森のクイズ
Q
Q森のクイズ No.52

コアジサイってどんな花?

梅雨時に綺麗に花を咲かせるアジサイ。花に見える部分は実はガクなのだそうですが、ではコアジサイってどんな花?

  • ガクがない
  • ガクが小さい
  • ガクが粉っぽい
答え見る
答え見る
正解

1ガクがない

アジサイの基本形は、中心に「両性花」、その周囲に「装飾花」という組合せ。「両性花」は種をつくる花ですが、小さくて目立ちません。「装飾花」の花びらに見えるものは実際にはガクで、その中心部の花はめしべや子房が退化して種をつくれません。「アジサイの花に見える部分は実はガクだ」というのは、この装飾花のガクのことです。

マリのような姿のアジサイは、両性花のほとんどが装飾花に置き換わった状態なのだそうです。マリ状のものを手鞠咲(てまりざき)、基本形を一重額縁咲(ひとえがくぶちざき)と呼びます。ヤマアジサイではこれらの他に装飾花が八重咲きになったものや斑入りの葉っぱなどバラエティに富んだ姿を楽しめます。

アジサイの仲間の「コアジサイ」は両性花だけの花で、派手な装飾花がありません。関東地方以西の本州、四国、九州に分布していて、明るい林内や林縁などで見かけることができます。6-7月の山歩きの際には、ヤマアジサイだけでなく、ひっそりと繊細な花を咲かせるコアジサイもぜひ探してみてください。

繊細な花を咲かせる「コアジサイ」
コアジサイ

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by junsuke

参考リンク
Wikipedia「コアジサイ」

参考文献
『鎌倉のあじさいと名花名木めぐり』(川島榮生(著)、池田正宏(監修)/アボック社)