私の森.jp 森と暮らしと心をつなぐ

ブレッドクラムメニューです。
ホーム
おもしろ森学
編集部のコレおすすめ
神去(かむさり)なあなあ日常

おもしろ森学

編集部のコレおすすめ

森の本

一覧へ戻る

神去(かむさり)なあなあ日常

著者:三浦しをん
出版社:徳間書店
価格:定価 1,620円(1500円+税)

amazonで買う

神去(かむさり)なあなあ日常
 

私の森.jp編集部の「ここがオススメ!」

林業版『坊っちゃん』とでも言うような面白さです。

高校を出たら適当にフリーターで食って行こうと思っていた横浜の18歳男子「俺」が、まわりに勝手に就職先を決められて、いきなり林業の現場に放り込まれる……という乱暴な導入部から始まるお話。林業版『坊っちゃん』とでも言おうか、三重県中西部の神去(かむさり)村でのリアルなようなドタバタ劇のような日々を描いていて痛快だ。何しろキャラの立った登場人物がどんどん出てきて大暴れするので、笑えるし、引き込まれるし、ほろりともさせてもらえる(個人的には四章で2回もぐっときた!)。

林業についてど素人の「俺」目線で解説してくれるので、知らず知らず森の仕事に詳しくなってしまう。作者の田舎がモデルになっていて、尾鷲や松坂に足を運んで取材したというだけあって山の仕事に関する臨場感も満点。ちなみに作者のおじいさんは小説に出てくるキャラに負けず劣らず豪快なキャラだったとか。ポップな感覚ですいすい読めるコミカルな作品なので、森林や林業への興味や知識がなくても楽しく読めるし、読み終わると森好きさんになっていること間違いなし! 読んで気に入ったら、ぜひ身の回りの友だちにすすめたりプレゼントしたりしてみてください。

(編集部:たかしな)

里山ライフのごちそう帖

柳宗民の雑草ノオト

自然セラピーの科学 : 予防医学的効果の検証と解明

Woodcut

野生めぐり:列島神話の源流に触れる12の旅

山の名作読み歩き〜山の文章世界の道しるべ〜

樹木葬という選択: 緑の埋葬で森になる

新しいキャンプの教科書

森へ

ヨーロッパ文化とカラマツ

「身体」を忘れた日本人

造園植栽術

「音いろいろ」シリーズ CD癒しの森「戸隠の森」

月刊「たくさんのふしぎ」2015年4月号「いのちのひろがり」

Fielder vol.21 大特集:森の恵み

 

ページの先頭へ

グローバルメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
サポートメニューです。
私の森.jpについて
お問い合わせ
サイトマップ
コンテンツメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
私の森.jpの歩き方
あなたの森はどこ?
森のクイズ
私の森.jp 写真部
私の森ネットワーク
ポリシーメニューです。
サイトのご利用について
プライバシーポリシー