森のクイズ
Q
Q森のクイズ No.72

森林の食害、どの動物が多い?

野生動物による食害など、森林被害が全国で深刻化しています。では、次のどの動物による被害がもっとも大きいでしょうか?

  • イノシシ
  • シカ
  • クマ
答え見る
答え見る
正解

2シカ

林野庁業務資料によると、2012年の野生動物による森林被害は合計9千ヘクタール。この内、シカによる枝葉の食害や剥皮被害が6.5千ヘクタールで7割近くともっとも多く、次いでノネズミ1.2千ヘクタール、クマ0.6千、イノシシは0.2千弱となっています。

シカは北海道から沖縄まで全国に生息し、生育密度が高い地域の森林では、シカの口が届く高さ約2m以下の下層植生がほとんど消失している場合も……。生育密度が高くなる前に早急な対策が求められており、計画的な捕獲や、捕獲したシカの肉や革、利活用の取り組みが全国的に広がっています。
例えば、ハンターの育成・確保から、有害獣駆除でとれたシカ肉を学校給食の材料として地産地消と食育にもつながる活動や、シカ肉など獣肉を「格付け」して流通にテコ入れしようとする試み、シカ革製品のブランド化まで、全国各地でさまざまな動きが活発化。また、東京などでもシカ肉の食べられるレストランが増えているようです。

参考リンク
林野庁 > 野生鳥獣による森林被害
野生動物保護管理事務所

こちらもどうぞ
森の本/DVD/アプリ わたし、解体はじめましたー狩猟女子の暮らしづくりー