森のクイズ
Q
Q森のクイズ No.53

"バットの森"の樹種は何?

木製バットの材料に適した材はいろいろありますが、全国各地に造林されている「バットの森」はどの樹種でしょうか?

  • シラカシ
  • カエデ
  • アオダモ
答え見る
答え見る
正解

3アオダモ

プロ野球のバットに使われる木としては,日本ではアオダモ(コバノトネリコ)が有名です。アオダモは材質の強靭さからジャパニーズヒッコリーとも呼ばれています。バットのほかにテニスラケットのフレームとしても最良のものとされています。

アオダモは従来天然林に依存しており、植林はほとんど行われてきませんでした。けれどもアオダモ製のバットの需要が高まる中、天然林に自生するアオダモ資源は急激に減少してきました。そこで近年になって、北海道を始め全国各地で「バットの森」としてアオダモの植樹の取組みが行われるようになりました。

アオダモと「バットの森」

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by Qwert1234

木製バットの樹種としてはアオダモの他に、ヤチダモ、センノキ、ホオノキなどが利用されています。ヤチダモは生産本数が多くセンノキは少年用のバットとして、ホオノキはノック用のバットとして利用されています。アメリカではアオダモの仲間のホワイトアッシュや、クルミの仲間のヒッコリーやペカン、ハードメイプルがメジャーリーグで流行しているようです。

ちなみにイチロー選手はアオダモ松井秀喜選手はハードメイプル、というように選手ごとに好みの樹種が違うそうです。バットコントロールでボールを運ぶイチロー選手は、バットとボールの接触時間を長くするため、反発力がやや小さい方がよく、ボールを強く跳ね返す松井選手の場合は反発力が大きい方が合っているのではないかという分析もあります。野球番組を見る時にバットの素材と打法の関係にも注目してみてはいかがでしょう。

参考リンク
林野庁北海道森林管理局「バットの森への道案内」
林産試験場「林産試だより2005年10月号 Q&A 「バットに適した木」」
ミズノボールパーク「バットの森づくり 記念植樹会」
森林・林業白書を読もう!:平成23(2011)年版:参考事例集(プロ野球の森)