森のクイズ
Q
Q森のクイズ No.67

真っ赤な指状の毒キノコはどれ?

さわるだけでも手がただれる!強力な毒を持つ、真っ赤な指状のキノコはどれ?

  • コレラタケ(旧名ドクアジロガサ)
  • ベニテングタケ
  • ドクツルタケ
  • カエンタケ
  • クサウラベニタケ
答え見る
答え見る
正解

4カエンタケ

夏から秋にかけて、ブナ、コナラなどナラ類の広葉樹林の地上に発生します。立ち枯れた広葉樹の根際や、なかば地中に埋もれた倒木に群生し、時には一本だけ単生することもあります。表面はオレンジ色から赤色で、細長い円柱状または棒状の姿は「土から手の指が出ているよう」と言われます。ちなみに中は白く硬いそうです。

毒性は強く、さわるだけでも手がただれる場合があります。日本国内の死亡例もあるそうなので、食べてはいけないのはもちろんのこと、絶対に触ってもいけません。目立つ姿なので子どもなどが珍しがって触るようなことがないように気をつけたいものです。

カエンタケ

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by Kouchan

食用キノコに似た毒キノコは多くありますが、カエンタケも、食材として使用されるベニナギナタタケと間違えて食べられてしまう恐れがあるそうです。森に入ってキノコ採りをする人は、食べられるキノコと毒キノコの違いについてよく調べて、くれぐれも注意してくださいね。

参考リンク
厚生労働省 自然毒のリスクプロファイル
Wikipedia コレラタケ
Wikipedia ベニテングタケ
Wikipedia ドクツルタケ
Wikipedia カエンタケ
Wikipedia クサウラベニタケ
Wikipedia ベニナギナタタケ