森のクイズ
Q
Q森のクイズ No.65

海の栄養を森に運ぶのは何?

「森は海の恋人」という言葉にもあるように、豊かな森は豊かな海を支えています。逆に、海の栄養を森に運ぶ役割を果たしている現象があります。次のうちのどれでしょう?

  • 高潮や津波による海水の逆流現象
  • サケやマスなど海からの魚の遡上
  • 海水が蒸発し雨になる水の大循環
答え見る
答え見る
正解

2サケやマスなど海からの魚の遡上

北海道林業試験場の調べでは、川を遡って産卵した後のサケの死体は、川の中の生き物だけでなく、陸上で生活する哺乳類・鳥類・陸棲昆虫などの生き物たちの食糧としても大事な役割を果たしています。北米の調査研究では、ワシ、クマ、キツネなどがサケを捕食し森(河畔林)に運搬していること、これらの生き物たちの糞や食べ残しが、河畔の植物に栄養分として利用されていることもわかってきました。

北海道林業試験場 森林環境部「海の栄養、森へ還る」の図を元に作成

北海道林業試験場 森林環境部「海の栄養、森へ還る」の図を元に作成

調査は「窒素安定同位体(通常の窒素より質量数が 1個多い窒素)」を測定して行います。通常、北海道のような寒い地域の森林では、土壌や樹木の「窒素安定同位体」は低い値となります。一方、サケ科の魚類の体内で「窒素安定同位体」は高い値を示します。
サケが遡上する河川で河畔に生育するヤナギの葉の「窒素安定同位体」を調べたところ、サケの遡上限界より上流、つまりサケがたどりつかない上流では0からマイナスと低い値をとったのに対して、サケが遡上する区間では高い値となりました。サケに由来する栄養が届いていることが確認されたのです。
卵からかえったばかりの頃、河畔林に育ててもらったサケやマスからの恩返しと言えるかもしれませんね。

参考リンク
北海道林業試験場 森林環境部「海の栄養、森へ還る」(PDF)