森のクイズ
Q
Q森のクイズ No.115

撫子(ナデシコ)の別名とは?

秋の七草の一つである撫子には、古来、別の呼び名がありました。次のうちどれでしょう。

  • 常夏
  • 秋風
  • 麗人
答え見る
答え見る
正解

1常夏

秋の七草である撫子(ナデシコ)が「常夏(とこなつ)」とは、少し意外な気もしますが、平安時代にはすでにそう呼ばれていたようで、「常夏」は源氏物語の一つの巻名ともなっています。光源氏と玉鬘(たまかずら)が詠んだ和歌、「なでしこの とこなつかしき色を見ば もとの垣根を人や尋ねむ」にちなんだ巻名です。

カワラナデシコ

「カワラナデシコ」
Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by Qwert1234

江戸時代には、「伊勢なでしこ」と「常夏」の2つの流れが生まれ、広く栽培されていました。明治に入っても大流行した時代があったようですが、当時の品種は現在ではほとんど残っていません。

6月~8月頃にかけてピンク色の花を咲かせます。「我が子を撫でるようにかわいい花」からこの名前になったという説もあります。日本女性のことを大和撫子と呼ぶのは、その可憐さからでしょうか。ちなみに、サッカー日本女子代表チームの愛称「なでしこジャパン」は、「大和撫子が世界に羽ばたき、世界に通用するように」との願いを込め、「大和」のところが「ジャパン」となったそうです。

参考リンク
季節の花300
Wikipedia「常夏」
Wikipedia「ナデシコ」