森のクイズ
Q
Q森のクイズ No.99

蓮と睡蓮の違いは?

ハスとスイレンはよく似ていますが、花や葉の形が少しずつ違います。次の中でハスに当てはまらないのはどれ?

  • 花が水面より上に咲く
  • 根がレンコンとして食べられる
  • 葉に切り込みがある
答え見る
答え見る
正解

3葉に切り込みがある

ハスもスイレンも丸い葉ですが、ハスの葉には切り込みがなく、スイレンにはある。また、ハスの葉は水を弾き、スイレンは弾かない、ハスの花のほうがスイレンよりも水面から高い位置に咲くなど、それぞれの特徴があります。

上野不忍池の蓮と平安神宮神苑の睡蓮(撮影:私の森.jpスタッフ)

(撮影:私の森.jpスタッフ)

ハスの根はレンコンとして食卓にのぼり、葉っぱは乾燥させてお茶に、若い緑の花托から取り出した実(種子)は生食されたり、「餡」にしたり、実の若芽もお茶にするなど、食用や薬用として人々の暮らしに取り入れられて来ました。

仏教では、泥水の中から生じ清浄な美しい花を咲かせる姿が仏の智慧や慈悲の象徴とされました。ハスとスイレンを指して「蓮華」と呼び、如来像の台座「蓮華座」をはじめ、厨子の扉の内側の蓮華の彫刻、仏前に置かれる木製の蓮華など、さまざまなところにこの意匠が用いられています。「蓮は泥より出でて泥に染まらず」との成句があるように、蓮華は清らかさや神聖さの象徴として称えられることが多いようです。

7月から8月が開花時期。花びらが開き始めてから3、4日で散ってしまい、また、午前中に開き午後には閉じてしまいます。夏の朝、咲いた花に出会えたら幸運ですね。

参考リンク
HORTI by GreenSnap:「ハス(蓮)の花とは?花言葉やその意味、見頃の季節、種類や睡蓮との違いは?」
HORTI by GreenSnap:「蓮(ハス)の葉とは?撥水するロータス効果とは?お茶の効能は?」
季節の花300:「蓮(はす)」
Wikipedia:「ハス」