私の森.jp 森と暮らしと心をつなぐ

ブレッドクラムメニューです。
ホーム
おもしろ森学
編集部のコレおすすめ
ふきまんぶく

おもしろ森学

編集部のコレおすすめ

森の本

一覧へ戻る

ふきまんぶく

文と絵:田島 征三
出版社:偕成社
価格:定価 1,728円(1,600円+税)

amazonで買う

ふきまんぶく
 

私の森.jp編集部の「ここがオススメ!」

里山のにおいや土のぬくもりに包み込まれるようなお話

子供の頃、祖父とふきのとうを採りに、よく河原の土手へ出かけました。
ふきのとうは苦くて子供の私には苦手な食べ物でしたが、雪の間から顔を出して
いるふきのとうを見つけては、祖父に
「これはつぼみだから大丈夫。」
「こっちはもう花が咲いてるから美味しくない。」
と判定してもらうのがとても楽しかった事を覚えています。

「ふきまんぶく」は、山に群生する蕗(ふき)たちと山の麓の村で暮らす人間の女の子「ふきちゃん」との交流を描いたお話です。舞台となっている東京都西多摩郡日の出村では、まんじゅうの事を「まんぶく」と呼ぶ事から、ふっくらとまるくてまんじゅうのようなふきのとうを「ふきまんぶく」と呼んでいるそうです。

「ふきまんぶく」には、蕗の魅力が、美しい色彩でとても丁寧に描かれています。例えば、葉の縁に夜露を珠のように溜めてキラキラと輝く姿や、その露の珠を葉脈、葉柄を通して土へと流し込む様子(ロータス効果と呼ばれています)、さらには、成長したふきのとうがタンポポの綿毛のようになって、種子を飛ばす姿など、ふきのとうの「その後」をよく知らなかった私には大変興味深いものでした。
(恥ずかしならが「蕗」と「ふきのとう」は別の植物だと思っていました。)

作者、田島征三さんのどっしりとして力強い絵は、それぞれの場面が持つ"におい"を伝えてくれます。真夏の夜の蚊取り線香に、畑からわき上がる「むぅっ」と温かい土の匂い、道の途中の牛小屋や、うっそうと生い茂る蕗たちのむせ返るような青臭さなど、全てのページから、里山のにおいが漂ってきます。 大人になってもこの絵本に惹きつけられるのは、絵の温かさの他にも、都市部に生活する私たちが、忘れてしまったあのにおいを懐かしく思い出せるからかもしれません。

家事や仕事に疲れた時などには、ふとこの絵本を開いてみてください。 ふんわりした土のぬくもりや、鮮やかな黄緑色をしたふきまんぶくたちから元気を分けてもらえるかもしれませんよ。

(編集部:さいとう)

里山ライフのごちそう帖

柳宗民の雑草ノオト

自然セラピーの科学 : 予防医学的効果の検証と解明

Woodcut

野生めぐり:列島神話の源流に触れる12の旅

山の名作読み歩き〜山の文章世界の道しるべ〜

樹木葬という選択: 緑の埋葬で森になる

新しいキャンプの教科書

森へ

ヨーロッパ文化とカラマツ

「身体」を忘れた日本人

造園植栽術

「音いろいろ」シリーズ CD癒しの森「戸隠の森」

月刊「たくさんのふしぎ」2015年4月号「いのちのひろがり」

Fielder vol.21 大特集:森の恵み

 

ページの先頭へ

グローバルメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
サポートメニューです。
私の森.jpについて
お問い合わせ
サイトマップ
コンテンツメニューです。
ニュース&トピックス
森へ行こう!
あの人の森は?
おもしろ森学
ポスト3.11と森
暮らしと森製品!
私の森.jpの歩き方
あなたの森はどこ?
森のクイズ
私の森.jp 写真部
私の森ネットワーク
ポリシーメニューです。
サイトのご利用について
プライバシーポリシー