森のクイズ
Q
Q森のクイズ No.111

一番のねぼすけは誰?

春になると、生き物たちが冬眠から目覚めますが、その時期は実はさまざま。さて、次のうちで一番目覚めが遅いのは?

  • カメ
  • ミツバチ
  • ヘビ
  • モンシロチョウ
答え見る
答え見る
正解

1カメ

一般的に、2~3月にかけてミツバチ3月下旬にヘビ・モンシロチョウ、そして4月上旬にカメという順で、冬眠から目覚めます。
カメの目覚めがのんびりなのは、どことなくイメージ通りで微笑ましいですね。

(1)カメ(2)ミツバチ(3)ヘビ(4)モンシロチョウ

(1)カメ(ニホンイシガメ)
Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by Totti

(2)ミツバチ
Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by Fir0002

(3)ヘビ(ヤマカガシ)
Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by Yasunori Koide

(4)モンシロチョウ
Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by Richard Bartz

「変温動物」とも呼ばれる彼らは、厳しい冬の期間、地中・木のほら穴・枯葉の下など、温度変化の少ない安全な場所を選んで冬眠しています。

春になると、暖かなお日さまのもと、甲羅干しをするカメや、ひなたぼっこするチョウの姿を目にすることがありますが、実はこれらも、太陽熱を吸収して体温を適温に保つための行為。
チョウの優れた体温調節メカニズムは、太陽光発電の技術にも取り入れられているそう。
生物が自然と兼ね備える「生きる力」には、何時だって驚かされてしまいますね。

参考リンク
コトバンク:冬眠
Wikipedia:変温動物
Butterfly wings inspire a better way to absorb light in solar panels(蝶をモデルにした発電メカニズム)