森のクイズ
Q
Q森のクイズ No.02

針葉樹 と 広葉樹の成長の早さは違う?

葉が針のように尖って長いマツやスギなどを針葉樹、平たく丸みを帯びた葉のサクラ、ケヤキなどを広葉樹と呼びます。針葉樹と広葉樹、成長が早いのはどちらでしょうか?

  • 針葉樹
  • 広葉樹
答え見る
答え見る
正解

1針葉樹

生育する温度や湿度によっても異なりますが、針葉樹はだいたい40〜60年ほどで建築材料として使える木に育ちます。針葉樹は育つのが早く、加工しやすいため、木造の家を建てる目的で、戦後大量に伐採されました。また、昭和30年代に「拡大造林」という方針によって植林が促され、針葉樹の人工林は全国に広がっています。

一方、幹が太くゆっくり育つ広葉樹は、一人前の木になるまでに150〜200年かかると言われています。あまり植林はされていません。材質が硬いので、私たちが生活の中で触れる家具やフローリング材、楽器などによく用いられています。