコード:462-976)

■お問合せ:06-6302-2073(第七藝術劇場)

☆「森聞き」ホームページ
http://www.asia-documentary.com/morikiki/

☆公式Twitter
http://twitter.com/#!/morikiki_movie


映画の内容 -----------------------------------------------

「何か、今、世界が変わる時期に来ている気がする・・・」
そう高校生がつぶやいた。

豊かさを求めて、多くの日本人がひとつの価値観で突き
進んできた社会。高校生はその映し鏡のようです。
時代の空気を敏感に感じ取り、漠然とした将来への不安
や生き苦しさを抱えています。
そうした高校生たちが、「森の名人」と呼ばれる山村暮ら
しの老人たちを訪ねました。

山の暮らしの知恵や技、名人の人生を「聞き書き」する
ためです。

綱一本で大木に登る76歳のおじいちゃん、小学校3年生
から焼き畑を続けてきた85歳のおばあちゃん。
そんな暮らしが日本にあることすら想像していなかった
高校生たちは、年老いた名人の言葉に揺さぶられていきます。

進学や就職、今まさに人生の岐路に立つ高校生4人を追い
世代を超えた交流を見つめました。

大地に足を着けて生きる「森の名人」たちからは
日本人が今後どう生きていくのかという
「未来を描く」ためのヒントが見えてくるようです。

-----------------------------------------------------------
9月に放送されたNHKスペシャル
「クニ子おばばと不思議の森」の椎葉クニ子さんが
名人の一人として映画『森聞き』に登場します。
-----------------------------------------------------------

“焼き畑名人”クニ子さんと女子高生!

クニ子おばばは優しいだけじゃない。高校生に何を語る? 
世渡り・・・生きる知恵・・・。
大地に生きる四人の名人たちと真っ直ぐな高校生たち。
日本は捨てたもんじゃない!
映画『森聞き』ぜひご覧ください。

*転送歓迎です。


========== 大阪上映情報ここまで ==========


公式HPでは、予告編を観ることができます。
http://www.asia-documentary.com/morikiki/yokoku.html


Cyberforest for Environmental Education (CF4EE)
信州大学志賀自然教育園ライブ音 #otanomo
University of Tokyo Cyberforest CC-BY-SA 4.0