森のクイズ
Q
Q森のクイズ No.51

"1人4役"の高性能林業機械とは?

高性能な林業機械がいろいろ登場していますが、木を伐り倒し、枝を払い、長さをそろえ、積み上げる全プロセスをやってのける"1人4役"のスゴい林業機械の名前はどれ?

  • キコリクン
  • ハーベスタ
  • プロセッサ
答え見る
答え見る
正解

2ハーベスタ

高性能林業機械とは、従来の林業機械(チェーンソーや刈払機など)に比べて、「伐倒」「枝打ち」「玉切り」「集積」そして「集材」といった一連の作業を効率化し、林業従事者の身体への負担を軽減するなど、性能が著しく高い林業機械をさします。ハーベスタ以外にも、フェラーバンチャ(伐倒、集積)、スキッダ(集材)、プロセッサ(枝払い、玉切り)、そしてさまざまな集材方法を提供するフォワーダ、タワーヤーダ、スイングヤーダなどがあります。

高性能林業機械は、1980年代後半から北米や北欧,オーストリアなどで開発・普及が進められてきました。日本でも、急峻で複雑な地形、伐採対象木の大径化といった日本の森林・林業特有の条件に合った先進的な林業機械の開発・導入が進められ、平成21年度には約4,200台が林業の現場で使用されています。1人4役の「ハーベスタ」の働きぶりにはきっと感動します。動画でご覧ください。

イワフジGPi40HVハーベスタ IWAFUJI harvester イワフジ工業株式会社

参考リンク
林野庁:高性能林業機械とは